menu

公開日:2021/02/12
最終更新日:2021/05/26

【ポルチオってなに?】中イキしたい・させたい方必見!
産婦人科専門医が徹底解説-後編-

投稿日:2021年2月12日 更新日:

【ポルチオってなに?】中イキしたい・させたい方必見!産婦人科専門医が徹底解説-後編-

ポルチオについて

「ポルチオ(ボルチオ)」とは、クリトリスやGスポットは別の女性の性感帯の1つです。

女性の性感帯の中でも最も感じる部分とも言われており、ポルチオを刺激することで腟の中でイキ続ける連続イキができるため、究極の快感を得ることができるとも言われています。

ポルチオの場所

ポルチオ性感帯は子宮口付近にあり、子宮が少し飛び出している部分です。腟の長さは平均すると8~10cmほどなので、指では届かない場合もありますが、性感帯を刺激し十分に感じることができれば、子宮が下に下がってくるので指でも触れることができるようになります。

また、身長や体形に個人差があるように、腟の大きさや形も人それぞれ。そのため、ポルチオの位置も人によって個人差があるので、必ず同じ場所にあるとは限りません。

セックスやオナニーなどでゆっくりと時間をかけてポルチオの場所を探してみましょう。

ポルチオの質感の特徴と確かめ方

自分でもポルチオの場所を確かめることができます、上記でも解説したように指では少し触りづらいですが、中指を奥まで入れれば触ることは可能です。

奥まで指を入れていくと若干、質感の異なる突起のような部分があると思います。触った感触としては以下のように感じます。

  • プルっとしてる
  • コリっとしてる
  • ムニっとしてる

これがポルチオの質感です。質感においても人それぞれ個人差がありますが、上記のような感覚を感じることができればポルチオに到達していると思います。

体質にもよりますが、妊娠や出産の経験がない人の場合、ポルチオ付近が固くなっていることが多くあります。固めの方は、最初は触れることで痛みを感じることもありますが、性感帯の一つなので優しく開発してあげることで、徐々に快感を感じれるようになります。

ポルチオは筋肉でできていますし、出産のときに赤ちゃんが通ることもあり、伸びやすい作りになっています。ゆっくりで良いので少しずつ柔らかくし、気持ち良さを感じれるようにしましょう。出産後に急にポルチオが感じやすくなることもあるそうですよ。

ポルチオを開発する方法

セックスでエクスタシーを感じる時には、クリトリスやGスポットでの快感が多いと思います。特に10代のころはポルチオの存在すら知らない方も多いのではないでしょうか?

ポルチオの開発をする時に重要なことは、優しくゆっくりと刺激してもらうことです。

初めて触った時や初めて刺激された時には、快感と一緒に痛み伴うことが多く、セックスで急に刺激されると痛みの方が強く感じてしまい、快感を得られない

パートナーと一緒に、時間をかけて開発していくことが望ましいでしょう。以下では指で開発する方法と男性器で開発する方法をそれぞれ解説していきます。

指でポルチオを開発する方法

最初にポルチオ開発をする際には、男性器よりもソフトに触れることができる指で行うことをおすすめします。以下では、指によるポルチオ開発の流れをご紹介していきましょう。

STEP1 リラックスする

まずは、いつも通りのセックスの時と同じように、快感を得やすいように緊張しないことが大切です。

痛みがあるかも…と思うとどうしても体に力が入ってしまいがちですが、それではなかなか開発が進まないため、リラックスできる環境づくりが大切です。

パートナーにも、きちんとポルチオの特徴を説明し、相手を信頼することも必要になるでしょう。

STEP2 十分に濡らす

ポルチオの開発はしっかりと腟内を濡らすことも重要。バストへの愛撫、手マンやクンニなどを行い、いつものようにオーガニズムを感じれる準備をしましょう。

また、入り口だけが濡れている状態ではなく、きちんと奥まで濡れている状態にすることがベスト。先に、クリトリスなどを刺激し外イキしておくと、子宮が下がってくることもあり、触れやすくなるのでおすすめですよ。

STEP3 優しく触れる

準備ができたらポルチオにそっと触れてみましょう。

一般的には、仰向けに寝ている女性の床側、お尻の方を意識して指を入れていくとポルチオに触れやすいと言われているため、男性は手マンの時のように手のひらを下にするのではなく、手のひらを上にするように探していくと良いでしょう。

傷つけないように指の爪は短く整え、指の腹で優しくほぐすように刺激していきます。

STEP4 手全体で小刻みに上下に揺らす

指先だけで刺激をするというよりも、手全体で上下に揺らすことを意識します。こうすることで、女性は子宮全体が揺れているような感覚を受け、オーガニズムを感じやすくなります。

また、一定のリズムをキープし、刺激を与え続けることも重要です。

STEP5 ポルチオの根本に指を置き、押すように刺激する

ポルチオの根元付近の下に指を置き、優しく押し込むように刺激します。突くのではなく、奥に揺さぶるようにイメージです。

徐々に開発が進んできた後は、指の先で優しくトントンとたたくのもおすすめ。より強い快感を得ることができます。男性は女性がどのような反応をしているのかを慎重にチェックしながら行いましょう。

男性器でポルチオを開発する方法

指での開発が進み、徐々に快感を感じることができるようになった後は、男性器でポルチオを刺激していきましょう。

STEP1 押し込むようにゆっくり動かす

指での開発が進んできたとは言え、基本的に激しく刺激することはまだNGです。男性は、ゆっくりと「の」や「8」を描くように動かし、ゆっくりとポルチオに押し付けるようにしましょう。

腰はあまり動かさず、触れたまま奥に当てて押しこみながら揺さぶっていくことで徐々に快感を得ることができます。

STEP2 上下左右にゆらし刺激を増やす

次のステップでは、ポルチオに男性器を当てたまま細かく震わせたり、上下左右に揺らし刺激を増やして行っていきます。

ポチルチは突かれることよりも、振動によって快感を得やすいと言われています。そのため、開発を行う際にもまずは振動させることを意識し、痛みよりも快感が勝るように時間をかけてゆっくりと刺激していきましょう。

ポルチオの開発は回数を重ねることが重要となるため、1度のセックスで無理に行うのではなく、何度も何度も根気よく続けることが大切です。

ポルチオセックスにおすすめの体位

セックスでボルチオを開発する時には、男性器を奥まで挿入できるような体位がおすすめです。人それぞれ相性が良い体位は異なりますが、開発しやすい体位をご紹介していきます。

深山(みやま)

仰向けになっている女性が足を高くあげて、男性の肩に足をかける体位になります。正常位よりも腟の奥に男性器が入るため、ポルチオを刺激するのに向いていると言われています。

腰を浮かせる体位なので、少し力を入れる必要があるため、慣れないうちは腰の下にクッションを入れると楽になりますよ。

バック

バックはメジャーな体位ではありますが、簡単にポルチオを刺激できる体位でもあります。女性が床に手をついて、四つん這いになること腟がまっすぐになり、男性器が奥まで入りやすくなります。

注意点としては激しく突きやすい体位でもあるので、痛みを感じないようにソフトに行うことです。挿入する角度を変えたりして、ポルチオを上手く刺激できるように調節しましょう。

騎乗位

騎乗位は、仰向けになった男性に女性がまたがる体位で、一気に腟の奥まで男性器を入れやすいという特徴があります。

また、女性が自由に動くことができるため、自分で男性器をポルチオに当てることが簡単に出来ます。

腰の重みで腟の奥まで到達しやすいので、他の体位でなかなかポルチオを刺激できない方は騎乗位を試してみるといいでしょう。

女性器の形や快感を得るポイントは人それぞれなので、色々な体位を試しながらポルチオを開発していきましょう。

ポルチオでの快感の特徴、Gスポットとの違い

ポルチオは女性器の中でも、最もオーガニズムを感じやすいと言われていますが、Gスポットによる中イキやクリトリスでの外イキの快感とはどのように違うのか解説していきます。

まず、ポルチオオーガニズムの大きな特徴として、「連続イキ」ができるというものがあります。

特にクリトリスを刺激することで得られる外イキは、オーガニズムに到達しやすいですが、一度イクとその後はイキづらくなると言われており、連続イキが難しいのです。

その代わりクリトリスでの外イキは瞬間的にイクことができ、一気に電気が流れたような気持ち良さを感じることができます。

Gスポットでの感じ方は、クリトリスでの外イキよりも体の深いところで感じているようなイメージがあり、体の内側から快感があふれ出るという特徴があります。

そして、ポルチオでの感じ方は、全身に響き渡るような感覚が持続するという特徴があります。長い時には数分間続くこともあり、立て続けにオーガニズムを感じることができる連続イキが可能となるのです。

ポルチオ開発によるオーガズムの特徴

ポルチオでイク時にはどのような快感になるのか、体感したことがない方はよく分からないと思います。

まず頭が真っ白になり叫ばずにはいられないような感覚になります。他のイキ方とは次元が違く、イク前の時点で他の快感よりも強く、さらにそこからもっと強い感覚が来ます。そして、それが長く続くので中には失神してしまう人もいるほどです。

ポルチオでの中イキを体験した後は、翌日まで頭がボーっとすることもあり、身体がだるくなる場合もあります。

また、クリトリスやGスポットでのオーガニズムよりも肉体的な快感だけではなく、精神的な快楽も桁違いで幸せを感じるとも言われています。

ポルチオによる連続イキとは?

上記でもご紹介していますが、ポルチオオーガニズムの大きな特徴は、他の性感帯とは異なり連続イキができることです。

クリトリスやGスポットでもイクことができますが、オーガニズムは瞬間的で持続時間が短く、数秒から数十秒程度。

1回のセックスで何度もイクことは経験したことがあると思いますが、ポルチオの場合は1回のオーガニズムで何度もイクことができるのです。

1回目の快感を残したまま、次の絶頂を迎えるので他とは違う快感を得ることができます。最初は何が起こったか理解できなくなると思いますが、自分の意思とは関係なくイキ続けるので、一度経験してしまうと他の刺激では満足できなくなることもあります。

体外式ポルチオとは?挿入せずにイク方法

ポルチオによるオーガニズムは、腟内の刺激しなくても外から刺激する体外式の方法もあります。

お腹の上から子宮口のツボを押すようにすることでポルチオを刺激することができ、その刺激によって挿入せずにポルチオでのオーガニズムを感じることができます。

しかし、体外式のポルチオも開発をしないと感じることはできません。具体な方法をご紹介していきましょう。

①愛撫によって全身が感じている状態にし、クリトリスへの刺激と一緒にお腹の上からツボを押していきます。子宮口のツボは、おへその10cm下あたりにあるので、片方の手でクリトリスを刺激しつつ、もう片方の手でツボを押すようにブルブルと振動させていきます。

②ツボを押す時には2か3本の指を使い、気持ちいいと感じる場所を探していきます。腟内からポルチオの子宮口の位置を把握しておくと探しやすいと思います。

体外式でポルチオのオーガニズムを感じるには、クリトリスとお腹のツボの2つを同時に刺激することが重要となるため、必ず一緒に刺激しましょう。

EスポットとUスポット

EスポットとUスポットという性感帯をご存知でしょうか?Gスポットは腟内で最も有名な性感帯で、知っている方も多いと思います。

実はGスポットよりも深い快感を得ることができる性感帯がEスポットとUスポットです。

ポルチオを開発する時には、先にUスポットを刺激することで腟内の感度が上がり、子宮が下がってくるので刺激しやすくなるので、ポルチオになかなか到達しない時にはおすすめです。

Eスポットは腟口付近にあり、エントリーの頭文字を取ってEスポットと呼ばれており、UスポットはEスポットの少し奥にあり尿道(Urethra)の頭文字を取ってUスポットと呼ばれています。

特にUスポットを刺激することで得られる快感は大きく、お腹の上から手のひらで押されると快感が増し、尿道の部分が痙攣してしまうほどの気持ち良さを感じることが可能ですよ。

>>【Gスポットで中イキ!】中イキしたい・させたい方必見!産婦人科専門医が徹底解説。を読む

記事監修

丹羽咲江
名古屋市立大学医学部
日本産科婦人科学会産婦人科専門医,日本性科学会 幹事,日本性科学会認定セックスセラピスト