公開日:2020/04/06
最終更新日:2020/04/10

千葉で評判の良い尿失禁治療(尿漏れ)のおすすめ6院

投稿日:2020年4月6日 更新日:

千葉県内で尿漏れ治療に取り組んでいる病院6つ紹介

男性と比べて女性は筋力が弱く、尿の我慢ができにくいです。そのため、加齢とともに尿漏れの悩みが発生してしまう女性は少なくありません。特に出産直後、または40代になった女性の多くが尿漏れに悩まされています。

風邪やインフルエンザなどといったものと違い尿漏れはただちに生活へ支障は来さないため、すぐに直そうとはせずに放置されてしまうことがあります。しかしはじめはごく少量だったとしても、その後症状が悪化し、外出中に多くの量を漏らしてしまうようになるとも限りません。それがトラウマとなって外出の機会が減り、他人との関わりが途絶えたり運動量が減って別の症状を誘発させてしまったりという危険性があります。女性が自分の人生を快活に送るためには尿漏れの治療が必要不可欠だと言えるでしょう。

尿漏れに困っているもののどこへ相談しに行けば良いかわからないという方のために、今回は千葉県内で尿漏れの治療に取り組んでいるクリニックを紹介します。

ユイメディカルクリニック 海浜幕張駅から徒歩3分

出典元:https://www.yui-mc-makuhari.com/

病院名 ユイメディカルクリニック
住所 〒261-0021
千葉県千葉市美浜区ひび野 2-10-3ホテルグリーンタワー幕張2階
アクセス 海浜幕張駅から徒歩3分
羽田空港から車で34分
電話番号 043-305-4401
Web問い合わせ
診療時間 10:00~19:00
休診日 第2・4日曜、月曜
公式URL https://www.yui-mc-makuhari.com/

特徴

ユイメディカルクリニックは美容面に力を入れている医院です。女性が幸せになることを第一に考えて日々診療を続けているため、多くの方々から評判が良いです。その一貫として、患者さんに合わせての治療紹介を行っています。

一人ひとりによって予算や要望、または生活環境は異なります。それを踏まえつつ、各々にとって適した治療を行ってくれます。また、職員の育成に力を入れていることでも有名です。

院長の岡橋怜先生について

院長である岡橋先生は元々形成外科で経験を積み、その後に美容外科の分野へと移っていった経歴を持つ医師です。

分野を横断した知識を持ち、あらゆる症状を対象にして診断できるとして多くの人々から喜ばれています。患者への対応が丁寧なことでも有名です。尿漏れについての相談も誠実な態度で応じてくれるでしょう。

経歴

  • 2007年 防衛医科大学 形成外科卒業
  • 2007年 防衛医科大学病院
  • 2013年 川崎市美容外科形成外科クリニック勤務
  • 2014年 札幌市美容外科形成外科クリニック院長就任
  • 2019年 ユイメディカルクリニック幕張医院院長就任
  • 日本形成外科学会形成外科専門医
  • 日本美容外科学会会員
  • キュテラ社 ピコレーザー(エンライトンⅢ)のテクニカルアドバイザー

ユイメディカルクリニックをおすすめする理由

ユイメディカルクリニックでは女性のさまざまなデリケートなお悩みに対して、総合的に治療を行ってくれます。

女医が対応してくれます

ユイメディカルは女性のことを第一に考えて作られた医院です。そのため院内には女性の医師も在籍し、その方が診療も担ってくれます。

尿漏れは性にも関わることであり、非常に相談しにくい症状です。いくら医師といえど男性に打ち明けるのは抵抗があるという方は多くいらっしゃいます。そのような方であっても、女医が対応してくれるユイメディカルなら安心できるはずです。

また、在籍中の女医・緒方先生は現在子育てに励まれている一児の母でもあります。尿漏れだけでなく育児や教育に関することに関しても相談に応じてくれるでしょう。もちろん緒方先生は医師としても優秀で、女性の体についてのエキスパートともいえる方です。東京大学の大学院で医学博士号を取得し、さらにアメリカでの臨床・研究留学の経験もあります。

アクションⅡを導入しています

尿漏れは非常にデリケートな悩みであるため、できる限り手術は避けたいと考える方は少なくありません。そのような女性にとって「アクションⅡ」は喜ばしい存在でしょう。これは膣用のレーザーであり、メスを使わずとも膣粘膜にアプローチできます。

エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは30代を境として分泌量が減少します。それによって膣内が老化し、徐々に膣壁が薄くなっていきます。尿漏れや膣内の感想、またはかゆみなどの多くはこの膣老化によるものです。

しかしアクションⅡなら膣の粘膜を加熱させて細胞を活性化、新たなコラーゲンの生成を促すことが可能です。数ヶ月使用すれば粘膜の表皮層が厚くなり、膣の弾力が増します。特に、くしゃみで尿が漏れてしまう「腹圧性尿失禁」に対してアクションⅡは非常に有効です。症状の程度によって変わるものの、数回レーザー治療を行えば症状が改善していきます。

同じように膣内へ入れて尿漏れを改善していくための機械としてはモナリザタッチが挙げられます。アクションⅡとモナリザタッチの違いはさまざまにありますが、その一つが形状です。モナリザタッチは本体を膣の奥に入れ、レーザーを照射しながら徐々に引き抜いていきます。膣内で異物が大きく動くため、違和感をおぼえてしまう方もいらっしゃいます。一方アクションⅡは針金でできた外枠をまず挿入し、その中に本体を入れて使用するのです。膣内での移動は外枠の中で行われるため、動く際の違和感はありません。外枠を入れるときと抜くときしか膣内で動かないため、敏感な方はアクションⅡを選ばれると良いでしょう。

ユイメディカルクリニックは完全予約制であるため、アクションⅡに興味がある方はまず連絡してみてください。

もう少し詳しく知りたい方はこちら

ユイメディカルクリニック幕張院の紹介ページ

 

おおしおウィメンズクリニック 浦安駅から徒歩2分

出典元:http://www.oshio-w-c.net/

病院名 おおしおウィメンズクリニック
住所 79-0002 千葉県浦安市北栄1-5-23
アクセス 浦安駅から徒歩2分
羽田空港から車で23分
電話番号 047-354-5551
Web問い合わせ
診療時間 9:00~12:00 15:00~17:00(日曜は9:00~12:00のみ)
休診日 木曜、祝日
公式URL http://www.oshio-w-c.net/<

特徴

おおしおウィメンズクリニックはまるでホテルのような落ち着いた雰囲気をまとっている、内装が非常に美しいクリニックです。
導入機械も最新のものが多く、それを理由にして来院を選ばれる方も少なくありません。

院長の大塩達弥先生について

院長の大塩先生はこれまでに数多くの患者を診察し、妊娠管理や分娩管理を行ってきた人物です。おおしおウィメンズクリニックの歴史も古く、20年以上積み重ねてきた実績が豊富にあります。
大塩先生は常に患者のことを考えており、誰もが幸せになれるよう尽くしているため、患者の方々から寄せられる信頼も非常に厚いです。

経歴

  • 1985年 日本大学医学部卒業
  • 1989年 日本大学医学部大学院産婦人科修了(医学博士)
    横須賀市立市民病院産婦人科
    川口市立市民病院、関東逓信病院産婦人科
    セントマーガレット病院(産婦人科部長)など
  • 1997年 おおしおウィメンズクリニック開設
  • 2004年 医療法人社団愛賛会設立(理事長に就任)

おおしおウィメンズクリニックをおすすめする理由

尿漏れをはじめ膣のかゆみや感想、または性交時の痛みなどは加齢によって膣壁が薄くなったことが原因です。そのような女性特有の不快な症状を和らげるために開発された医療機器が「モナリザタッチ」です。これを導入していることでおおしおウィメンズクリニックは多くの方々から知られています。

痛みがなく、一回の治療時間も短いことから、モナリザタッチは注目を集めつつあります。現在尿漏れに悩まれている方は一度試してみると良いでしょう。

もう少し詳しく知りたい方はこちら

おおしおウィメンズクリニックの紹介ページ

 

亀田メディカルセンター 海浜幕張駅から徒歩3分

出典元:http://www.kameda.com/pr/urogyne_center/

病院名 亀田メディカルセンター
住所 261-0023 千葉市美浜区中瀬 1-3 CB棟 1階(亀田MGTクリニック)
アクセス 海浜幕張駅から徒歩3分
羽田空港から車で33分
電話番号 04-7099-1111
Web問い合わせ
診療時間 8:00~17:00
休診日 日曜祝日、年末年始(12/30~1/3)
公式URL http://www.kameda.com/pr/urogyne_center/

特徴

亀田メディカルセンターはウロギネコロジーを実施していることで有名です。このウロギネコロジーとは欧米発の診療科であり、泌尿器科と産婦人科の境界領域にある病気を治療することが目的です。更年期障害からの尿漏れに悩まれている方には適した診療科だといえるでしょう。

センター長の野村昌良先生について

センター長である野村先生は国際ウロギネコロジー学会にも所属している、日本においてのスペシャリストともいえる人物です。
亀田メディカルセンターにはセンター長以外にも数多くのスタッフが在籍しており、さらに海外フェローもいます。

専門分野

  • ウロギネ(骨盤臓器脱、尿失禁)
  • 排尿障害(間質性膀胱炎、過活動膀胱など)

所属学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本女性骨盤底医学会
  • 国際ウロギネコロジー学会

亀田メディカルセンターをおすすめする理由

一口に尿漏れといっても腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁などその種類は多種多様です。亀田メディカルセンターはウロギネコロジーに力を入れてきた医院であるため、さまざまな種類の尿漏れに対応できます。自分がどの種類の尿漏れかわからない方は亀田メディカルセンターへ行くと良いでしょう。

 

宗ウィメンズクリニック 柏駅から徒歩7分

出典元:https://www.so-womens-cl.com/index.html

病院名 宗ウィメンズクリニック
住所 277-0005 千葉県柏市柏3-5-16
アクセス 柏駅から徒歩7分
羽田空港から車で53分
電話番号 04-7164-6105
Web問い合わせ
診療時間 9:00~12:00 14:00~17:00(月曜は9:00~12:00 14:00~18:00 水曜土曜は9:00~12:00のみ)
休診日 日曜祝日
公式URL https://www.so-womens-cl.com/index.html

特徴

宗ウィメンズクリニックは思春期から更年期以降まで、さまざまな年齢の女性を対象にしたクリニックです。小さな悩みだったとしてもしっかりと相談に応じてくれるとして好評です。

内装もやさしい色合いで統一されており、落ち着きながら診察を受けられます。

院長の宗晶子光先生について

宗晶子先生は父である恒雄先生の跡を継いで現在院長として励まれている人物です。親子二代にわたってあらゆる方々を支えてきたことによる信頼は非常に厚いです。

所属学会

  • 日本産科婦人科学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本受精着床学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本女性医学会

認定医

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 日本女性医学会認定女性ヘルスケア専門医

宗ウィメンズクリニックをおすすめする理由

宗ウィメンズクリニックでは顔のリフトアップやたるみ改善の分野で使用されているレーザー技術を応用し、メスを使わない尿漏れ治療を行っています。
また、膣外陰専用ジェルも院内で使用しており、女性のことを第一に考えた治療を展開していることで知られています。

 

水野医院 新検見川駅から車で8分

出典元:http://www.hinyoki-mizuno.com/

病院名 水野医院
住所 262-0015 千葉県千葉市花見川区宮野木台2丁目5-22
アクセス 新検見川駅から車で8分
羽田空港から車で41分
電話番号 043-271-5719
Web問い合わせ
診療時間 毎週月曜日 9:00~12:50(第2・4月曜日は15:00~17:50も診療)
休診日 火・水・木・金・土・日
公式URL http://www.hinyoki-mizuno.com/

特徴

水野医院は地域に密着しつつ診察を長年続けてきた医院です。常に患者のことを配慮し、検査結果や治療の進め方などを丁寧に説明してくれる医院として愛されています。

担当医の皆川真吾先生について

認定医

  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 認定医

経歴

  • 2001年 秋田大学医学部 卒業
  • 2001年 秋田大学医学部泌尿器科 研修医
  • 2001年 岩手県立胆沢病院、市立秋田総合病院など 研修
  • 2004年 虎の門病院泌尿器科
  • 2006年 NTT東日本関東病院泌尿器科
  • 2008年 聖路加国際病院泌尿器科
  • 2010年 明理会中央総合病院泌尿器科
  • 2014年 行徳総合病院泌尿器科

水野医院をおすすめする理由

水野医院は行徳総合病院と提携しており、泌尿器科を担当している皆川先生も行徳総合病院の医師です。そのため膀胱炎や過活動膀胱など、さまざまな種類の尿漏れに対応することができます。

 

なずなクリニック 本八幡駅から徒歩3分

出典元:http://nazuna-clinic.com/

病院名 なずなクリニック
住所 272-0023千葉県市川市南八幡5-10-3ラフィーヌ南八幡1階
アクセス 本八幡駅から徒歩3分
羽田空港から車で28分
電話番号 047-321-6713
Web問い合わせ
診療時間 9:30~12:30 15:00~18:00(火曜は9:30~12:30のみ 土曜は9:00~13:00)
休診日 日曜祝日 外来に限り火曜午後と木曜も休診
公式URL http://nazuna-clinic.com/

特徴

なずなクリニックは泌尿器科をはじめ内科や在宅医療など、さまざまな面から患者をサポートしてくれる医院です。木目を基調とした外観と清潔感のある内装が非常に印象的です。

院長の三橋功先生について

経歴

  • 市川高等学校卒業
  • 関西医科大学卒業
  • 順天堂大学順天堂医院 初期研修
  • 順天堂大学泌尿器科入局
  • つばさ在宅クリニック勤務
  • 毎週土曜日 順天堂浦安病院で泌尿器科の外来を担当
  • 市川市に「なずなクリニック」開院

資格

  • 日本泌尿器科学会認定専門医、指導医
  • プライマリケア認定医、指導医

所属学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本プライマリケア学会

なずなクリニックをおすすめする理由

同じ尿漏れだとしても男女によってその性質は大きく異なります。なずなクリニックではそのことを十分に把握し、女性に合わせた形で治療を展開してくれます。女性の患者のQOLが向上するようしっかりと寄り添ってくれる医院です。

 

まとめ

加齢をはじめ尿漏れの原因には膀胱の過剰な収縮や出産後のゆるみ、または膀胱炎などさまざまなものが考えられます。しかし、いずれにせよ一人で悩まず、信頼できる医師の元へ向かうことが非常に重要です。女性の体についてしっかりと知識を持っているプロたちならきっと、長らく苦しんできた症状も緩和へと導いてくれるでしょう。

尿漏れに対応してくれるクリニックを千葉県内で探している方はぜひ上記の医院へ連絡してください。

-
-, , , ,

執筆者:

最新記事