diVa

投稿日:2019年3月24日 更新日:

「diva」の特徴と効果を徹底解説

女性器に関する悩みが生まれるのはなぜ?

女性器の機能は、出産と閉経というイベントを通して、大きな変化のときを迎えます。

出産時において、腟とその周囲の組織は大きく引き伸ばされることになります。出産後、腟は修復しますが、周辺の組織は出産前の状態にまで戻ることがなかなかありません。出産前に引き伸ばされたことで、腟壁や会陰、その周囲の組織は傷つけられてしまうため、腟の機能も衰退してしまうのです。

また、閉経後には、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌が減少します。実は、このエストロゲンが腟の厚さや弾力に大きく影響しており、分泌が減少すると、腟が萎縮し始めるように。こうした変化によって、腟の乾燥や痛み、性交痛といった症状が引き起こされがちになるのです。

さらに、エストロゲンが減少することで、腟粘膜の上皮細胞に含まれるグリコーゲンの量も変化します。エストロゲンの減少に伴って、腟内を酸性に保つ働きがあるグリコーゲンも減少すると、バクテリアが繁殖してしまい、感染症のリスクが高まったり、これまでにないにおいを発するように。

こうした骨盤底筋の損傷や閉経による腟萎縮によって、ちょっとしたはずみで尿漏れしてしまうという腹圧性尿失禁の症状も引き起こされてしまいます。

女性器治療用レーザー「diva」の作用と効果

「diva」は、こうした女性器の問題を解決するために開発された女性器治療を専門とするハイブリッドフラクショナルレーザーの名称です。腟内に専用ダイレーターを挿入し、2種類のレーザーをむらなく照射することで、腟の弾力性や厚みを取り戻し、腟内の自浄作用を保つというもの。

腟の深部を加熱するレーザーは、腟の弾力性を維持するのに必要なコラーゲンやエラスチンを増生するために用いられるもので、腟の表面を代謝させるふたつ目のレーザーは、腟内の細胞の活性化、腟内のうるおい維持に効果があります。

これら2つのレーザーによって、腟のゆるみを改善すると同時に、女性器のにおいを改善したり、尿漏れの症状を緩和させるのですが、外科的な処置ではないため、痛みもほとんどありません。

患者さまお一人おひとりにオーダーメイドの治療を提供可能

「diva(ディーバ)」が優れているのは、患者さまお一人おひとりのニーズにお応えできるという点。上で挙げた2つのレーザーを組み合わせることで、患者さまごとによりよい治療結果を得られる、オーダーメイドの治療をご提供できるのです。

「diva(ディーバ)」を用いることで、腟のゆるみやうるおいの欠如、性交時の感度の低下、ストレス性の尿漏れといった症状の改善が期待できます。施術の対象となるのは、出産や閉経による腟のゆるみにお悩みの方、女性器のトラブルを抱えておられる方、尿漏れの症状を解消したい方など。

 

施術に際しては、治療する部位の深さを計測したうえで、レーザーヘッドを挿入したダイレーターで腟内を照射していきます。患者さまの治療部位や状態によっては、施術前に麻酔剤を塗布することもあります。施術そのものは3分から5分です、痛みはほとんどありませんが、腟の入り口にちょっとした違和感や熱感があるケースもあるため、局部麻酔を施すこともあります。

 

腟細胞を拡張するために用いる強化クオーツダイレーターは使い捨てできるため、ハンドピース消毒の手間がなく、交差感染のリスクを軽減してくれます。施術時間の短縮、施術の安全性向上のためにも重要なポイントです。

 

施術後に特別なアフターケアは必要ありませんが、おりものが出たり軽く出血する可能性があるため、生理用パッドで対応します。ダウンタイムはほとんど必要なく、すぐ日常生活に戻れるのも「diva」のメリットのひとつです。ただし、施術後48時間は性交(SEX)をお控えください。

「diva(ディーバ)」の施術効果を高めるためには、必要に応じてメンテナンスしつつ、1ヶ月ごとに3回の治療を受けるのがよいとされています。この治療回数は、患者さまお一人おひとりの状態に応じて異なりますので、医師にご相談ください。

diVAはモナリザタッチやFemiLiftのような腟レーザー治療と何が違うの?

モナリザタッチフェミリフト(FemiLift)は両方とも、CO2レーザーです。一方のdiVaレーザーは、Erbium:YAGレーザー(インティマレーザーおよびIncontiLaseと同じ)と1470ダイオードレーザー(一般的に静脈瘤およびレーザーリポに使用される)のコンボです。

CO2レーザーとErbiumレーザーはどちらも、非外科的膣若返りを目的に使用されることが多く、過去8年間ほどはこの点を中心に研究されてきました。1470ダイオードレーザーは、膣若返りのための研究がさほど広く行われてはいません。ごく最近機器が登場して以来、入手可能な比較データもない状態です。

-腟レーザー,
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

腟縮小手術

腟縮小手術とは? 出産などを契機に広くなったり緩んでしまった腟が気になっていて、腟を小さくしたい、腟の締まりをよくしたいとお考えの方におすすめなのが、膣縮小手術です。これは、内側を縫合し、腟下部を縮小 …

ULTRA FEMME 360

「ULTRA FEMME 360」の特徴と効果を徹底解説 お風呂に入ったときに腟にお湯が入ったり、お風呂をあがってからお湯がもられる、音が出るといった症状にお悩みの方は多数にのぼります。さらに、くしゃ …

処女膜切開・切除術

腟の入り口付近に存在する、穴の開いたヒダ状の粘膜を処女膜と呼びます。   一般的には厚さが1ミリほどで、中央部の小さな穴で外部と通じていますが、その形態には個人差があります。子ども時代に何か …

腟萎縮

年とともに老化するのは腟も同じ 年齢を重ねるにしたがって、お顔にはたるみやしわなどは出てきます。こうした変化は常日ごろからいやでも目に入ってくるものですが、これは女性ホルモン「エストロゲン」の減少が大 …

Gショット(性感帯・感度アップ施術)

【Gショット】性感帯・感度アップ施術とは Gショット(クリニックによって治療名が異なります。)とは、女性の性感帯のひとつであるGスポットにヒアルロン酸を注入して隆起させ、Gスポットの感度を上げる方法で …

最新記事