menu

TAGS:
CATEGORY:
公開日:2023/08/02
最終更新日:2023/08/02

「性のおもちゃ」から押しつけへ: 婦人科癌治療後の腟拡張器使用に関する女性の経験についての質的検討

投稿日:

「性のおもちゃ」から押しつけへ: 婦人科癌治療後の腟拡張器使用に関する女性の経験についての質的検討
キンバリー・カレン、BSc、BA、MA、カレン・ファーガス、PhD、C.サイコ、トレーシー・ダスグプタ、RN、BScN、MN、CON(C)、マーグ・フィッチ、RN、PhD、キャサリン・ドイル、RN、BScN、ローラン・アダムス、RN、BScN
ジャーナル・オブ・セクシュアル・メディシン、第9巻、第4号、2012年4月、1162-1173ページ、https://doi.org/10.1111/j.1743-6109.2011.02639.x
発行:2012年4月1日

はじめに

腟拡張器の定期的な使用は、腟の狭窄を最小限に抑え、腟の最適な治癒を促進するために、婦人科がんの放射線治療後の予防的措置として推奨されている。女性がこの方法を採用することに消極的であることはよく知られているにもかかわらず、腟拡張器の使用に伴う困難や懸念についてはほとんど知られていない。

目的

女性の腟拡張器の使用経験を調査し、女性のリハビリ用拡張器使用の採用に影響を及ぼす心理社会的要因を理解すること。

方法

これは、婦人科がんの既往歴があり、腟拡張器を処方された女性10人のサンプルに対する半構造化面接を用いた探索的質的研究である。インタビューはグラウンデッド・セオリー法を用いて分析し、反復するテーマについて検討した。

主要アウトカム測定法

主な結果測定は、婦人科がん、腟拡張器の使用、およびセクシュアリティに関連する話題領域に関する情報を引き出すようにデザインされた自由形式の質問で構成される半構造化面接であった。

結果

分析の結果、「"性のおもちゃ "から侵入的な押しつけへ」というコアカテゴリーを基礎づける5つの主要カテゴリーが得られた。それらは以下の通りである: (i)恥ずかしい性玩具、(ii)治療の侵襲の追体験、(iii)嫌悪的な「手による」経験、(iv)回復の最前線ではない、(v)抵抗の最小化。

結論

リハビリ的な腟拡張器の使用は、複雑で多面的かつ個人的な現象であり、心理的および感情的な深い意味合いを伴うため、侵入的なものとなる。これらの知見は、腟拡張器の導入方法を改善し、医療提供者が拡張器に関する女性の困難や懸念によりよく対処するのに役立つ可能性がある。最終的には、婦人科癌から回復した女性の健康維持と生活の質の向上にもつながるであろう。
-

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像