menu

TAGS:
CATEGORY:
公開日:2023/05/15
最終更新日:2023/05/15

閉経後の女性における外陰部および腟の萎縮

投稿日:

【腟】閉経後の女性における外陰部および腟の萎縮
閉経後の女性における外陰部および腟の萎縮: REVIVE(REal Women's VIews of Treatment Options for Menopausal Vaginal ChangEs)
シェリル・A・キングスバーグ(PhD)、スーザン・ワイソッキ(WHNP、FAANP)、レスリー・マグナス(MD)、マイケル・L・クライチマン(MD、FACOG、IF)
The Journal of Sexual Medicine, Volume 10, Issue 7, July 2013, Pages 1790-1799,
https://doi.org/10.1111/jsm.12190

はじめに

外陰・腟萎縮症(VVA)は、閉経後の女性の多くが経験する慢性的な病状です。性交痛、腟乾燥、刺激感などの症状があり、性行為や人間関係、日常生活に影響を及ぼす可能性があります。

目的

本研究の目的は、閉経後女性のVVA症状に関する経験や認識、医療従事者(HCP)とのやりとり、利用可能な治療選択肢を特徴づけることである。

方法

米国で、米国の全人口に対して投影可能な56,000人の確率で選択されたインターネットパネルであるKnowledgePanel®の女性を対象に、オンライン調査を実施した。VVA症状を有する閉経後女性3,046名(最近の調査では米国最大のコホート)が、VVAに関する知識、症状が活動に与える影響、HCPとのコミュニケーション、利用可能な治療法の使用に関する質問に回答しました。

主なアウトカム評価項目

パーセントは、全参加者と層別参加者について、各質問に対する回答総数に対する回答の比率として計算されます。

結果

最も一般的なVVA症状は、乾燥(参加者の55%)、性交困難症(44%)、刺激(37%)でした。VVAの症状は、参加者の59%でセックスの楽しさに影響を与えました。さらに、睡眠、生活全般の楽しみ、気質への干渉が、それぞれ24%、23%、23%の参加者から報告されました。更年期障害(24%)やホルモンの変化(12%)に起因する症状を訴える女性は少なかった。全参加者のうち、56%がVVAの症状をHCPに相談したことがあり、40%が現在VVAに特化した外用療法(腟用市販品[29%]および腟用処方箋療法[11%])を使用していました。HCPに症状を相談したことがある人のうち、62%がOTC製品を使用していました。OTC製品の主な制限事項として、症状の緩和が不十分であること、不便であることが挙げられ、副作用やがんリスクに対する懸念から、腟外用処方箋療法の使用は制限されていた。

結論

VVAの症状は、閉経後の女性によく見られる。治療に対する大きな障壁は、VVAに関する知識の欠如、HCPに症状を相談することへの消極性、安全性への懸念、不便さ、利用可能な治療による不十分な症状緩和などです。
-

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像