menu

公開日:2021/03/12
最終更新日:2021/03/12

アンダーヘアの理想の形は?お手入れ方法も紹介!

投稿日:

アンダーヘアの理想の形は?お手入れ方法も紹介!

近年、女性のデリケートゾーンのお手入れや生理用品への意識が変わりつつあり、TVや雑誌などのメディアで生理について取り上げることもあるなど、女性の関心とともに男性にも女性の体を知るきっかけが増えつつあります。

そんななか、友人同士でデリケートゾーンのケアやトラブルの話が比較的しやすくなったとはいえ、なかなか自分の話はしづらい…と感じている方も多いことでしょう。

他人はどうしてるの?と気になることの一つにアンダーヘアのお手入れが挙げられます。アンダーヘアのお手入れをしているという方は意外と多いのですが、そのお手入れの方法とはどのようなものなのでしょうか。

そこでこの記事では、理想のアンダーヘアの形とお手入れ方法、自己処理する際の注意点をご紹介します。

アンダーヘアのお手入れをしたいけれど、どうしたらいいかわからないという方は、是非参考にしてみて下さいね。

理想のアンダーヘアの形とは?

シェーバーを販売していることで知られる「Schick」が「20~40代の女性100人に行ったアンケート」によると、女性に人気なアンダーへアの形は逆三角形、次いでハイジニーナとなっています。

まずは、それぞれのアンダーヘアの形について、男性の意見も交えてご紹介します。

逆三角形

アンダーヘアの形として最も人気なのは逆三角形型で、一般的な形なので受け入れやすく、日常的なケアもしやすいことが女性に人気な理由と言えます。

他の人がどういう形にしているのかわからない…という不安から、処理はしたいけれど全て無くしてしまうのには抵抗がある、という方がまだまだ多いという結果です。

初めてアンダーヘアのお手入れをするという方もチャレンジしやすく、元々の形から大きく変えるというよりは、無駄な部分をお手入れするというイメージで、長さは2~3cm程に整えるというものです。

ハイジニーナ(無毛型)

元々は海外で流行していたデザインで、全ての毛を無くしてしまうという脱毛方法です。近年日本でもハイジニーナ型を好む女性が増えていて、衛生面でも安心できるという特徴があります。

特に生理中にデリケートゾーンが蒸れてかゆくなるという肌が敏感な方ほど、ハイジニーナ型にすることで、肌にとっても負担が少なくなります。

男性の理想とは?

「脱毛ジョリー」が実施した「20代~30代の男性に聞いた女性のVIO脱毛に関する意識調査」によると、1位はナチュラルの32%、2位がハイジニーナの22%となっていて、女性が自分で整えたいと考えている形と大きく違いがないということがわかります。

アンケートを行った男性のうち、92%がパートナーの女性がアンダーヘアのお手入れをすることに賛成だという意見で、女性がアンダーヘアの脱毛をすることに肯定的な意見を持っている方が多いということがわかります。

アンダーヘアの脱毛を行って形を整えている女性に、美意識や清潔感を感じるという男性が多く、一昔前は「遊んでそう」と思われることもあったアンダーヘアの脱毛に関しての意識は大きく変わっていると言えます。

アンダーヘアのお手入れの方法

アンダーヘアのお手入れと一口にいっても、方法はさまざまで、医療機関に通う、脱毛サロンに通う、自己処理をするなど選択肢は多くあります。

ここでは、医療機関と脱毛サロンでのお手入れについて詳しくご紹介します。

医療機関に通う

医療機関で行われる脱毛は、医療用レーザーを使って医療従事者のみが行うことができる方法で、出力の高いレーザー機器を使用して行われます。

永久脱毛をしたいという方は医療機関での脱毛がおすすめで、毛が生えるもととなる細胞を破壊するので、その後毛が生えてくることがなくなります。

約5~6回の施術で完了することが多く、1回の費用は高額になりがちですが、回数を多く通う必要がないのでコスパの良い方法と言えます。

デメリットは痛みを感じるということですが、どうしても痛みに不安があるという場合は麻酔クリームを使用してくれるクリニックもあるので、その場合は医師に相談するようにしましょう。

脱毛サロンに通う

脱毛サロンで行われる方法は光脱毛で、医療脱毛のように完全に生えてこなくする施術ではなく、減毛という方法です。

レーザーに比べると照射する光の強さは弱く、1回の料金も安く済みますが何度も通う必要があるので、個人差はあるものの2~3年かかると言われていて、満足いく結果になるまでに時間がかかるというのが特徴です。

そのため、1回の施術費用は医療機関に比べると安くなりますが、総体的に支払う金額が高額になってしまうことも多く、さまざまなプランの中からカウンセラーと相談しながら自分に合ったプランを選ぶというのが一般的です。

アンダーヘアの自己処理をする際の注意点

アンダーヘアの処理を自分で行うという方は、単純にカミソリで剃るという方法では、デリケートな部分の皮膚を傷付けてしまい、トラブルの原因になることもあります。

ここからは、アンダーへアの自己処理をする際の注意点をご紹介します。

電気シェーバーやヒートカッターを使う

自己処理をするときに気を付けたいのは使うシェーバーの種類です。一番簡単に手に入るのはカミソリですが、カミソリは肌を傷める可能性があり、皮膚が薄いデリケートゾーンに使うことで肌トラブルを起こす原因となるため、できれば避けたほうが良いと言えます。

そのため、自己処理には電気シェーバーやヒートカッターを使うのがおすすめです。

電気シェーバーは優しいタッチで毛を剃ることができるので、肌が敏感な方や乾燥しやすくカミソリ負けしてしまうという方でも安心して使うことができます。

ヒートカッターは電熱によって毛先を焼き切ることができる脱毛器具で、毛の長さを整えるときに便利です。長さを整える際に、ハサミを使ってしまうと毛先が尖ってチクチクしてしまいがちですが、ヒートカッターを使用することで毛先を焼き切り自然な毛先に整えることができます。

脱毛ワックスや除毛クリームを使う

シェーバーを使う方法の他にも、脱毛ワックスや除毛クリームを使った脱毛方法があります。

脱毛ワックスは毛を毛根から抜く方法で、他の脱毛に比べると短い毛にも対応できます。ムダ毛が気になる部分にワックスを塗ってシートを貼って剥がすというやり方で、毛根から毛を抜くので、自己処理したあとの綺麗な状態が2~3週間保てるのが魅力です。

除毛クリームは、肌の表面の毛を溶かして処理するという方法で、カミソリに抵抗があるという方におすすめです。

ドラッグストアで手軽に手に入れることができるものですが、薬剤でかぶれたりアレルギーを起こしたりする危険性もあるので、使用前に二の腕などを使ってパッチテストを必ず行うようにしましょう。

自己処理後の保湿を行う

自己処理によってアンダーヘアの脱毛をすると、肌トラブルに繋がってしまうことが多く、乾燥や肌荒れが起こりやくなります。

脱毛をしてダメージを受けた肌には、脱毛後に必ず保湿を行うようにしましょう。保湿剤は弱酸性の刺激が弱いものを選び、脱毛後すぐの保湿をおすすめします。

デリケートゾーン用の保湿剤も数多く発売されていて、そのような保湿剤のなかには美容成分が配合されているものや、香り付きの物もあるので、自分の悩みや好みに合わせて選ぶことができます。

まとめ

理想のアンダーヘアの形とお手入れ方法、自己処理する際の注意点をご紹介しましたが、参考になりましたか?

アンダーヘアのお手入れは、近年女性の間で人気が高く、男性からも美意識の高さや清潔感といった良い印象を持たれるようになってきています。

逆三角形やハイジニーナが男女共に人気で、特にハイジニーナにする場合は医療機関や脱毛サロンで行う必要がありますが、脱毛を専門で行っている医療機関や脱毛サロンは年々増えているため、選択肢は数多く存在します。

医療機関での脱毛は痛いということから避けていたという方も多いのですが、最近の医療脱毛は痛みが軽減されている機器があったり、麻酔をすることで解消できたりするので、痛みが不安という理由で医療機関を避けていた方は、改めて医療機関を見直してみるようにしましょう。

また、自己処理をしようと考えている方は、自己処理には注意点があるので、家にあるカミソリでやってみようという軽い気持ちで自己処理することはおすすめできません。

道具を揃え、保湿をしっかり行い、失敗や肌トラブルを回避する自己処理を行いましょう。

アンダーヘアを理想の形に整えたいと考えている方は、この記事を参考に理想のアンダーヘアを実現させてみて下さいね。