menu

TAGS:
CATEGORY:
公開日:2023/06/19
最終更新日:2023/06/19

腟内拡張術の 現在の使用法と治療法 腟拡張器のクリニシャン調査: 予備報告 医療従事者の洞察

投稿日:

腟内拡張術の 現在の使用法と治療法 腟拡張器のクリニシャン調査: 予備報告 医療従事者の洞察
M.L.クリシュマン、S.プレンダーガスト、M.ジュラビック
The Journal of Sexual Medicine, Volume 13, Issue Supplement_1, May 2016, Pages S43-S44, https://doi.org/10.1016/j.jsxm.2016.02.093
発行:2016年5月1日

目的

腟拡張器は、性交困難症、骨盤底筋緊張亢進症、外陰部前庭炎など多くの臨床適応症に推奨され使用されているが、これらに限定されない。拡張器に関する詳細な情報と臨床現場での実用的な意味を確認するために、臨床医と患者へのオンライン調査を実施した。

方法

ダイレーターの使用に関する実用的かつ臨床的な情報についての詳細な情報を確認するために、2つのオンライン臨床アンケートを作成した。参加者には、10ドルのスターバックスギフトカードという少額の金銭的報酬が支払われた。2015年7月2日から9月21日まで、アンケートに回答した最初の96人の臨床医と40人の患者について紹介する。

調査結果

速報では、平均15.9年の臨床経験を持つ96名(女性89名、男性7名)の回答がありました。過半数が理学療法士(70.8%)67/96名、21名が医学博士であった。ダイレーターを処方する最も一般的な適応症は、性交痛と腟痙攣であった。調査対象者の約14%が1年間に100個以上のダイレーターを処方していたのに対し、16%は約50個を処方していた。医療従事者は、痛みのない挿入を指標とした成功率を71%と推定し、患者はダイレーター・プログラムを開始してから平均4.7カ月で成功を収めたとした。また、80%の患者さんが治療を受ける前に2年以上病状に苦しんでおり、20%の患者さんが5年以上苦しんでいると推定されました。ほとんどのHCPは、患者に1日おきにダイレーターを使用するよう指示し、フォローアップは通常2~4週間で、3ヶ月ごとにフォローアップする人はわずか8.3%でした。半数は夜間にダイレーターを使用するよう指示され、残りの半数はスケジュールに合わせていつでも使用するよう指示されています。80%はマインドフルネス、57%は瞑想を指導され、半数以上はダイレーターエクササイズ中に落ち着いた音楽を聴くよう指示されています。コンプライアンス違反の最も一般的な理由は、プライバシーの欠如、使用中の痛み、疲労、ダイレーターの煩わしさであると認識されています。HCPの報告によると、患者がよく表す感情は、不安、希望、力強さ、恥ずかしさ、フラストレーションです。77%のHCPは、オフィスを通じてダイレーターを販売することを検討するとしています。
-

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像