menu

TAGS:
CATEGORY:
公開日:2023/11/29
最終更新日:2023/11/29

完全な骨盤底筋リハビリテーションプログラム(バイオフィードバック、機能的電気刺激、骨盤底筋エクササイズ、および腟コーン)によって治療された尿失禁女性における性機能とQOL

投稿日:

完全な骨盤底筋リハビリテーションプログラム(バイオフィードバック、機能的電気刺激、骨盤底筋エクササイズ、および腟コーン)によって治療された尿失禁女性における性機能とQOL
マッシモ・リヴァルタ医学博士、マリア・キアラ・シギノルフィ医学博士、サルヴァトーレ・ミカリ医学博士、ステファノ・デ・ステファニ医学博士、ジャンパオロ・ビアンキ医学博士
性医学ジャーナル、第7巻、第3号、2010年3月、1200-1208ページ、https://doi.org/10.1111/j.1743-6109.2009.01676.x
発行:2010年3月1日

はじめに

尿失禁(UI)は、不快感、羞恥心、自信喪失を引き起こす衰弱性疾患であり、社会生活からの離脱につながり、女性の身体的・精神的健康、性機能、生活の質(QoL)に悪影響を及ぼす。

目的

目的は、骨盤底筋リハビリテーション(PFR)の併用がUI、女性の性機能障害、QoLに及ぼす影響を明らかにすることである。

主要評価項目

女性性機能指標質問票(FSFI)およびKing's Health Questionnaire(KHQ)。

方法

16名のUI患者が選ばれ、完全なPFRプログラム(バイオフィードバック、機能的電気刺激、骨盤底筋エクササイズ、腟コーン)を受けた。患者はベースライン時とフォローアップ時にFSFI質問票とKHQに記入した。

結果

PFR後、性行為中の尿漏れを報告した患者はいなかった。失禁の解消は13人(81.25%)の女性で達成された。治療後、1時間パッドテストが陽性であった患者はわずか3人(18.75%)であった。PFR前後のパッドテストの尿漏れには有意差があった(P <0.001)。
平均Stamey失禁スコアは、ベースライン時1.37±0.5に対し、フォローアップ時0.25±0.57であった(P <0.001)。PFR前のFSFI総スコアは25.8~2(平均14.65±6.88)、治療後のFSFI総スコアは36~2(平均22.65±9.5)であった(P <0.001)。PFR終了5ヵ月後のFSFI6領域のスコアの改善は統計的に有意であった(欲求、興奮、潤滑、オーガズム、満足、痛み)。KHQの9領域はすべて治療後に平均点が低くなり、その改善は統計的に有意であった。

結論

PFRは、日常的なパッド使用、1時間パッドテスト、Stamey失禁のスコアに有意差をもたらした。治療により、患者のQoL指数と性機能が改善した。
-

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像