menu

TAGS:
CATEGORY:
公開日:2023/05/30
最終更新日:2023/05/30

腟弛緩症に対する治療パラダイム 低い診断と低い評価を受けがちな病状

投稿日:

腟弛緩症に対する治療パラダイム 低い診断と低い評価を受けがちな病状
M. クリシュマン
The Journal of Sexual Medicine, Volume 14, Issue Supplement_4a, April 2017, Pages e183-e184, https://doi.org/10.1016/j.jsxm.2017.03.206
発行:2017年4月1日
腟の弛緩と組織構造は、様々な影響力のある病状の病因として見過ごされがちである。腟弛緩は、しばしば美的感覚と誤解されているが、多くの女性や臨床医は機能的な医学的障害であると認識している。腟弛緩症の女性は、性的自尊心の変化、腟弛緩症、泌尿器系失禁、女性性機能不全を呈することがあります。腟のゆるみは、性交時の身体感覚の低下につながる可能性があります。この腟のゆるみは、もしかしたら感覚の低下や性的満足度の低下と関連しているかもしれず、これらはすべて、女性の性的自尊心の感覚や性的パートナーとの関係にも影響を与える可能性があります。

調査方法

PubMedでvagina、laxity/loose、vaginal relaxation syndromeの用語を用いてレビューしたところ、合計31本の英文論文が得られた。ClinicalTrials.govデータベースのレビューでは、vaginaとlaxity/looseという用語を用いて4件の研究が行われ、そのうち現在進行中の研究は1件のみであった。この病状に対する潜在的な介入のリスク・ベネフィットを評価するために、包括的な治療パラダイムが構築された。
-

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像