menu

公開日:2020/03/17
最終更新日:2021/01/29

三重県で女性におすすめの尿漏れ治療ができる評判の良い病院7選

投稿日:2020年3月17日 更新日:

三重県で女性におすすめの尿漏れ治療ができる評判の良い病院7選

三重県で評判の良い尿漏れ治療ができる病院をお探しですか?

咳やクシャミ、重い荷物を持ち上げた時、笑った時などに予期せぬ尿漏れを経験した事がある女性の方は多いかと思います。女性は泌尿器の仕組みが男性と異なる為に尿漏れの症状を抱えるケースが多く、成人女性の4人に1人は尿漏れの経験者であると言われています。

デリケートな問題なので誰にも言えず悩みを一人で抱えている方も多いと思いますが、尿漏れは重病の原因になっている可能性もある為、信頼できる病院で適切な治療を早期に受診する事をオススメします。

この記事では私たち腟ペディア編集部が、これまで収集してきた情報や先生方から得られた情報をもとに、三重県内で尿漏れ治療ができるおすすめの病院(クリニック)を紹介していきます。

※2020年3月現在の腟ペディア編集部のリサーチとなります。

田中病院 亀山駅から徒歩8分

出典元:http://www.tanaka-byoin.jp/

病院名 田中病院
住所 〒519-0159 三重県亀山市西丸町539
アクセス

・亀山駅から徒歩8分

・中部国際空港から車で約1時間20分

・名古屋駅から電車で1時間14分

・奈良駅から電車で2時間13分

電話番号 0595-82-1335
Web問い合わせ なし
診療時間

月火水金 9:00~17:00

木土 9:00~12:00

休診日 日曜・祝日
公式URL http://www.tanaka-byoin.jp/

特徴

田中病院はJR亀山駅から徒歩8分の立地にある人気クリニックで、院長の田中優子先生は『美魔女医』という通称で数多くのメディアでも取り上げられており、癒しと治療をコンセプトに数々の最新治療と設備で女性が抱える老化の悩みを軽減してくれます。

シワ、たるみ、にきび、そばかす等の肌の悩み、更年期外来や漢方外来、サプリメントで美しく健康なカラダを手に入れる事が出来るダイエット治療、インティマレーザーを使った尿漏れ治療など、多くの女性が抱えるデリケートな悩みを解消してくれます。

田中優子先生について

ダイエット、様々な最新レーザー治療を使い、年齢を重ねる毎にますます若返り美しくなる田中優子院長の経歴を紹介していきます。

経歴

  • 1984年:名古屋大学皮膚科学教室 入局
  • 1985年:名古屋第一日赤(関連病院)勤務
  • 1990年:結婚のため三重県に移住。田中病院に皮フ科を新設
  • 1992年:皮フ科専門医資格取得
  • 2000年:田中病院院長となる
  • 2006年:公益法人日本女医会理事に就任
  • 2012年:日本保健医療学会理事・日本医療福祉学会評議員に就任

 

所属学会・資格

  • 日本皮フ科学会(正会員)
  • 日本皮フ科病理学会(正会員)
  • 日本抗加齢学会(正会員)

院長のブログ『美魔女医ゆうこ』

メディア掲載実績

雑誌やテレビなど、これまでに数々のメディアで取り上げられた実績を持つ田中病院のメディア掲載実績を紹介していきます。

2014年4月23日:TBSテレビ「嵐を呼ぶあぶない熟女」に田中優子院長が出演

2015年4月23日:からだにいいこと5月号に掲載

2015年5月10日:週刊SPA合併号に掲載

2015年7月14日:女性セブンに掲載

2015年12月:読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演

現在も、FM三重で毎週水曜日6時55分から絶賛放送中の『Vivid美人』に田中優子院長が出演しており、『女医が教える老化を止める美肌術』という書籍も発売するなど、治療や診療だけでなく多方面で活躍されています。

オススメする理由

三重県で尿漏れ治療をしたいと考えている女性の方に田中病院をおすすめしたい理由は、インティマレーザーを使った最新治療の導入と、女性泌尿器科外来があるという点です。

インティマレーザーによる尿漏れ治療

最新機器と設備による治療を行ってくれる田中病院では、インティマレーザーによる尿漏れ治療を受診する事が可能です。

フォトナ社が提供するインティマレーザーは、世界で初めてカナダでGSM(性交痛、尿漏れ症状)治療に対する正式許可を取得した最新機器です。腟の若返り治療には色々な機械がありますが認可を得ているのはインティマレーザーのみで、切らない、入院しない、痛みもないインティマレーザーを使い、効果的に尿漏れ治療を行う事が可能です。

従来の尿失禁治療はメッシュを用いる手術が一般的でした。メッシュ手術とはメスで切開し、筋肉の位置関係を把握し、筋肉を人口メッシュで補強するというものです。インティマーレーザーによる治療はメッシュ手術に変わるもので、切らないで治療を行える安心の最新治療です。

レーザー照射時間は15分から20分で、腟と尿道に挿入して温め、血流と筋肉を活性化させて治癒力を高めます。症状にもよりますが大体2回から3回の治療で腟内をキュっと引き締め、尿漏れを止める事が出来ます。

年齢や症状により治療回数と頻度は異なりますので、施術前に金額等と合わせて相談してみましょう。

女性ドクターが対応してくれる

泌尿器科と言えば男性ドクターが受診するもの…そんなイメージを持っている方も少なくないと思います。男性ドクターだとデリケートな悩みを相談しにくい面もあるかと思いますが、田中病院には女性泌尿器科外来がありますので、女性ドクターが対応してくれます。

40代以上の女性の4割は尿漏れに関する悩みを抱えていると言われています。中高年女性に頻度の高い症状ですが、デリケートな症状なので気軽に相談できないと悩んでいる方も多いでしょう。

同姓だからこそ理解できる悩みがあり、田中病院の女性ドクターは親切丁寧に寄り添い、安心の治療を提供してくれます。インティマレーザーによる最新治療だけでなく、自身が抱える悩みと解決方法を女性ドクターと共に模索してみましょう。

もう少し詳しく知りたい方はこちら

田中病院の紹介ページ

すずか泌尿器科・腎クリニック 近鉄柳駅から徒歩5分

出典元:https://www.suzuka-urology.jp/

病院名 すずか泌尿器科・腎クリニック
住所 〒513-0811 三重県鈴鹿市柳町 字森1665-2
アクセス

・近鉄柳駅から徒歩5分

・中部国際空港から車で約1時間11分

・名古屋駅から電車で59分

・奈良駅から電車で2時間16分

電話番号 059-383-1000
Web問い合わせ インターネット診察予約
診療時間

月~土 9:00~12:00

月火水金 15:00~18:30

休診日 日曜・祝日
公式URL https://www.suzuka-urology.jp/

特徴

すずか泌尿器科・腎クリニックは近鉄柳駅徒歩駅から徒歩5分、すずか第一メディカルモール内にあり、尿漏れ、おしっこが近い、時間がかかるなどの一般的な悩み相談から専門性の高い診察まで、辛い症状を改善し日々の生活が良くなる治療を行ってくれる人気クリニックです。

2016年7月1日に開院し、泌尿器科をメインに慢性腎臓病疾患などの診療も行っています

院長の矢﨑順二先生は泌尿器科専門医の資格を取得しており学位論文は排尿障害と、学生の頃から排尿に関する研究と臨床に深く携わっているスペシャリストです。

矢﨑 順二先生について

経歴

  • 昭和49年 鈴鹿市若松出身、大木中学、津西高等学校を経て
  • 平成12年 福島県立医科大学卒業 泌尿器科入局
  • 平成22年 福島赤十字病院 泌尿器科 副部長
  • 平成26年 三重大学 腎泌尿器外科学 助教
  • 平成28年 すずか泌尿器科腎クリニック開業

所属学会・資格

  • 医学博士
  • 泌尿器科専門医・指導医
  • 透析医学会専門医
  • 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本がん治療認定医
  • 日本泌尿器科学会
  • 日本透析医学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本泌尿器科内視鏡学会

オススメする理由

すずか泌尿器科では数多くの尿漏れに関するデリケートな悩みを解決できます。泌尿、尿が出る時に痛い、尿漏れ、尿潜血、出が悪いなど、最新医療機器を使った適切な検査と治療を行う事が出来ます

すずか泌尿器科で使われている医療機器

地域に根付いた医療を提供できるように努めており、治療に関する説明は丁寧で親切です。診察に至る過程や病気の可能性を含め、治療方法を一緒に決めていく事が出来ます。

医療技術の向上にも日々研鑽していますので、すずか泌尿器科であればデリケートな悩みでも、最善の治療方法を提案してくれるはずです。

うめだクリニック 近鉄伊勢市駅から車で7分

出典元:https://www.umedaclinic.net/

病院名 うめだクリニック
住所 〒516-0007 三重県伊勢市小木町520−1
アクセス

・伊勢市駅から車で7分

・中部国際空港から車で2時間8分

・名古屋駅から電車で2時間14分

電話番号 0596-31-3330
Web問い合わせ なし
診療時間

月火水金 9:00~12:00/15:00~18:00

土 14:00~17:00

休診日 木曜・日曜・祝日
公式URL https://www.umedaclinic.net/

特徴

うめだクリニックは、快適空間で安心医療を提供してくれる地域に根差した診療所で、泌尿器科と皮膚科の診察が可能です。

「常に患者様に心地よく受診して頂き、気持ちよくお帰り頂けるクリニック」を理念としていて、明るい外観で見栄えも良く、建物の入り口から診察室までの間の段差を極力なくし、院内はバリアフリーとなっていますので障害を持っている方や高齢の方でも安心して通う事が出来ます。

駐車スペースが広く、全部で16台の車を置く事が出来る専用駐車場が完備されていますので、車で来院したいと考えている方も安心です。

オススメする理由

体に優しい診察と治療を心がけていて、無駄な検査と投薬を行わないという方針で治療を行ってくれます。

デリケートな悩みである泌尿器科の治療も、安心して受診できるように配慮ある診療を行ってくれますし、超音波診断装置、全自動高圧蒸気滅菌器、エックス線テレビシステムなどの最新機器を使った治療を受診する事が出来ます。

セカンドオピニオンにも対応していますので、初めての治療に対する不安や不明点があれば気軽に相談してみて下さい。

やまもと腎泌尿器科 桑名駅から徒歩2分

出典元:http://yamamotocl.byoinnavi.jp/pc/

病院名 やまもと腎泌尿器科
住所 〒511-0061 三重県桑名市寿町1丁目15
アクセス

・桑名駅から徒歩2分

・中部国際空港から車で54分

・名古屋駅から電車で24分

・奈良駅から電車で2時間9分

電話番号 0594-84-5300
Web問い合わせ インターネット診察予約
診療時間

月水金土 9:00~12:00/15:00~18:30

火 9:00~13:00

休診日 木曜・日曜・祝日
公式URL http://yamamotocl.byoinnavi.jp/

特徴

地域の皆様に信頼されるかかりつけ医になる事を目指し平成24年に開業して以来、温かみのある医療の提供で地域の方を始めとする多くの患者さんから高い支持を集めているのがやまもと腎泌尿器科です。

自分の家族に接するように患者さんに接するをモットーに、リラックスして診察に臨んで頂けるように努めています。

院長の山本逸夫先生は長年に渡り泌尿器科先端医療に携わっており、日本泌尿器科学会専門医の資格を取得しています。豊富な専門知識で、泌尿に関する様々な悩みを解決してくれますよ。

山本 逸夫先生について

経歴

  • 昭和58年 三重大学 医学部卒業
  • 昭和62年 三重大学 医学部大学院卒業
  • 昭和62年 三重大学 泌尿器科学教室 助手
  • 昭和63年 (医)山本総合病院(現:桑名市総合医療センター)泌尿器科
  • 平成11年 (医)山本総合病院(現:桑名市総合医療センター)泌尿器科 部長
  • 平成24年 やまもと腎泌尿器科 開業

所属学会・資格

  • 日本泌尿器科学会

オススメする理由

診療科目は泌尿器科のみで、院長の山本逸夫先生も長年に渡り泌尿器科に携わってきたスペシャリストなので、安心安全の治療が行えます。

電子カルテを導入しており、超音波検診にて腎臓、膀胱、前立腺などの血液の流れを観察し、排尿検査専用のトイレもありますので、リラックスした状態で検査を受ける事が可能。

尿流量測定装置、自動血球計数測定器、小型尿分析装置などの機器を利用し、尿漏れ治療だけでなく、排尿障害や膀胱脱などの女性泌尿症状の全般的な治療を受診できます。

亀山 腎・泌尿器科クリニック 亀山駅からバスで10分

出典元:http://www.kameyama-uro.com/

病院名 亀山 腎・泌尿器科クリニック
住所 〒519-0111 三重県亀山市栄町1488−215
アクセス

・亀山駅からバスで10分

・中部国際空港から車で1時間19分

・名古屋駅から電車で約1時間44分

電話番号 0595-83-0077
Web問い合わせ なし
診療時間 9:00~12:00/14:00~18:00
休診日 火曜・日曜・祝日・木曜午後
公式URL http://www.kameyama-uro.com/

特徴

亀山市にて泌尿器科と腎臓内科を診療する亀山 腎・泌尿器科クリニックは地域密着型のアットホームな病院です。

鈴鹿市からもアクセスの良い場所にあり、男女別の待合室や待ち時間短縮の為の全自動尿中成分分析装置の導入など、患者目線に立った泌尿器科診療のあり方を模索した設計になっています。

堀 靖英先生について

経歴

  • 昭和49年 三重県四日市市生まれ
  • 平成12年 三重大学医学部卒業、三重大学泌尿器科学講座へ入局
    その後、山田赤十字病院(現・伊勢赤十字病院)、名古屋セントラル病院、三重県立総合医療センターなどで泌尿器科医として勤務
  • 平成20年4月~平成23年3月 三重大学大学院博士課程(3年での早期修了)
  • 平成22年10月 三重大学医学部附属病院 腎泌尿器外科で男性外来を開設
  • 平成25年10月 三重県立総合医療センターで男性外来を開設(現在も火曜日に勤務)
  • 平成22年度~現在 三重県不妊相談検討会 委員
  • 平成25年度~現在 三重大学医学部 リサーチアソシエーター
  • 平成26年度~現在 三重大学腎泌尿器外科 院外講師
  • 平成26年11月~現在 三重県立総合医療センター泌尿器科 非常勤医師
  • 平成28年7月~現在 亀山医師会 理事
  • 平成29年度~現在 警察嘱託医

所属学会・資格

  • 医学博士(三重大学大学院 医博甲第1042号)
  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本レーザー医学会 レーザー認定医(1種)

オススメする理由

泌尿器科疾患はデリケートな悩みである為、診療するまでのハードルが高いとされていましたが、本格的な長寿社会を迎えた日本にとっては、より健康的かつ快適な生活を送る上では避けては通れないものです。

亀山 腎・泌尿器科クリニックでは「For your successful aging ~あなたのよりよい未来の為に~」をモットーに、泌尿器科専門医(日本泌尿器科学会)、腎臓専門医(日本腎臓学会)、がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)などの資格を有する医師が診療してくれます。

男女別の待合室を設けており、女性の診察は必ず女性看護師が同席する事になっているので女性の方も安心して施術を受ける事が可能です。

あきやま腎泌尿器科 広小路駅から徒歩15分

出典元:http://www.akiyama-uro.com/

病院名 あきやま腎泌尿器科
住所 〒518-0007 三重県伊賀市服部町2丁目90−2
アクセス

・広小路駅から徒歩15分

・中部国際空港から車で約1時間39分

・名古屋駅から電車で約2時間12分

・奈良駅から電車で約1時間33分

電話番号 0595-44-6516
Web問い合わせ なし
診療時間 8:40~12:30/15:30~18:30
休診日 日曜・木曜・土曜午後・祝日
公式URL http://www.akiyama-uro.com/

特徴

伊賀市にて泌尿器科を診療する「あきやま腎泌尿器科」は、ひとりひとりに適したエビデンスに基づく医療を提案してくれる病院です。

血尿、排尿困難、頻尿、尿漏れ、尿の違和感など、泌尿器科を専門としていますので、少しでも違和感を感じたら相談してみることをオススメします。

明山 達哉先生について

経歴

  • 平成6年 奈良県立医科大学卒業
  • 平成7年 日本生命済生会日生病院 泌尿器科
  • 平成9年 県立奈良病院 泌尿器科
  • 平成11年 奈良友紘会病院 泌尿器科
  • 平成13年 岡波総合病院 泌尿器科
  • 平成18年 岡波総合病院 泌尿器科部長
  • 平成26年4月 あきやま腎泌尿器科 開業

所属学会・資格

  • 医学博士
  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本透析学会 専門医・指導医
  • 奈良排尿障害研究会 幹事
  • 日本癌治療学会
  • 日本老年泌尿器科学会

オススメする理由

あきやま腎泌尿器科は2014年4月より腎泌尿器科のクリニックを開業し、泌尿器科癌・排尿障害・腎機能障害を中心に伊賀地域の地域密着型の病院として根付いています。

施術をしてみて手術や専門治療が必要だと判断した場合は総合病院への架け橋になるなど、地域に根差した医療の提供を常に心がけています

たじま泌尿器科皮フ科 津駅から徒歩11分

出典元:http://www.myclinic.ne.jp/turology/pc/

病院名 たじま泌尿器科皮フ科
住所 〒514-0005 三重県津市鳥居町278−6
アクセス

・津駅から徒歩11分

・中部国際空港から車で約1時間29分

・名古屋駅から電車で1時間3分

・奈良駅から電車で1時間47分

電話番号 059-221-2121
Web問い合わせ なし
診療時間

月火金 9:00~12:00/15:00~18:30

木土 9:00~12:00/14:00~17:00

休診日 水曜・日曜・祝日
公式URL http://www.myclinic.ne.jp/turology/pc/

特徴

たじま泌尿器科皮フ科は、泌尿器、皮膚科一般に関する悩みを気軽に相談できる病院で、患者さんとの対話を何よりも重視した診療を行ってくれます。

疾患や治療に関する分かりやすい説明と対応を心がけていて、理解するまで親切丁寧に診療の説明をしてくれます。

田島 和洋先生について

経歴

  • S26 三重県尾鷲市生まれ
  • S51 三重大学医学部卒業
  • S51 済生会松阪総合病院で外科、麻酔、泌尿器科研修
  • S52 三重大学医学部附属病院泌尿器科
    研修医、医員、助手
  • S55 三重県立総合医療センター(旧:三重県立総合塩浜病院)
  • S56 三重大学医学部附属病院
    助手、講師
  • H1 中勢総合病院 人工透析室医長
  • H5 中勢総合病院が鈴鹿中央総合病院に名称変更
    手術室医長、泌尿器科医長
  • H13 たじま泌尿器科皮フ科開設

所属学会・資格

  • 医学博士
  • 泌尿器科専門医
  • 日本泌尿器科学会評議員
  • 日本性感染症学会会員

オススメする理由

アットホームな雰囲気で人に優しい医療を目指しているたじま泌尿器科皮フ科。

田島和洋院長は中勢総合病院人工透析室医長、手術室医長、泌尿器科医長を経て、平成13年に当病院を開院します。

実績も経験も抜群の院長なので、デリケートな悩みも気軽に相談する事ができ、最適な治療法を提案してくれます。

まとめ

尿漏れを始めとする泌尿器の症状はデリケートな問題ですが、多くの女性が加齢や妊娠、出産を経て抱えてしまう可能性の高い症状です。

周りに知られたくないと一人で抱え込まずに、まずは専門の医師に相談し、解決へ導く適切な治療を受診するようにしましょう。

上記で紹介した病院は、三重県内で尿漏れ治療をしたいと考えている方に特におすすめしたい病院を厳選して紹介しています。適切な治療とアフターフォローが期待できますので、尿漏れでお困りの方は是非参考にしてみて下さい。