公開日:2019/07/08
最終更新日:2020/10/08

クリトリスが痒い痛い!かゆみ痛みの原因と予防について

投稿日:2019年7月8日 更新日:

デリケートゾーンが痛い、気になるのか両手で抑えている

クリトリス(陰核)について

家族や友人など、どれだけ親しい間柄でもなかなか相談しにくいのが、クリトリスの悩みではないでしょうか。しかし、クリトリスがいつもより臭っていたり、かゆかったり、おりものの色が違っていたり、イボなどができた場合は、できるだけ早めに婦人科もしくは産婦人科で相談することが大切です。クリトリスは、デリケートゾーンの中でも特に敏感な部位です。いつもとは違うと感じたなら、専門医の判断を仰ぎ、慎重にケアしていきましょう。

このページでは病院に行く前にクリトリスについて知りたい。クリトリスのかゆみの原因を知りたい方。クリトリスのかゆみを予防する方法を知りたい。といった方の疑問にお答えします。


それでは、クリトリスがかゆくなる原因をいくつか挙げ、その対処法を説明していきましょう。

クリトリスが痒い痛くなる原因とは?過剰なケア

清潔な状態を保つための常在菌が存在しており、自浄作用があります。

クリトリスの過剰洗浄は、この常在菌まで一緒に洗い流してしまうことになり、自浄作用の働きが低下してしまうことに繋がります。

自浄作用が働かなくなることにより、清潔な状態を保てなくなり、不衛生な状態になってしまうのです。

正しくない洗い方

ボディソープや石鹸の成分や性質によって、清潔な状態を保つための常在菌を殺菌してしまったり、酸性度を変えてしまうものがあります。

刺激の強い石鹸で擦るように洗うことで、逆に刺激を与えてしまうのです。

また、洗いすぎによる刺激やお風呂上りにバスタオルで拭くときの摩擦も掻痒感に繋がることがあります。

バリア機能が高めるために、ポンポンと軽く叩くように優しく拭きとり、洗った後はしっかりと保湿ケアをすることが大切です。

入浴剤

リラックスタイムに、入浴剤を使う方も少なくないでしょう。

長時間お湯に浸かることで、pHバランスが崩れ、不快感を引き起こす場合があります。

入浴剤の成分によっては、かゆみの症状がある場合は症状を促進させてしまうことにも繋がります。

入浴剤は体調の良い時に月数回程度の使用にとどめ、かゆみや痛みの症状が出ているときは、使用を控えることをおすすめします。

不衛生なセルフプレジャー

クリトリスを刺激するトイでの刺激により、感染やバクテリアの繁殖を助長する場合があります。

行為前には必ず手指を清潔に洗うようにしましょう。

また、濡れていないままクリトリスを刺激することで、強く摩擦を与えてしまい、かゆみや痛みを引き起こす原因になる場合があります。

水ベースでフレーバーや香料が入っていない、ローションを使うこともおすすめです。

陰部の毛による痒み

陰部の毛がクリトリスに絡まったり、不衛生にすることでかゆみが出ることがあります。

定期的に毛の長さを整えたり、シルクや綿などの通気性が良く汗を吸収しやすい下着を選ぶことで、陰部を蒸らさないようにしましょう。

ナプキンや下着によるかぶれ

おりものシートやナプキン

おりものシートやナプキンなどの使用法には、3時間から4時間おきに交換するよう指示されていますが、仕事が立て込んでいたり慌ただしく過ごすうちに、気がつけば長時間付けっぱなしにしていたという経験があるのではないでしょうか。

長時間ナプキンやパンティーライナーをつけ続けていると、雑菌が繁殖し、クリトリスにかゆみを感じるようになります。

また、接触部分が擦れることにより刺激を与え、かゆみを促進させてしまうことにも繋がります。

つけっぱなしによる蒸れや擦れなどからかゆみを引き起こさないよう、こまめに交換することが大切です。

締め付ける下着

下着で締め付けてしまうことで、下着の中が蒸れて、雑菌が繁殖する可能性もあります。

ストッキングなどを履く場合、性器と下着が密着しやすくなり、蒸れの度合いが高まります。

合成繊維で通気性の悪い下着を長時間着用していると、より蒸れやすい状態を作り出してしまいます。

仕事でストッキング必須の方は多いと思いますが、下着だけでも通気性が良いものを選ぶようにしましょう。

摩擦やムレによるできもの

クリトリス周辺にニキビのようなできものがあることで、痒みの症状が出ていることがあります。

ニキビであれば清潔にして通気性を良くしていれば自然治癒するものですが、痛みやかゆみが強い場合はヘルペスの可能性もあります。

ヘルペスも自然治癒はしますが、風邪などで免疫力が低下した時に再発することを繰り返してしまう場合もあるため、適切な受診をおすすめします。

〈アカ(恥垢)の蓄積〉

アカ(恥垢)について

デリケートゾーンの陰部周辺にたまった白いカスは、脂の固まりで、恥垢と呼ばれています。

恥垢を放置してしまうと、クリトリスのかゆみやかぶれを引き起こしかねません。

さらに、強い臭いが発生する可能性もあります。

陰部を簡単に洗うだけでは恥垢を取り除けないため、乾いた綿棒などを使って1つひとつ取り除くことが大切です。

クリトリス包茎による洗い残し

クリトリスは恥垢が溜まりやすい部分であるため、包皮と呼ばれる皮膚が全体的に覆いかぶさっている状態のクリトリス包茎の場合は洗い残しによるかゆみがさらに起こりやすくなります。

衛生上の問題はもちろんですが、様々な影響があるため、適切な治療を受けるために受診することをおすすめします。

ニキビのような吹き出物

下着で締め付けられたり、生理用ナプキンで刺激されたり、カミソリに負けたりといった原因で、クリトリスにニキビのような吹き出物ができることがあります。軟膏などを使って改善する可能性もありますが、ニキビのようなイボ(約3ミリ)ができる尖圭コンジローマという病気もあり、素人目では判断できません。軟膏などでイボが改善しない場合は、婦人科で相談することをおすすめします。

ゴムアレルギー(ラテックスアレルギー)

血圧低下や意識障害(アナフィラキシーショック1の症状)を引き起こす可能性があるのがラッテクスアレルギーです。

天然ゴム中のラテックス(コンドームの成分にもあり)はタンパク質との接触により、じんましんなどの皮膚障害が発症することがあります。

ラッテクスアレルギーによる腟口・腟内の痒み痛み!ある日、突然発症したデリケートゾーンの痒みは?


カンジダ性腟炎、カンジダ症、腟炎

クリトリスなどのかゆみ痛みやおりものの色や臭いの変化を感じた場合は、カンジダ性腟炎に感染しているかもしれません。カンジダ性腟炎に感染する女性は5人に1人ともいわれています。

また、腟内に細菌などが入り込み、炎症を起こしている状態を腟炎といいます。クリトリス周辺がかゆくなりますが、座薬や内服薬、外用薬などで治療する必要があるため、できるだけ早期に受診するようにしましょう。


へルペス

クリトリスの痛みやかゆみといった自覚症状があり、陰部で水泡や潰瘍などを発見した場合は、ヘルペスに感染している可能性があります。

ヘルペスはを引き起こすのは、単純ヘルペスウィルスです。1度単純ヘルペスウィルスに感染してしまうと、身体の抵抗力が落ちたときを見計らうように再発します。ヘルペスの症状が出た場合は、病院で抗ウイルス剤を処方してもらいましょう。症状によっては、点滴なども必要になるかもしれません。


腟トリコモナス症

性交渉によって感染しやすいのが、腟トリコモナス症です。しかし、下着やタオル、便座、浴室の共同利用などで感染する可能性も否定できません。

腟トリコモナス症に感染すると、おりものの量が増え、性器に激しいかゆみや痛みを感じるようになります。その後、悪臭がきつく、黄緑色に泡立った状態のおりものが出るようになったり、外陰部がただれたりします。

ここまでに説明したように、クリトリスにかゆみを感じる原因はいくつも考えられます。カンジダ性腟炎やヘルペス、腟トリコモナス症などに感染している可能性もあるため、まずは病院で検査を受けることが大切です。

clitoris(クリトリス)

 

クリトリスのかゆみを予防する方法

クリトリスのかゆみを予防するため、ここでは、いくつかの方法を紹介しています。これらを意識しつつ、日常生活から見直していくようにしましょう。

1.生活リズムを整える

身体の抵抗力が落ちたとき、発症する病気も少なくありません。これらの病気を発症させないためには、生活リズムを整え、ストレスをためないことが大切です。


2.性器周辺を清潔を保つ

クリトリスの包皮内部は粘膜で、特に敏感な部位でもあります。かゆみを予防するためには、この周辺を清潔に保つことが大切ですが、この際、むやみに刺激しないよう気をつけましょう。

 

お風呂で洗う場合は、ボディソープではなく、デリケートゾーン専用のソープを利用します。その際、ソープをしっかりと泡立てたのち、前から肛門の順番で優しく洗うことが大切です。最後はシャワーでしっかりすすぎ、泡を残さないようにしましょう。


3.生理用品をこまめに交換する

生理用品は、さほど汚れていないように見えても、多くの細菌が繁殖しています。デリケートゾーンのおりものなどは細菌の栄養源であり、蒸れやすい環境でもあるため、細菌が繁殖しやすい部位です。

ナプキンなどの生理用品は長時間利用せず、2時間から3時間ごとに交換するようにしましょう。


4.デリケートゾーン専用のかゆみ止め薬を服用する

皮膚の炎症などが起こると、肥満細胞から分泌されるヒスタミンが原因でかゆみが生じます。こうしたかゆみを抑えるために服用するのが、ヒスタミンのはたらきを抑える抗ヒスタミン薬であり、炎症を抑える薬です。

塗り薬が処方されることもありますが、塗り薬の中にはアルコールが含まれるものもあります。アルコール成分によってかぶれや炎症がかえってひどくなりかねないため、ノンアルコールのものを利用するようにしましょう。

薬を塗った部位がヒリヒリ痛んだり、赤みが出た場合は、なるべく早く婦人科に相談することが大切です。

5.クリトリス包皮が長い場合はクリトリス包茎手術を行うべき

男性の包茎のように、クリトリスの包皮が長く切除した方が良い方もいらっしゃいます。また清潔にしているけれど垢がたまりやす、痒みや痛みが生じるかたは医師に相談してクリトリス包茎手術も検討した方がいいこともあります。

※クリトリス包茎手術は保険適用はではなく自費診療です。

クリトリス包茎手術についてはの説明をご覧ください。

記事監修

丹羽咲江
名古屋市立大学医学部
日本産科婦人科学会産婦人科専門医,日本性科学会 幹事,日本性科学会認定セックスセラピスト

-
-, , , , , , ,

執筆者:

最新記事