menu

公開日:2020/06/15
最終更新日:2021/09/03

絶対に使ってほしいデリケートゾーン ケア用品ベスト5【産婦人科専門医推薦!】

記事監修

丹羽咲江
名古屋市立大学医学部
日本産科婦人科学会産婦人科専門医,日本性科学会 幹事,日本性科学会認定セックスセラピスト

投稿日:2020年6月15日 更新日:

絶対に使ってほしいデリケートゾーン ケア用品ベスト5【産婦人科専門医推薦!】

外陰部(デリケートゾーン )専用ソープが必要な理由

通常のボディソープはpH値が高いものが多いのですが、pH値が高いソープを使ってデリケートゾーンを洗ってしまうと、皮膚がアルカリ性に傾いてしまい、病原菌の侵入を防いでくれる良い菌(乳酸菌などの常在菌)までも一緒に洗い流してしまい、自浄作用が弱まり、ニオイが発生したり、かえってかゆみが悪化する原因になってしまう可能性があります。
デリケートゾーンにはpHバランスに配慮した弱酸性のソープや、デリケートゾーン専用のものを使ってください。ドラッグストアでも手に入ります。色々な種類があるのですが、外陰部専用のものであれば1000~1500円ぐらいの物でも良いと思います。
デリケートゾーンの石鹸 産婦人科専門医がオススメする厳選3選とおまけ
 

保湿兼黒ずみクリームが必要な理由

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は、摩擦と炎症、そして女性ホルモンの関係によるものがほとんどです。
きつめの下着やジーンズ、トイレットペーパーでゴシゴシと拭くことによって、摩擦が起こり、色素沈着が発生します。また、無理なセルフ脱毛や蒸れも、炎症を引き起こし、色素沈着の原因となります。
蒸れにくい自分に合ったナプキンやおりものシートを使い、綿の通気性のいい、自分のサイズにぴったり合ったショーツで過ごすのがおすすめです。また、ホルモンバランスの乱れや、ターンオーバーの遅れなども、肌の黒ずみの原因となりますので、日常生活を健康的に過ごすのも黒ずみ改善に必要です。
また乾燥をした肌は摩擦が増し、黒ずみを引き起こしやすいので、日頃からしっかりと保湿&黒ずみケアをすることが重要です
ネットで検索すると黒ずみ予防クリームは沢山ヒットしますが、美白や美容成分をうたった怪しい商品もたくさん出ているから、間違った情報に流されないように注意してください。
【デリケートゾーンケア】産婦人科専門医がオススメするデリケート保湿ジェル!厳選4選
 
 

外陰部(デリケートゾーン )専用スプレーが必要な理由

外陰部のムレ、かぶれを防ぎます。個人的にはハナミスイのアウトクリアスプレーが爽やかな感じがして、乳酸が入っていて雑菌が繁殖するのを抑制するので良いと思います。さかさまの向きでもスプレーすることができてお勧めです。

腟洗浄器

乳酸を含んだジェルを膣内に挿入することで、膣内を弱酸性に保ち、臭いやムレ、かゆみ、オリモノが増えないように予防します。
ハナミスイのインクリアやジェクスのゼリープラスメディカルがオススメです。

潤滑剤

セックスをするときに痛みが出やすい人の必需品。外陰部に塗るタイプではなくて、膣内に入れるタイプがオススメです。
手も汚れないし、ペニスを挿入する前のべとつき感もなく、相手に気づかれることもありません。ハナミスイのウエットトラストやジェクスのゼリープラスという商品がオススメです。

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像