menu

TAGS:
CATEGORY:
公開日:2023/05/15
最終更新日:2023/05/15

腟分娩後の腟弛緩に対するラジオ波治療: 非外科的な腟の引き締め

投稿日:

腟分娩後の腟弛緩に対するラジオ波治療: 非外科的な腟の引き締め
リア・S・ミルハイザー(MD)、レイチェル・N・ポールズ(MD)、セス・ジョーダン・ハーブスト(MD)、バーサ・H.チェン、MD
The Journal of Sexual Medicine, Volume 7, Issue 9, September 2010, ページ 3088-3095, https://doi.org/10.1111/j.1743-6109.2010.01910.x
公開日:2010年9月1日
The Journal of Sexual Medicine, Volume 9, Issue 8, August 2012, Page 2198, https://doi.org/10.1111/j.1743-6109.2012.02902.x.

はじめに

経腟分娩を経験したすべての女性は、腟組織の伸展を経験する。感覚喪失や性的不満など、長期的な身体的・心理的影響が生じる可能性がある。重要な問題の1つは、腟内膜の弛緩である。

目的

経腟分娩後の腟内弛緩症に対する非外科的高周波(RF)熱療法の安全性と忍容性を評価すること。また、本装置の主観的有効性を評価するための自己報告式質問票の有用性を検討した。

方法

腟粘膜から照射する逆勾配RFエネルギー(75-90ジュール/cm2)を用いて、24人の女性(25-44歳)を1回治療するパイロットスタディ。治療後の評価は、10日後、1、3、6カ月後に行った。

主なアウトカム評価項目

安全性を評価するための骨盤の検査と有害事象報告。安全性と有効性の両方を評価するために、著者修正女性性機能指数(mv-FSFI)および女性性的苦痛尺度-改訂版(FSDS-R)、腟弛緩および性的満足度質問票(この研究のために作成)、治療反応を評価するためにグローバル反応評価書を作成した。

結果

有害事象は報告されず、局所麻酔は不要であった。自己申告による腟の締まりは、治療後1カ月で67%、6カ月で87%に改善した(P <0.001)。平均性機能スコアは改善した:治療前のmv-FSFI総スコアは27.6±3.6で、6ヵ月後には32.0±3.0に増加(P <0.001); 治療前のFSDS-Rスコアは13.6±8.7、治療後6ヵ月後には4.3±5.0に低下(P <0.001).出産後に性的満足度の低下を訴えた24人の女性のうち12人が、治療後6カ月目にSSQの持続的な改善を報告した(P = 0.002)。

結論

RF治療は、このパイロットスタディにおいて、忍容性が高く、優れた6ヶ月間の安全性プロファイルを示した。質問票の回答は、自己申告による腟の締まり、性機能、性的苦痛の減少の主観的な改善を示唆している。これらの知見は、さらなる研究を正当化するものである。
-

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像