menu

TAGS:
CATEGORY:
公開日:2024/02/04
最終更新日:2024/02/04

ESR1変異、ER+/HER2転移性乳癌患者におけるラソフォキシフェンとフルベストラントの併用による腟/外陰部症状

投稿日:

ESR1変異、ER+/HER2転移性乳癌患者におけるラソフォキシフェンとフルベストラントの併用による腟/外陰部症状
S B Goldfarb, S L Sammons, J L Meisel, T J Pluard, S N Jenkins, B Komm, D Carroll, D J Portman
The Journal of Sexual Medicine, Volume 20, Issue Supplement_2, May 2023, qdad061.110, https://doi.org/10.1093/jsxmed/qdad061.110
発行:2023年5月24日

はじめに

内分泌療法(ET)、特にエストロゲンを生理的レベル以下まで低下させるアロマターゼ阻害薬(AI)や、エストロゲン受容体(ER)の機能に非選択的に悪影響を及ぼすエストロゲン受容体(ER)分解薬は、乳がん患者に更年期泌尿生殖器症候群(GSM)を誘発する可能性がある。良い影響を与える新しい治療法が望まれる。ラソフォキシフェンは、中等度から重度の外陰腟萎縮を有する閉経後女性を対象とした2つの第3相試験を含む臨床試験において、泌尿生殖器系および骨に対するERアゴニスト活性を示しながら、大規模臨床試験において乳癌発生率を低下させた。ラソフォキシフェンは現在、ER遺伝子変異(mESR1)を有する転移性乳癌(mBC)に対する前治療で病勢進行した患者を対象とした標的ETとして研究中である。この患者集団における腟/外陰部症状の有病率および内分泌治療がGSMに及ぼす潜在的な影響は不明であるため、この患者集団におけるラソフォキシフェンの最大規模の研究からデータを収集し、この領域におけるラソフォキシフェンの潜在的な好影響を評価した。

目的

ELAINE 1において、mESR1、ER+/HER2-mBCの女性において、ラソフォキシフェンとフルベストラントの併用による腟/外陰部症状の変化を調査すること。

方法

多国籍(米国、カナダ、イスラエル)、第2相、ELAINE 1試験に参加した女性を、病勢進行/重篤な毒性が認められるまで、ラソフォキシフェン5mg(連日)経口投与群またはフルベストラント500mg(1日目、15日目、29日目、その後28日ごと)IM投与群に無作為に割り付けた。腟/外陰部症状は、乳がん患者で検証された腟(VAS)および外陰部(VuAS)評価尺度を用いて、探索的エンドポイントとして評価された。この尺度は、乾燥、痛み、刺激、および痛みを4段階(0=なし、1=軽度、2=中等度、3=重度)で評価するものである。英語を話す患者は、ベースライン時および病勢進行まで8週間ごとにVAS/VuASを記入した。VAS/VuASの平均複合スコア(1人の患者について報告されたすべてのスコアの平均)と最も煩わしい症状の平均スコア(1人の患者についてベースラインのスコアが最も大きかった症状)の治療16週間にわたる変化を解析した。

結果

登録患者103例中、ラソフォキシフェン患者39/52例(75%)、フルベストラント患者33/51例(65%)がVAS/VuASを完了し、それぞれ9/39例(23%)、10/33例(30%)が中等度/重度の症状を1つ以上有していた(表)。VAS/VuASを記入した患者(年齢中央値61.5歳)において、ベースラインから16週目までの複合スコアの平均値は、ラソフォキシフェン群で-74%、フルベストラント群で+36%であった。最も煩わしい症状の平均スコアは、ラソフォキシフェン群で-65%、フルベストラント群で-5%変化した。ベースライン時に中等度/重度の症状が1つ以上あった女性において、ベースラインから16週目までのVAS/VuAS複合スコアの平均値の変化率は、ラソフォキシフェン群で-72%、フルベストラント群で+32%であった。

結論

GSM症状で選択されていないmBC患者を対象としたこの探索的解析では、サンプルサイズは小さいものの、ラソフォキシフェン5mg/日はフルベストラントと比較して腟/外陰部症状を数値的に改善した。この集団では、中等度/重度のGSM症状のベースライン有病率(20〜30%)が過小に報告されているようであるが、これは、患者がMBCの病勢コントロールよりも重要でない症状を最小限に抑えているか、あるいは性的な懸念を腫瘍医に伝えることを恥ずかしく思っているためかもしれない。乳癌患者におけるGSM症状および性的健康に対するラソフォキシフェンの潜在的な臨床的有益性を評価するために、さらなる研究が正当化される。
-

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像