女性の腟内にあるとされる「Gスポット」は存在するのか

投稿日:2019年9月4日 更新日:

女性がオーガズムを得られるものとして「クリトリス」と「Gスポット」の存在が知られているが、実際に感覚的なものではなく科学的にGスポットは証明されているのでしょうか。

 

結論からお伝えすると、女性の性感帯とされる「Gスポット」は、様々な研修者の研究結果により、その存在を明らかにされつつありますが、現時点においては研究者たちの様々な意見は統一されておらず、いまだ明確な答えは見つかっていません。

Gスポットの語源は発見者の名前

Gスポットという名前は、1950年代にはじめてGスポットの存在を提唱した「エルンスト・グレフェンベルク(Ernst Graefenberg)」の頭文字から取られており、このグレフェンベルクは、ドイツの婦人科医で、当時は女性がオーガニズムを得られる場所として、Gスポットの存在を提唱しましたが、その当時は反対意見なども多く、正確な場所が分からないことや、科学的な根拠がないことからGスポットの存在を否定する意見もありました。

 

女性の遺体からGスポットとされる場所を摘出

Gスポットの存在を初めて提唱したのグレフェンベルクですが、初めて解剖した人体からGスポットの場所を摘出したとされる人物は、アダム・オストルゼンスキ(Adam Ostrzenski)というフロリダ州セントピーターズバーグの婦人科医で、83歳の女性の遺体から腟内でGスポットとみられる場所と摘出したと発表しました。

 

この、Gスポットとされる場所は、腟内にある腟前壁から独立した「嚢状の組織」を摘出したもので、このことにより、これまで解明されていなかった「女性がオーガニズムを得る場所」というものへの理解が深まるとされ、注目を浴びました。

 

当時はアメリカの性医学会誌「ジャーナル・オブ・セクシュアル・メディシン(Journal of Sexual Medicine)」において、Gスポットの存在を始めて解剖して確認したということで大きな話題を呼び、当時の編集長であったアーウィン・ゴールドスタイン(Irwin Goldstein)氏も、大きな発見として称賛しました。

 

この、オストルゼンスキ氏の発表には多くの賛否が生まれ、オストルゼンスキ氏の研究結果について、一人の女性の研究結果に過ぎない・女性の性経験についても明らかになっていない・アダルトグッズの販売業者たちが誇張しているといった声があがり、Gスポットの存在について肯定的な意見だけではありませんでした。

 

特に、性に関する専門的な研究を行っているデビー・ハーベニック(Debby Herbenick)氏は、この発表に対してとても否定的な意見を述べており、オンライン雑誌「デーリー・ビースト(Daily Beast)」など多くのメディアで否定的な意見を述べています。

 

ハーベニックの意見をいつか取り上げてみると、以下の様な否定的な意見を多く発表しています。

・一人の女性の遺体を解剖したひとつの例でしかない

・対象となった女性の性経験については明らかにされていない

・対象となった女性はGスポットによってオーガズムを得られたのかも不明である

・対象となった女性の快楽を得ていた場所がどこなのかが不明

・対象となった女性と同様の腟構造を持つ女性が世界中に何人いるのかが不明である

・摘出された皮膚組織がGスポットから得られる刺激やオーガズムとどのような関係があるのかが不明である

・摘出した皮膚組織はそもそもGスポットとは明確に証明できない

このような反対意見を多く出したハーベニックは、この研究結果をGスポットの解明という部分において真っ向から否定し、解明にはつながらないと意見しています。

Gスポットの研究は超音波スキャンでも行われていた

Gスポットの存在を明らかにすべく、様々な研究が行われていますが、その研究の中でも、イタリアのラキラ大学のEmmanuele Jannini教授による研究方法として注目を集めたのが「超音波スキャン」によるGスポットの研究です。

 

この研究では、腟でオーガニズムを得られるという女性と、得られないという女性を研究対象としたもので、対象者に対して超音波スキャンを利用してGスポットの存在について研究しており、研究の結果、Gスポットは解剖学的特徴を備えた場所の存在は肯定しつつも、全ての女性においてGスポットがあるわけではないという結果を報告しています。

 

これにはオーガニズムが得られる女性9名と、そうではない女性11名を対象にして研究しており、それぞれの女性の腟内を超音波スキャンによって先述の結果を発表しています。

 

この研究の内容としては、腟内オーガズムを感じたことがあると答えた9人に対して、感じたことがないと答えた11人とを比較した場合に、感じたことがあると回答した9人の方が、Gスポットがあるとされている部分の組織の厚みが厚いことがわかったというものです。

 

この研究結果から、腟内にGスポットと呼ばれる場所が無い女性が存在し、その女性は腟内におけるオーガニズムは得られないということを証明したというものです。

 

この内容についても2008年にジャーナル・オブ・セクシュアル・メディシン誌が研究内容を掲載しており、この研究内容についても一部の専門家から、超音波スキャンによって発見された場所が、これまで発表されていなかった新たな発見となるのか、それともこれまでにも研究されてきていたクリトリスの発展した部分なのかについて疑問が残ると否定的な意見が出されています。

 

そして、このGスポットにおいては、人それぞれ感じ方が異なり、ただ単にその感度が異なるだけではないのかという意見も出ています。

 

ただ、この研究の中で、Gスポットの存在だけではなく、女性がオーガズムを得られる場所はGスポット以外にクリトリスによっても得られるという発表をしており、Gスポットが無い女性においてもオーガズムを得られることは可能だと発表しています。

 

また、英科学誌ニュー・サイエンティスト(New Scientist)にもこの内容は掲載されています。

 

感度アップ治療についてはこちら

●Gショット(Gスポットにヒアルロン酸注射)

腟縮小手術

腟縮小(ヒアルロン酸注入)

腟壁縮小術(脂肪細胞注入)

クリトリス包茎手術

男性側の感度を上げるための【名器整形】について

名器整形(膣内にヒアルロン酸を注入)をご覧ください。

 

 

-よく読まれる記事,
-, , ,

執筆者:

関連記事

クリトリス全史【『ヴァギナ・モノローグス』の衝撃!!】

女性のセクシュアリティを独白(相手なしに、ひとりでせりふを言うこと) 今年2月18日、『ヴァギナ・モノローグス』というアメリカの演劇作品が、表参道の東京ウィメンズプラザで上演されました。   …

【2019年】梅田で評判のいい腟レーザー治療 おすすめ5院(1/5)2019.08.17

梅田で評判の腟レーザーをお探しですか? 梅田駅は大阪府大阪市北区芝田1−1−2にある阪神電車・阪急電鉄・osakametorの駅です。JR西日本の大阪駅や北新地駅や東梅田駅や西梅田駅ともに【キタ】・【 …

韓国発 VIP手術!腟内の7箇所を盛り上げてオーガズムを高める性感刺激腟手術とは

【韓国の腟縮小手術】第一人者のハンサラン産婦人科 ゆるみが気になる女性の悩みを一度に解決するハンサラン産婦人科は、繊細な女性器整形技術を数多く行い、数十年の腟美容整形手術の症例と経験を持ったシム院長が …

女性の生殖や性行為に何らかの支障をきたした状態が女性性機能障害(FSD)

「性機能障害(Sexual Dysfunction:SD)」というと、男性をイメージする人が多いかもしれません。   しかし、実は、女性でも性機能障害を抱えた人は多数存在します。女性における …

腟縮小術と陰唇縮小術、膀胱スリングを受けました。

私は、膣縮小術と陰唇縮小術、膀胱スリングをパール女性センターで行いました。 これらの手術によって、私がかかえるすべての問題を一気に解決したいと考えたのです。 術後1週目:手術はうまくいきましたが、術後 …

最新記事