menu

公開日:2020/04/08
最終更新日:2022/06/21

【腟圧の平均値は20mmHG!】丹羽咲江医師に腟圧を測定していただきました

記事監修

丹羽咲江
名古屋市立大学医学部
日本産科婦人科学会産婦人科専門医,日本性科学会 幹事,日本性科学会認定セックスセラピスト

投稿日:2020年4月8日 更新日:


腟圧とは

そもそも腟圧とは、骨盤底筋という筋肉の収縮で腟内にかかる圧力のことを言います。
骨盤底筋とは、骨盤底(下部)にある筋肉と靭帯の総称で、膀胱、子宮、直腸などの骨盤内臓器を支えて、排尿や排便のコントロールの役割を担っています。
この骨盤底筋が弱くなると、日常生活の中でさまざまな支障が出てきます。
骨盤底筋が衰えると現れる症状
たとえば、尿漏れ、腟の緩み、ゆるみによる性交時の満足の低下、骨盤臓器脱(性器脱)、お風呂やプールなどで腟に水が入りしばらくしてから出る、性交時に空気が入る、腟からおならのような音が出る、タンポンが固定されずに下に降りてくるなどです。
このような支障が出てくると、生活のQOLにも良くない影響を及ぼします。
骨盤底筋の筋肉が低下してしまう原因は、出産、加齢による女性ホルモンの低下、花粉症でくしゃみを連発する、肥満、便秘時に強くいきんでしまったことによって筋肉が痛んだり、緩んだりしてしまうなどさまざまなものがあります。
中でも最も骨盤底筋のダメージを受けるのが出産です。
赤ちゃんが産道を通る時に大きく伸びてしまいダメージを受けてしまいます。ほとんどの人は出産前の状態に戻りますが、難産だったり、もともと骨盤底筋が弱かったりする人は出産後に元に戻らないケースがあります。
また出産後には問題がなくても、その後加齢とともに骨盤底筋の機能が低下することがあります。
では平均的な腟圧というのはどれくらいでしょうか?

21歳から36歳までの一般女性の腟圧を測定しました。

今回、腟圧を図る機械へコンドームに似た「プロープカバー」を装着し、先端に潤滑油のゼリーを塗った後、腟に挿入し腟圧と持続時間の測定を行いました。
  • 挿入したら腟を目一杯締め、できるだけ長く維持します
  • 測定中はお尻の穴と尿道を胃のほうに吸い上げるイメージで力を入れます
肛門を締めるのと同じ感覚とアドバイスするものの、腟を締めるという感覚がわからない方は少なくありません。
「ちょっと冷たいです」と感想を漏らす女性だけでなく、「中で振動するからアダルトグッズのようで気持ち良かった」という方もおり、被験者反応は多種多様です。

腟圧の単位mmHGとは?

腟圧測定器に表示されている『mmHG』とは、腟圧の単位を指します。
腟圧は、女性の腟が男性のペニスを圧迫する力数値化したものです。
10mmHG以下になると、幽やかな圧迫感であると想定され、30mmHG異常になると、締まりが強いと想定されます。
以下に想定される数値をまとめています。
・10以下 幽かな圧迫感
・10~20mmHG 多少物足りない圧迫感
・20~30mmHG 普通の圧迫感
・30~40mmHG 少し締まる圧迫感
・30mmHG以上 締りが強い圧迫感

腟圧の測定結果は最高が56mmHGで最低が5mmHGでした。

平均的な腟圧は15~25mmHGくらいです。日常的に運動している方や性に対してアクティブな方などは高くなる傾向があります。
入浴後に腟からお湯がダラダラ出てしまうという悩みは30代以降の女性の多くが抱えています。そのほとんどが出産経験のある方です。
子供を生むと骨盤底筋が弱くなり、腟は緩くなるため、腟の中へお湯が入りやすくなるのは自然なことです。
ただしその状態を放置しておくと膀胱や子宮、または直腸など骨盤内の臓器が下がりやすくなり、更年期以降の尿漏れや骨盤臓器脱の原因となるため注意が必要です。
腟圧は健康と密接な関係があるため、軽く考えてはいけません。
ここ数年の間、セックスに関する悩みを専門医へ打ち明ける方が増えています。その多くはパートナーに緩いと言われてしまった女性です。
また、オーガズムを得られないのは自分の腟が緩いからではないかと思い悩む方もいらっしゃいます。
インターネットで性の情報が簡単に入手でき、他人と比較できるようになったことが影響しているのでしょう。腟圧は自ら上げることが可能です。腟を締めるという感覚がわからない方は自分の指を入れて行うトレーニングをおすすめします。
また、骨盤底筋を鍛えるケーゲル体操も腟トレとして効果を発揮します。
性的にアクティブな人は腟圧が高い傾向が強いです。「自分も気持ち良くなろう」とセックス時に意識するだけでも腟は閉まります。性生活が充実すれば腟圧も自ずと上昇します。

腟圧の測り方

腟圧を測る方法としては「腟圧測定器(計測器)」を利用する方法と「自分の指で測る方法」があります。
自分の指で腟圧を測る方法は、ご自宅で簡単に実践することが可能です。
まず体育座りの状態で、膝を軽く曲げます。
次に腟の中に人差し指と中指の2を同時に入れ、第二関節まで入れていきます。
そして、入れた指を少し開くと同時に、腟を締めます。
その時に指を締める具合が、腟圧の目安となります。
濡れている状態の方がスムーズに入るので、入浴中に腟圧を測ることをおすすめします。

腟圧器の種類

MizCure(ミズキュア)

MizCure (ミズキュア)は、「測定」「バイオフィードバック」「トレーニング兼用」の3種類の機能を用いたケーゲルエクササイザ―です。
測定では、スピーカーの音声ガイダンスとLDC画面による科学的な測定データを提供し、簡単かつスピーディーに現在の状態を確認することができます。
また、バイオフィードバックの効果により、骨盤底筋郡強化(ケーゲル運動)に取り組めるトレーニングが行えます。改善したデータをもとにトレーニングをより意欲的に行うことが可能です。
摂れイニングは、効果的な骨盤底筋郡の強化を促します。尿漏れや腟のゆるみ・性機能障害を改善する効果が期待されます。2段階のトレーニングが洗濯できるため、自分汚状態に合わせて自宅で取り組めます。

MagicMotion Magic Kegel Master Gen2 マジックモーション ケーゲルマスター

MagicMotion Magic Kegel Master Gen2(マジックモーション ケーゲルマスター)は、スマホアプリと連動して制御できる、ゲーゲルトレーニング用のスマートボールが搭載されています。
スベスベのHGシリコン素材できており、シマリ圧力センサーがついた、振動型のゲーゲルトレーニンググッズです。
タブレットやスマホアプリと連動し、腟圧レベルを測定することができます。また、トレーニングモードの選択ができたり、記録を保存しておくことも可能です。
トレーニングは、音声ガイドと腟圧変化ゲージで視覚的に状態を確認することができます。
充電式で、約90分の充電時間で約150分継続して使用することができます。

腟圧を上げるには

では、腟圧を上げるにはどうしたらいいでしょうか。
ざっくり分けて、2種類の方法があります。一つは、腟ハイフや腟レーザーなどによる腟のアンチエイジング。もう一つは、腟のトレーニングを行うことです。
腟圧の低下が気になる人は、骨盤底筋を鍛える腟のトレーニングを行うことも有効ですが、それでも改善しない場合は、腟HIFU(ハイフ)をお勧めします。
ここでは、腟のアンチエイジングに最適な腟ハイフの紹介と、腟トレに使えるトレーニンググッズを後ご紹介します。

腟ハイフの紹介

腟ハイフとは、高密度焦点式超音波治療法の略になり、超音波を腟の粘膜下の筋膜に集中して当てて熱を発生させることにより腟の周りの組織に軽いダメージを与えます。
熱で縮んだコラーゲンを治そうとして新しいコラーゲンが生み出されることによって、腟のタイトニングを可能にした治療です。
yoniHIFUという最新型のハイフでは、3mmと4.5mmの深さまで照射することになります。
ハイフの照射範囲
その結果、腟のゆるみがなくなり、腟を引き締めて、尿漏れやお湯漏れの症状を改善したり、子宮や膀胱などの骨盤内臓器の下降(骨盤臓器脱)をくいとめることが可能になります。
子宮下垂
しかし、腟圧が低すぎると腟ハイフを行っても十分な効果が得られない場合もありますので、ご自身で腟トレーニングを繰り返す行うこともとても大切です。
いずれにしても医師の診察を受けて適切な指導を受けるようにして下さい。

腟トレーニングインナーボールの紹介

腟トレーニングを自分で行うということも大事です。
近年では腟用トレーニングボールなどのグッズも入手しやすくなってきました。
使い方は簡単。中に重りが入ったボールをタンポンの要領で入れて、30分間程度入れたままで過ごします。
徐々に慣れていったら、重量や時間を増やして鍛えていきます。慣れるまでは長時間の使用は避けてださい。
現在はさまざまなものがありますので、形状や素材、トレーニングの仕方によって自分の合ったものを選ぶことをお勧めします。
一般に、歳をとっていたとしても性行為を頻繁に行っている女性器は柔らかく、分泌物も出やすい傾向があります。逆に何年もセックスを行っていないと全体的に萎み、見た目も硬くなります。
「運動している」「恥ずかしがり屋で受け身」などが感じやすい女性として挙げられます。一方感じにくい女性の例は「劇的な勃起、目に見える射精、その後の端的な緊張の消失を男性に求めている」「性行為を楽しんでいない」などです。
yoniCARE クレジット24分割

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成