公開日:2019/01/25
最終更新日:2019/11/12

腟レーザー

投稿日:2019年1月25日 更新日:

モナリザタッチ

腟のうるおいを取り戻しましょう

今や、閉経したり還暦を迎えたりといった理由で、女性がセックスから距離を置く時代ではなくなりました。身体にはそれなりの変化が生じてはくるものの、パートナーとの愛を深めようと、セックスに前向きな女性が増えています。

実は、「女性ホルモンの減少=性欲の減少」ではありません。女性にも、性欲をつかさどるホルモン(男性ホルモン)が分泌されており、女性ホルモンの減少にともなって男性ホルモンのレベルが高まるのです。閉経した後、セックスしたいと思うことも決して不思議ではありません。

ところが、子育てに一区切りしてからパートナーとの距離が縮まり、再びセックスしようとして、これまで味わったことがないような痛みに襲われたというケースが少なくないのです。

これは、閉経などで女性ホルモンが低下することで引き起こされる症状です。女性ホルモンが低下することで、腟内のうるおいが減少したり、腟萎縮の症状が引き起こされるのです。こうなれば、セックスに際して痛みが出るのも当然です。

こうした症状は、閉経することでさらに悪化します。セックスにおける痛みの改善法として今注目を集めているのが、腟内にレーザーをあてること腟を若返らせる方法です。

これは、腟の壁全体にレーザーを照射し、コラーゲンを増やすことで弾力をもたせるというもの。炭酸ガスレーザーなどを当てて、腟の壁の血行をよくして、腟内のうるおいをアップさせていきます。

炭酸ガスレーザーを1ヶ月ごとに2回から3回ほど照射し、その後半年から1年に1回ほどの割合で照射すれば、効果を実感しやすいと言います。

年齢を重ねることで、腟のうるおいが低下したり萎縮したりするのは、どんな女性でも変わりありません。レーザー治療とまでいかなくても、セックスの際、腟内に潤滑ゼリーを塗ったり、骨盤の底の筋肉を鍛えるといった工夫も必要になります。

【腟レーザー早見表】腟レーザーは10種類もある?!

腟レーザー器械は数10種類あります。(※2019年弊社調べ。)CO2レーザーといわれる炭酸ガスレーザーから、YAGレーザー、RF高周波や超音波などあります。

腟レーザー器械名レーザー種類期待できる効果
モナリザタッチCO2モナリザタッチのページを御覧ください
フェミリフトC02フェミリフトのページを御覧ください。
インシェイプCO2インシェイプのページを御覧ください。
インティマレーザーSOOMTHモード(YAGレーザー)インティマレーザーのページを御覧ください。
ActionⅡYAGレーザー・1470ダイオードActionⅡのページを御覧ください。
ディーバYAGレーザーディバーのページを御覧ください。
ウルトヴェラ超音波と高周波ウルトラヴェラのページを御覧ください。
ULTLA FEMME360高周波(RF)ULTLA FEMME360のページを御覧ください。
サーミバー高周波(RF)サーミバーのページを御覧ください。
EVA高周波(RF)EVAのページを御覧ください。

レーザー照射種類(光源)の違い

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)とは

よくイボやほくろ除去に使われるレーザー器械です。炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)の特徴は水に反応するレーザーであることです。波長10600nmの赤外線の光を照射して生じた熱で、水分が瞬間的に水蒸気になることで皮膚が削られます。照射したポイントのみ削られるため、イボやほくろなどの治療に使用されています。
※フラクショナルレーザーをわかりやすく言うと超細かな穴をレーザーであける照射方法です。

YAGレーザーとは

CO2レーザーの波長の約3分の1で2940nmの赤外線の皮下を照射するレーザーです。炭酸ガスと比べレーザーを照射する組織のダメージが少ないと言われています。そのためレーザーの出力は炭酸ガスレーザーが強いため、ダウンタイムは少ないレーザーですが、何回が施術を行う必要があるかもしれないのがYAGレーザーです。
※YAGレーザーもCO2レーザー同様にフラクショナルレーザーとして使用することができます。

高周波(RF)とは

高周波=radio frequency(ラジオフリークエンシー)=ラジオ波。振動電流の周波数や波動が高い電流を指します。通常のラジオ波は300kHz〜3MHzですが、医療機関で使用されているラジオ波は、300kHz〜6MHzの高周波です。ラジオ波の特徴は照射した皮膚ではなく、照射部分の奥にある組織にラジオ波が届き、熱を生み出すことで組織が活性化させることが可能になります。
※エステで使用されている高周波器械と医療機関で使用されている高周波の周波数の差は周波数でいうと100倍も違うものがあります。

HIFUレーザーとは

HIFU=High Intensity Focused Ultrasound、日本語訳で高密度焦点式超音波といいます。シミ・シワのレーザー治療に仕様する炭酸ガスレーザーやYAGレーザーと違い、HIFUレーザーとはあまり聞き慣れないかもしれませんが、前立腺がんの治療にも仕様されている技術です。

HIFUのエネルギーは、超音波を1.5mm、3.0mm、4.5mmの深さに集束することができます。また超音波を集束することで60℃の温度によって、凝固壊死のレイヤーをつくり、リフトアップ(引き締め)の効果を細胞にもたらします。

レーザーの違いのまとめ

レーザー照射種類(光源)まとめ内容
CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)皮膚表面に照射。水分に反応する。
YAGレーザーCO2レーザーの3分の1の強さのレーザー。
高周波(RF)照射した奥の組織に聞く。熱は40度。
HIFU高周波より奥深くピンポイントに当てる。熱も高周波より高い60度。

腟レーザー治療の費用の相場は?!

腟レーザ器械によっても料金が違います。

※2019年5月現在(WEBサイトに記載ある、腟レーザー取扱医院83クリニックの調査による。分院は含まれておりません)
※モニター料金は含まれていません。

腟レーザー器械名平均施術費用(1回税別)
モナリザタッチ¥47,838
フェミリフト¥150,000
インシェイプ¥255,000
インティマレーザー¥145,862
ActionⅡ¥134,000
ディーバ¥200,000
ウルトヴェラ¥255,142
ビビーブ¥197,111
ULTLA FEMME360¥150,000
サーミバー¥134,738
EVA¥49,000

 

 

【まとめ】腟レーザー治療費用が安いランキングTOP10(腟レーザ器械別)

※WEB掲載している腟レーザー取扱医院83クリニックの腟レーザー平均費用を掲載しています。
※モニター料金は含まれていません。

1位 モナリザタッチ

2位 EVA

3位  ActionⅡ

4位 サーミバー

5位 インティマレーザー

6位 フェミリフト,URTLA FEMME360

7位 ビビーブ

8位 ディーバ

9位 インシェイプ

10位 ウルトラヴェラ

 

腟レーザーのQ&Aはこちら

モナリザタッチQ&A

diVa(ディーバ)Q&A

腟レーザーの対応クリニック一覧

みやはらレディースクリニック

腟の引き締めに効果的なエルビウムヤグレーザです 腟のゆるみ 腟の引き締め 腟の乾燥 腟縮小 膀胱炎 腟のにおい お風呂でお湯が入る(お湯もれ) 腟ペディア特典 1回 ¥50,000→¥40,000~( ...

トキコクリニック 梅田院

RF(高周波)によって膣の緩みを改善する治療法です。レーザーが粘膜の上層までしかいかない従来のCO2レーザーやYAGレーザーと違ってより深い層に作用し、強力なコラーゲン再生効果と膣引き締め効果を実現し ...

田中病院

当院は女性泌尿器外来を設置しております。泌尿器科は男性ドクターが多いですが、当院では女性ドクターが担当しておりますので安心して受診して頂けると考えております。インティマレーザーは尿漏れに効果的であると ...

西新宿杉江中央クリニック

メスを使用せず、腟のゆるみ・たるみを改善して腟のアンチエイジングをする『プチレディー』。従来のCO2レーザーよりも照射時の痛みや肌のダメージが少なく、ダウンタイムもありませんので忙しい方や急をようする ...

トキコクリニック 京都四条院

RF(高周波)によって膣の緩みを改善する治療法です。レーザーが粘膜の上層までしかいかない従来のCO2レーザーやYAGレーザーと違ってより深い層に作用し、強力なコラーゲン再生効果と膣引き締め効果を実現し ...

銀座TAクリニック

肥大化した小陰唇を小さくしたあり、左右で大きさが違う場合に形を整える手術です。 下着に擦れて痛い 見た目が良くない 下着が水着からはみ出る 汚れがたまる 尿が垂れる 腟ペディア特典10%OFF 252 ...

表参道レジュバメディカルクリニック

婦人科形成1,000件以上の施術経験の豊富な女性ドクターが美しく仕上げます。 手術7日後に抜糸で来院いただきます。 下着やズボンが擦れて痛い 排尿しずらい 水着や下着からはみ出る お股に尿が垂れる 黒 ...

オザキクリニック LUXE新宿院

切らない婦人科レーザー治療!アメリカFDAや欧州MedicalCEで認可されている信頼性の高い医療機器です。経験豊富な女性ドクターが対応しますのでご安心下さい。 小陰唇周辺(1回)にインティマレーザー ...

新宿TAクリニック

-腟レーザー,
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

最新記事