処女とはなに?初体験で出血しないのはおかしい?【処女と処女膜の5つの関係】

投稿日:2019年7月15日 更新日:

下半身のことに興味をもつことは、男性でも女性でも当たり前のこと。しかし、異性のみならず同性同士で話していても、想像やウワサで盛り上がるだけで下半身事情に関しての事実をはっきり知ることはなかなかないですね。

 

だからこそ、インターネットや本で調べたり、本当かウソか分からないウワサ話に惑わされたりすることも…。

 

今回は、下半身事情の中でも私達が信じている処女とはいったいなんなのか、処女膜とはなにかを知りたい方にフォーカスしていきたいと思います。どのような状態だと処女だといえるのか、人々はなぜ処女にこだわるのか、事実をつきとめていきましょう!

1.処女っていったいどういう人

処女の定義は、誰とも性行をしていない女性、まだセックスを経験したことがない女性をさすといわれています。また、処女膜が残っているかどうか、ということのように語られることもあります。「処女膜があることが処女である証である。したがって、初めての性行為の際は、初めてペニスを貫通させることになるので女性は出血する」これも皆さんが信じている話の一つではないでしょうか。

 

では処女の証、といわれている、破られていない処女膜とは何なのでしょう。処女膜といわれているのは、腟の入り口にある、小さなヒダ状の皮膚のことです。膜という言葉から皆さんは、蓋や何かの覆いのようなものを想像するかもしれませんが、実際は穴があいていたり、半分しか覆っていなかったり、私達が想像している“膜”というものとは違うものなのです。さらに、ヒダが多い処女膜や、穴が大きくあいたもの、いくつもの穴があいたものなど、個人差が大きくあります。

2.処女膜って初体験で初めて破れるの?

女性が初めて挿入するセックスをすると、処女膜が破れることでシーツには出血のあとが…というウワサは、多くの人が信じている話かもしれません。

 

シーツに血のあとがなかったことで、男性は相手の処女を疑い、女性本人もいわれのない疑いに動揺することになるのです。相手に直接処女かどうか聞けなかった人や、相手が処女だと言っていることを本当なのか確証を得たい場合には、こっそりと初体験後のシーツに出血のあとを探すことに…、ということになるかも。

 

多くの人は自分の目で確認もしたことがないのに、あたかも誰も入ったことのない腟を処女膜が守っているようなイメージを持っていることでしょう。その膜が破られたり、失われたり、大きく変形すると信じられているのです。

 

このように処女を望むことや、処女膜があるか否かで処女が確認できると思われているからこそ、女性が処女かどうか性器を検査する処女検査という行為が昔から行われていました。

 

処女かどうかは処女膜の有無で実際に確認できる、ということが信じられていたからこそ、検査をして処女ではないと判断された女性は、信頼を失ったり、世間から侮辱的な視線で見られたり、結婚を許されなかったりしたのです。

3.初体験の時は出血する、というウワサ

処女だと出血する、というウワサはなぜ起こったのでしょうか?それは、みんなが処女膜のことを知らないからでしょう。

 

先に述べたように、処女膜を膜だと思っている人が多くいるからではないでしょうか。膜を破るときに出血する、痛みがある…というウワサは実は処女膜とは関係のないことが多いことがほとんどといわれています。

 

出血の理由として、初めての相手との性行為そのものが性急すぎて、腟がこすれて傷ついて出血していることが多いのかもしれません。また、処女は痛がる、という理由も、初めての体験の緊張と恐怖感が痛みを助長していることが関係しているでしょう。性的な欲求よりも、相手との関係性への不安や初めての行為への緊張がまさっていると、痛みを感じやすいです。

 

処女である女性のほとんどは出血を伴わずに初体験をすませているはずですが、それが事実として語られていません。それは、『処女ではない=不貞』という図式が男性にも女性にも浸透しているからでしょう。

 

処女と処女膜に関する本当の話は語られることなく、通説やウワサだけが一人歩きしているかもしれません。

4.どうして処女にこだわるのか

女性の結婚や貞淑さをはかる意味で、処女を重視する男性や家柄、社会性などがある場合があります。独占したい、自分だけのものにしたい、誰のものになっていない相手、を求める男性もいます。

女性への純潔や貞操観念の高さを求めるとともに、従順さや征服欲を満たすバロメータになっているのかもしれません。

実際、確かめられるはずのない処女膜を確認することによって、女性を文化的・社会的・宗教的にコントロールしてきた社会や風習が、様々な時代や国で起こっています。処女膜がない、と診断され信頼を失ったり、傷つけられたり、結婚に値しない、とされた女性たちもいます。

例えば、海外では実際に処女検査なるものがあり、結婚前の少女の体がキレイかどうかを確認する検査があったり、アジアの国では女性が軍隊に入る場合には処女検査が義務だったりしたことも。これにこたえるように処女膜再生手術なるものが、需要としてある国もあります。

 

実際には処女膜は、激しい運動や自慰行為、タンポンの使用などで簡単に穴があくこともあり、覆っている膜自体が幻想なので破れることはないのです。伸縮自由な処女膜、というが本当の姿で、男性のペニスが貫通したか否かを確認できるものではないのです。

5.処女や処女性にとらわれることのない選択を

処女を重んじる傾向や、処女性を求める価値観などは、世間や周りがつくりあげたものです。自分が性行為をしたことがあるかどうかは、自分自身が一番知っていることなのに、他人の処女検査でそれを嘘とみなされ、信頼を失うことがある…。それは、自分ではなく身体をみれば分かる、という恐怖を生み出すものです。

処女の証とされている処女膜というものがなんであるのか、を正しく知り、処女膜の有無で処女を証明することはできないことを常識と知ってほしいです。

相手が処女かどうかを知りたい場合は相手に聞くしかないのです。相手の答えを信じられる関係性や自分自身をもつしかないといえるでしょう。そして、相手がその質問に答えるかどうか、も含めてそれは個人の自由であり、他人が強制できるものではないのです。

-よく読まれる記事,
-, , ,

執筆者:

関連記事

すそわきが手術【デリケートゾーンのにおい対策】

Contents1 超音波メスによる「すそわきが」手術1.1 「すそわきが」手術の特徴1.2 「すそわきが」手術後の経過と副作用1.3 性感帯・感度アップ手術の関連記事はこちら1.4 男性側の感度を上 …

モナリザタッチQ&A④

Q:モナリザタッチでオーガズム(オルガズムス)を改善できますか? DR.Judy Corbettの回答 A:オーガズムに至るのに陰茎による刺激以外が必要だと感じておられるなら、それはごく一般的なことで …

女性の生殖や性行為に何らかの支障をきたした状態が女性性機能障害(FSD)

「性機能障害(Sexual Dysfunction:SD)」というと、男性をイメージする人が多いかもしれません。   しかし、実は、女性でも性機能障害を抱えた人は多数存在します。女性における …

千葉県で評判のいい性行為の痛み(性交痛)の治療 おすすめ4院【2019年12月4日更新】

千葉で評判のいい性行為の痛み(性交痛)治療のクリニックをお探しですか? 私たち腟ペディア編集部が、これまで収集してきた性行為の痛み(性交痛)治療の種類や、先生方から得られた治療情報をもとに、千葉から通 …

大陰唇縮小術

大陰唇とは 小陰唇の外側にある膨らみのある皮膚です。 大陰唇は、外腸骨動脈から発生する外陰部動脈の枝(前陰唇枝)と、内腸骨動脈から発生する会陰動脈の枝(後陰唇枝)に栄養を供給されている、血流豊富な組織 …

最新記事