クリトリス【かゆみの原因・予防】について

投稿日:2019年7月8日 更新日:

クリトリス(陰核)について

家族や友人など、どれだけ親しい間柄でもなかなか相談しにくいのが、クリトリスの悩みではないでしょうか。しかし、クリトリスがいつもより臭っていたり、かゆかったり、おりものの色が違っていたり、イボなどができた場合は、できるだけ早めに婦人科もしくは産婦人科で相談することが大切です。クリトリスは、デリケートゾーンの中でも特に敏感な部位です。いつもとは違うと感じたなら、専門医の判断を仰ぎ、慎重にケアしていきましょう。

このページでは病院に行く前にクリトリスについて知りたい。クリトリスのかゆみの原因を知りたい方。クリトリスのかゆみを予防する方法を知りたい。といった方の疑問にお答えします。


それでは、クリトリスがかゆくなる原因をいくつか挙げ、その対処法を説明していきましょう。

クリトリスが痒くなる原因とは?

ナプキンや下着によるかぶれ

ナプキンやパンティーライナーなどの使用法には、3時間から4時間おきに交換するよう指示されていますが、仕事が立て込んでいたり慌ただしく過ごすうちに、気がつけば長時間付けっぱなしにしていたという経験があるのではないでしょうか。長時間ナプキンやパンティーライナーをつけ続けていると、雑菌が繁殖し、クリトリスにかゆみを感じるようになります。

また、下着の中が蒸れることで、雑菌が繁殖する可能性もあります。ストッキングなどを履く場合、性器と下着が密着しやすくなり、蒸れの度合いが高まります。

ナプキンのつけっぱなしや下着による蒸れなどからかゆみを引き起こさないよう、こまめにナプキンを交換したり、通気性のよい下着を選ぶことが大切です。


〈アカ(恥垢)の蓄積〉

デリケートゾーンの陰部周辺にたまった白いカスは、脂の固まりで、恥垢と呼ばれています。恥垢を放置してしまうと、クリトリスのかゆみやかぶれを引き起こしかねません。さらに、強い臭いが発生する可能性もあります。

陰部を簡単に洗うだけでは恥垢を取り除けないため、乾いた綿棒などを使って1つひとつ取り除くことが大切です。


ニキビのような吹き出物

下着で締め付けられたり、生理用ナプキンで刺激されたり、カミソリに負けたりといった原因で、クリトリスにニキビのような吹き出物ができることがあります。軟膏などを使って改善する可能性もありますが、ニキビのようなイボ(約3ミリ)ができる尖圭コンジローマという病気もあり、素人目では判断できません。軟膏などでイボが改善しない場合は、婦人科で相談することをおすすめします。


カンジダ性膣炎、カンジダ症、膣炎

クリトリスなどのかゆみやおりものの色や臭いの変化を感じた場合は、カンジダ性膣炎に感染しているかもしれません。カンジダ性膣炎に感染する女性は5人に1人ともいわれています。

 

また、腟内に細菌などが入り込み、炎症を起こしている状態を膣炎といいます。クリトリス周辺がかゆくなりますが、座薬や内服薬、外用薬などで治療する必要があるため、できるだけ早期に受診するようにしましょう。


へルペス

クリトリスの痛みやかゆみといった自覚症状があり、陰部で水泡や潰瘍などを発見した場合は、ヘルペスに感染している可能性があります。

ヘルペスはを引き起こすのは、単純ヘルペスウィルスです。1度単純ヘルペスウィルスに感染してしまうと、身体の抵抗力が落ちたときを見計らうように再発します。ヘルペスの症状が出た場合は、病院で抗ウイルス剤を処方してもらいましょう。症状によっては、点滴なども必要になるかもしれません。


腟トリコモナス症

性交渉によって感染しやすいのが、腟トリコモナス症です。しかし、下着やタオル、便座、浴室の共同利用などで感染する可能性も否定できません。

腟トリコモナス症に感染すると、おりものの量が増え、性器に激しいかゆみを感じるようになります。その後、悪臭がきつく、黄緑色に泡立った状態のおりものが出るようになったり、外陰部がただれたりします。

ここまでに説明したように、クリトリスにかゆみを感じる原因はいくつも考えられます。カンジダ性腟炎やヘルペス、腟トリコモナス症などに感染している可能性もあるため、まずは病院で検査を受けることが大切です。

 

クリトリスのかゆみを予防する方法

クリトリスのかゆみを予防するため、ここでは、いくつかの方法を紹介しています。これらを意識しつつ、日常生活から見直していくようにしましょう。

1.生活リズムを整える

身体の抵抗力が落ちたとき、発症する病気も少なくありません。これらの病気を発症させないためには、生活リズムを整え、ストレスをためないことが大切です。


2.性器周辺を清潔を保つ

クリトリスの包皮内部は粘膜で、特に敏感な部位でもあります。かゆみを予防するためには、この周辺を清潔に保つことが大切ですが、この際、むやみに刺激しないよう気をつけましょう。

 

お風呂で洗う場合は、ボディソープではなく、デリケートゾーン専用のソープを利用します。その際、ソープをしっかりと泡立てたのち、前から肛門の順番で優しく洗うことが大切です。最後はシャワーでしっかりすすぎ、泡を残さないようにしましょう。


3.生理用品をこまめに交換する

生理用品は、さほど汚れていないように見えても、多くの細菌が繁殖しています。デリケートゾーンのおりものなどは細菌の栄養源であり、蒸れやすい環境でもあるため、細菌が繁殖しやすい部位です。

ナプキンなどの生理用品は長時間利用せず、2時間から3時間ごとに交換するようにしましょう。


4.デリケートゾーン専用のかゆみ止め薬を服用する

皮膚の炎症などが起こると、肥満細胞から分泌されるヒスタミンが原因でかゆみが生じます。こうしたかゆみを抑えるために服用するのが、ヒスタミンのはたらきを抑える抗ヒスタミン薬であり、炎症を抑える薬です。

塗り薬が処方されることもありますが、塗り薬の中にはアルコールが含まれるものもあります。アルコール成分によってかぶれや炎症がかえってひどくなりかねないため、ノンアルコールのものを利用するようにしましょう。

薬を塗った部位がヒリヒリ痛んだり、赤みが出た場合は、なるべく早く婦人科に相談することが大切です。

-よく読まれる記事,
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

腟縮小手術を受けました!

明日は、腟縮小手術からちょうど6週間目にあたります。 これを機に、手術の効果についての口コミを投稿したいと思います。   私の腟の開口部のすぐそばにはまだ縫合のあとがありますし、フォローアッ …

以外と知らない?!11の腟の病気と症状について

女性の体の悩みは一般的に男性よりも多いのではないでしょうか。 婦人科という言葉があるように、女性ならではの体の悩みや病気を抱える方は少なくなく、男性よりも体はデリケートにできていると言えるでしょう。 …

クリトリス全史【窮地に立たされているアメリカでの「性の研究」】

アメリカでは近年、公的資金を使った「性の研究」が批判にさらされています。 そんな中で、この性の分野で大きく差をつけているのがカナダです。   「濡れているならセックスをしたいに決まっている」 …

モナリザタッチの感想【池上レディースクリニックで3回施術を受けた23人の患者様の評判】

腟のゆるみ、乾燥、腟のかゆみ、ヒリヒリ感、分泌物の減少、におい、性交痛、頻尿、尿もれでお悩みの方にご覧になってほしい記事です。 この症状でお悩みの方々が東京都足立区の婦人科【池上レディースクリニック】 …

処女とはなに?初体験で出血しないのはおかしい?【処女と処女膜の5つの関係】

下半身のことに興味をもつことは、男性でも女性でも当たり前のこと。しかし、異性のみならず同性同士で話していても、想像やウワサで盛り上がるだけで下半身事情に関しての事実をはっきり知ることはなかなかないです …

最新記事