公開日:2019/09/11
最終更新日:2020/06/15

デリケートゾーンの黒ずみの4つの原因と3つの美白法とは

投稿日:2019年9月11日 更新日:

デリケートゾーンの黒ずみの原因と解決方法

Contents

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

自分の女性器(デリケートゾーン)が黒っぽく感じて、セックスするのにコンプレックスがあったり、1人で悩んでいたり、女性としての自分に自信がもてないという女性が多くおられます。

 

これは、性行為の多さから女性器(デリケートゾーン)が黒ずむといった、都市伝説のような知識をいまだに信じている人が多いからかもしれません。しかしこれは、まったくの誤りです。医学的にも、女性器(デリケートゾーン)の黒ずみが性行為とはまったく関連しないものであると証明されているのです。

 

女性器(デリケートゾーン)の黒ずみの原因は、メラニン色素の量や摩擦の頻度、ホルモンバランスの乱れなどだとされています。デリケートゾーンは、その他の部位に比べて、皮膚が薄かったりメラニン色素の活動が活発な部位です。そのため、色素沈着といった肌トラブルが起こりやすいことでも知られています。

 

また日本人は、欧米人などと比較すると、色素沈着が起こりやすいこともあり、女性器(デリケートゾーン)の黒ずみに悩む人が多いのです。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因①:メラニン色素の量

小陰唇はメラニン色素が濃いため黒ずんでおり、刺激を受けるとさらに色素沈着します。

顔にできるシミの原因は、メラニンです。女性器(デリケートゾーン)が黒ずむのも、シミができるのと原理は同じです。

 

体内でメラニン色素が増加すると、色素沈着を起こしやすくなり、その部位が黒ずんで見えるようになります。

 

メラニンの量には個人差がありますが、もともとメラニン色素が多い人は、デリケートゾーンなどの粘膜が黒ずんで見える傾向が強いようです。

黒ずみで気になる部位は大陰唇、小陰唇、太もも内側です。

例えば、黄色人種である日本人は、白人より体内のメラニン色素の量が多く、女性器(デリケートゾーン)が黒ずんで感じることが多いかもしれません。「もしかしたら黒っぽくなったかもしれない」と大半の女性が感じている可能性すらあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因②:摩擦の頻度

セックスでの摩擦は時間も頻度も少ないため影響はあまりありません。

陰唇が大きい方は擦れる面積も多くなるため、小さい方より黒くなりやすいです。

痩せている人は、骨が出ている臀部側が黒ずみになりやすく、太っている人は、太ももの付け根部分が黒ずみになりやすい傾向があります。

体内にもともともっているメラニン色素ですが、摩擦によって、その量が増えることがわかっています。

女性器は、下着やナプキン、トイレットペーパーなどで日ごろ摩擦を受けることが多く、それらの摩擦を皮膚の中にあるメラトニンが攻撃と認識すると、メラニン色素を大量に分泌してしまうのです。

特に、日本人は色素沈着しやすい上に、デリケートゾーンという皮膚が薄いところなので、他のところに比べ黒くなりやすい部位になります。

最近では昔に比べ座り仕事が増えたことも関係しているかもしれません。座る時間が長いと下半身の血流が悪くなり鬱血することによって黒ずむこともあるかと思いますし、皮膚があたるところによって黒ずみの位置が変わってくるので、体形にもよって異なってきます。

先に挙げたような下着、ナプキン、トイレットペーパーだけでなく、小さめの下着などによる関節部分の圧迫も、Vラインの黒ずみの原因になります。

デリケートゾーンの黒ずみの原因③:ホルモンバランスの乱れ

年齢によって女性器の色は変化していきます。

小陰唇は若い頃は薄紫色ですが、年齢を重ねるごとに色素が抜けて薄い桜色へと変化していきます。

メラニン色素はまた、ホルモンによる影響を大きく受ける物質としても知られています。

妊娠や加齢、また仕事のストレスでホルモンバランスが変化すると、ターンオーバーが正常に行われなくなり、メラニン色素が増加するため、デリケートゾーンの黒ずみが目立つようになるのです。

デリケートゾーンの黒ずみ原因④:外陰部の乾燥

かゆみでつい掻いてしまう方も黒ずみになりやすいので注意が必要です。

デリケートゾーンは思った以上に繊細な部分で目の周りよりも薄い皮膚であると意識し、日ごろからのケアが重要です。乾燥が原因の場合は、保湿がしっかりしているワセリンなどを塗ることをお勧めします。

 

デリケートゾーンの黒ずみの改善方法と効果について

市販薬:ホワイトニング用の保湿クリーム

医療用:美白効果のあるハイドロキシンクリーム・浸透を深めるためのトレチノインを配合したクリームの処方・古い角質を除去し、細胞の新陳代謝を促進するピーリング

美白レーザー(腟レーザー):インティマレーザー(皮膚表面にエルビウムYAGレーザーを照射して皮膚再生し、黒ずみを改善する)・モナリザタッチ(医学的な理論では可能ですが、インティマレーザーに比べると効果が下がるかもしれません。

小陰唇縮小手術:ビラビラと言われる皮膚を切除する手術

このようにして、一言で黒ずみといっても人によって原因やそれに対する改善方法などが異なりますので、自己判断で行うのはかえって悪化させてしまう恐れがありますので、病院で原因をしっかり把握してから改善されることをお勧めします。

絶対に使ってほしいデリケートゾーン ケア用品ベスト5【産婦人科専門医推薦!】

【デリケートゾーンケア】産婦人科専門医がオススメするデリケート保湿ジェル!厳選4選

【デリケートゾーンの石鹸】産婦人科専門医がオススメする!厳選3選とおまけ

 

 

デリケートゾーンに関する手術はこちらより御覧ください。

小陰唇縮小手術

大陰唇縮小手術

すそわきが手術

副皮切開手術

 

性感帯・感度アップ手術の関連記事はこちら

男性側の感度を上げるための【名器整形】について

名器整形(腟内にヒアルロン酸を注入)をご覧ください。

デリケートゾーンの黒ずみ治療(腟レーザー)の対応クリニック一覧

オザキクリニック LUXE新宿院

切らない婦人科レーザー治療!アメリカFDAや欧州MedicalCEで認可されている信頼性の高い医療機器です。経験豊富な女性ドクターが対応しますのでご安心下さい。 小陰唇周辺(1回)にインティマレーザー ...

みやはらレディースクリニック

腟の引き締めに効果的なエルビウムヤグレーザです 腟のゆるみ 腟の引き締め 腟の乾燥 腟縮小 膀胱炎 腟のにおい お風呂でお湯が入る(お湯もれ) 腟ペディア特典 1回 ¥50,000→¥40,000~( ...

トキコクリニック 梅田院

RF(高周波)によって膣の緩みを改善する治療法です。レーザーが粘膜の上層までしかいかない従来のCO2レーザーやYAGレーザーと違ってより深い層に作用し、強力なコラーゲン再生効果と膣引き締め効果を実現し ...

田中病院

当院は女性泌尿器外来を設置しております。泌尿器科は男性ドクターが多いですが、当院では女性ドクターが担当しておりますので安心して受診して頂けると考えております。インティマレーザーは尿漏れに効果的であると ...

西新宿杉江中央クリニック

メスを使用せず、腟のゆるみ・たるみを改善して腟のアンチエイジングをする『プチレディー』。従来のCO2レーザーよりも照射時の痛みや肌のダメージが少なく、ダウンタイムもありませんので忙しい方や急をようする ...

トキコクリニック 京都四条院

RF(高周波)によって膣の緩みを改善する治療法です。レーザーが粘膜の上層までしかいかない従来のCO2レーザーやYAGレーザーと違ってより深い層に作用し、強力なコラーゲン再生効果と膣引き締め効果を実現し ...

銀座TAクリニック

肥大化した小陰唇を小さくしたあり、左右で大きさが違う場合に形を整える手術です。 下着に擦れて痛い 見た目が良くない 下着が水着からはみ出る 汚れがたまる 尿が垂れる 腟ペディア特典10%OFF 252 ...

表参道レジュバメディカルクリニック

婦人科形成1,000件以上の施術経験の豊富な女性ドクターが美しく仕上げます。 手術7日後に抜糸で来院いただきます。 下着やズボンが擦れて痛い 排尿しずらい 水着や下着からはみ出る お股に尿が垂れる 黒 ...

新宿TAクリニック

肥大化した小陰唇を小さくしたあり、左右で大きさが違う場合に形を整える手術です。 下着に擦れて痛い 見た目が良くない 下着が水着からはみ出る 汚れがたまる 尿が垂れる 腟ペディア特典10%OFF 252 ...

-, デリケートゾーン
-, , ,

執筆者:

最新記事