TAGS:
CATEGORY:
公開日:2020/09/02
最終更新日:2020/09/08

【ビラ切り】小陰唇縮小術の体験レポート@東京中央美容外科 渋谷院

投稿日:2020年9月2日 更新日:

小陰唇の肥大、ビラビラの長さに関するお悩みは多く、小陰唇縮小術(通称:ビラ切り)は婦人科形成手術の中で受ける方の多い人気の施術で、日帰りで簡単に行えるため、ポピュラーな手術となっています。

実際に「東京中央美容外科 渋谷院」で施術を受けた腟ペディア編集部のディレクターASKA氏に体験談を伺いました。

小陰唇の肥大や黒ずみにお悩みの方、ビラビラの長さが気になる方、小陰唇縮小術に踏み切れない方に読んでいただきたい記事です。是非参考にしてみて下さい。

 

小陰唇縮小術をうけるにあたっての不安だった点

・痛み(麻酔がどのくらいまで効くのか、術後の痛みが続く期間)

・腫れや出血がどのくらい続くのか

・生活の制限(歩行、自転車、座り方、飲酒)

・患部の洗い方や排尿時の注意点

・抜糸有無の違い

・デザイニングの仕方やカウンセリング方法

*事前準備として、手術部位の剃毛と術後一週間以内の生理を避ける

 

手術当日の流れ(2020/7/20)

カウンセリングルーム(個室)

・手術前の問診票記入

・担当医とのカウンセリング(悩み、気になる事)

・手術の説明(麻酔の種類と仕方、手術の種類と仕方、術後現れる症状)

・デザイニング(医師と部位を確認しながらどの部分を整えるのか決める)

オペ室

・下半身のみ手術着に着替えベットに横になる

・写真撮影

・点滴を打ちながら笑気麻酔で徐々にフワフワした感覚へ(余談ですがお酒強い人は効きにくいそう)

・両脚内側、患部の消毒液塗布

・執刀医が来たら点滴部位から睡眠効果のある薬を静脈へ入れていく

・意識はウトウトしてきてその間先生は切除部のマーキング

・局所麻酔時は痛みを全く感じませんでした(足がピクッと動いたようですが許容範囲内と看護師さんに言われました)

・朦朧とした意識の中ではっきり戻った時には、電メスで止血していました

・その後は縫合し医療用ボンドで固定

・手術終了

・持参のショーツに予めナプキンを付けておき看護師さんに履かせてもらい専用ガードルでの圧迫で止血(ショーツとガードルの間に硬く丸めたコットンを挟みしっかりと押さえ椅子に患部を押し当てながら座って約30分間そのまま)

・看護師より服用合する薬の説明(内用/ 痛み止め、抗生剤 外用/細菌増殖抑制感染防止)

*抗生剤は全て飲み切り、塗り薬も全て使い切る/排尿後シャワー後など都度清潔な手で繰り返し塗る

・ガードルはクリニックが用意してくれます(履いていた方が固定されて痛みや動きが楽、下半身が浮腫みやすくなるので圧迫必要)

待合室

・個室になっている待合室へ移動

・会計

・退店

 

手術後の感想

前日より特に緊張感もなく当日を迎えました

問診票に記入し先生とのカウンセリング

なぜ今回手術を希望したのか、自身の気になることの質問も終始リラックスしていたように思います

何よりも担当の中西先生がとても優しく、丁寧に話をしてくださり安心感をくださる先生です

女性ならではの悩みはやはり同性の方が話しやすいという方も多いので聞きたい事は何でも聞いておくことが大切です

オペ室で点滴注射をしたのが一番痛みを感じたというくらい正直他の施術は痛みを感じませんでした

局所麻酔への恐怖心はあったので笑気麻酔は思いっきり体に溜め込むように入れました

フラフラ、フワフワした感覚から気づいた時には電メスと縫合をしており、その感覚は覚えています

電メスは患部を止血する際ジュッとした音と、縫合は針と糸で縫い止める感覚はあります

看護師さんが声をかけてくれたり気にかけてくれるので不安になることはありませんでした

手術は自分一人の戦いでもあります

緊張していないと思っていたけれど心配させまいと頑張って気丈に接していたのでしょうか。。。

お店を出て顔見知りの仲間を見た瞬間涙が出そうなくらい嬉しさと安心感に包まれました

あの感覚は忘れません

張っていた緊張の糸も切れ痛みの感覚が戻ってきたのも覚えています

処方された薬をその日は服用し初日を終えました

 

手術後の経過

術後一日目(2020/7/21)

就寝時もガードルでの圧迫が必要なため履いて寝ることとなりましたが体制によっては鈍痛が走るためなかなか寝付けませんでした

シャワーの際は水が滲みるという感覚ではなくそもそもの痛みがあるのでゆっくりと丁寧に浴びることとなりました

清潔を保つため優しく洗うことも必要です

出血もまだあり痛みも初日と変わらずあります

排尿時も少しづつしかできず拭く際も擦らず押さえ拭くようにしかできません

確に生理と重なると大変だなと強く感じました

終日ガードルでの圧迫が必要ですが夏場は暑く蒸れやすいのでナプキンはこまめに変えることを心がけた方が良いです

日常生活での大きな支障はありませんが休めるなら体を動かすことは避けるのをお勧めします

 

術後二日目(2020/7/22)

起床時より下半身の倦怠感と浮腫、大陰唇の浮腫と小陰唇の腫れや医療ボンドが硬くなっている状態の患部

日常生活での動きは慣れてきて違和感のある体制や動きも徐々にわかってきます

たまに鈍痛が走るくらいですがズキズキと続く痛みは全くありません

出血は少量あります

術後三日目(2020/7/23)

起床時からの下半身の倦怠感と浮腫は変わらずあります

大陰唇の浮腫はほぼ治り、小陰唇は腫れ感もあり塗り薬を塗布する際に痛みが走る場合もあります

出血はごく少量と、組織液のような分泌液が出ます

この頃には日常生活は全く問題なく過ごすことができます

ただ、しゃがんだり低い姿勢をとる際、股関節の可動が大きく必要な動きは鈍痛と違和感あります

 

術後四日目(2020/7/24)

患部が固くなってきています

少しムズムズと痒みの出る時もあります

ナプキンはこまめに取り替え、不特定多数の使用しないトイレでのウォシュレットで清潔を心がけること

終日出血もなく治まりつつある一日でした

 

術後五日目(2020/7/25)

痛み、違和感は意識しなければなくなる程度に落ち着きました

シャワーの際は、デリケートゾーン専用ソープで優しく洗うこと

触ってはいけないわけではないのでちゃんと洗うこと

その後の塗り薬と飲み薬はしっかり忘れずに

まだ運動はできないのでストレッチやマッサージで下半身の浮腫とりも楽になります

 

術後六日目(2020/7/26)

昨日と同様、痛みや違和感はありません

日常動作も無意識で過ごせます

汗をかいたり蒸れたりすると痒みも出やすいのでこまめに取り替えることは必要です

 

術後一週間(2020/7/27)

手術を終え、一週間が経ちました

今回はTCB様のスーパークイック術式という方法

溶ける糸での中縫い

約一週間後からの入浴と性交渉可能

制限もなくなりますが傷口はまだ固く完全ではないので無理なく過ごすこと

大陰唇の浮腫もなく、切除した小陰唇も左右しっかりと収まっています

 

術後1週間経ってみて、今回の小陰唇縮小術の感想

私の場合は、左右差(特に左側が長い、大陰唇からはみ出るほどでもなく痛みなどもありませんでした)と、黒ずみが気になったので右側も合わせて切除しました

副皮もありましたがそこまで大きくないとの見解、また、クリトリスに関しては包茎状態にありました

麻酔やら、痛みやらあるなら全て一度で終わらせる方が確かに楽だなと感じました

自覚症状のない人も見た目の美しさにこだわるのであればやるべき手術です

見せて歩くわけではありませんが、整えることで自信につながると思いました

-
-

執筆者:

最新記事