ThermiVa(サーミバー)

投稿日:2019年3月24日 更新日:

ThermiVa について

2018730日、FDAは「膣の『若返り』もしくは美容上の膣処置を行う装置の安全性と有効性はまだ確立されていない」と発表しましたが、FDAで認可を受けている「サーミRF」の高周波を用いています。

サーミーバー(ThermiVa)はS字型のハンピースです。このハンドピースを腟の内側(陰唇)に挿入することで高周波エネルギーを用いた非外科的治療で、アメリカの腟治療の最優秀治療器として受賞しています。

 

サーミバー(ThermiVa)は女性器の膣内から外側(小陰唇・大陰唇)や腟を引き絞める、また新しいコラーゲンを造成したりといった効果があります。治療に際しては通常、30分ほどの時間をとり、3回ほど通院していただくことで最良の結果を得ることができる女性器のアンチエイジング治療(フェミニンケア)です。

 

高周波を照射した直後から外陰部(デリケートゾーン)の引き締められた効果が見た目でも実感できます。また腟口や腟の内部を引き締めることも期待できます。腟の内部が引き締まることで、入浴中に腟内にお湯が入らなくなり、かつ尿漏れ改善の期待もできます。高周波を腟内に照射することで、腟内のコラーゲンが促進し、腟内環境のうるおいが保たれて、デリケートゾーンの様々な悩みを解消することも期待できます。

サーミバー(ThermiVa) のメカニズムは?

腟レーザーの特徴として膣内のコラーゲンを作り、コラーゲンの密度を高めて、腟の入り口や膣内の引き締め効果も狙いますが、サーミバーは皮膚の表面や粘膜に40度以上の熱を継続的に照射することで、線維芽細胞を刺激しコラーゲンを生成させる仕組みです。


徹底した温度管理ができる特殊なセンサーがサーミバーには搭載されているため、無痛(本当に痛くありません)で腟内の表面の温度42℃から45℃まで上昇することが可能です。そのため、腟内部は45~50℃まで上昇しているので、今までにない引き締め効果を実感できます。

 

腟レーザー治療は、大陰唇・小陰唇などの女性器と腟内に高周波を照射します。暖かく感じられるだけで、痛みは全くありませんので怖がらずに安心してください。施術時間は、30分もかかわらず、ダウンタイムもありません。

こんなお悩みの方にオススメの治療です。

軽度の緊張性失禁がある

膀胱の開口部の周りが締まると、尿漏れの症状は改善・解消する可能性があります。

 

腟の乾燥、刺激、そして頻繁な感染症がある

腟を刺激して十分なうるおいが出るようになると、通常のpH値に戻り、感染症のリスクも軽減します。より潤うことで、刺激を受けにくくなります。

 

痛みのあるセックスや、膣感覚が少なくなった経験がある

腟組織が若返ったりうるおいを取り戻すことで、性交痛治療にもなり、オーガズム機能不全の解消や性的な満足が増す可能性があります。

このような方には適応しません

重度の膀胱炎がある

こうした症状がある場合は、手術が必要になることもあります。

 

過活動膀胱による尿もれの症状がある

くしゃみ、笑い、またはその他の単純な圧力で尿もれしているのではない場合、ThermiVaはさほど役立ちません。

 

治療部位の近くに皮膚感染がある

何らかの感染をしている場合、その組織周辺を加熱すべきではありません。

 

癌を患っていたり、その可能性がある

この場合、高周波エネルギーが適用するかどうかが明確になっていません。

サーミバーの費用の相場について

¥134,738(税抜)です。

※14医院の平均料金で算出しています。(2019年8月)

-腟レーザー,
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

モナリザタッチQ&A④

Q:モナリザタッチでオーガズム(オルガズムス)を改善できますか? DR.Judy Corbettの回答 A:オーガズムに至るのに陰茎による刺激以外が必要だと感じておられるなら、それはごく一般的なことで …

病院を探す

地域から探す 北海道 東北 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島 北陸 新潟 富山 石川 福井 関東 茨城 栃木 千葉 東京 神奈川 埼玉 群馬 中部 山梨 長野 静岡 岐阜 愛知県 三重 関西 滋賀 …

デリケートゾーンの黒ずみの原因と解決方法

Contents1 デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?1.1 デリケートゾーンの黒ずみの原因①:メラニン色素の量1.2 デリケートゾーンの黒ずみの原因②:摩擦の頻度1.3 デリケートゾーンの黒ずみの …

クリトリス全史【カナダの「性欲と体」の最先端研究とは?】

クイーンズ大学の臨床心理学修士課程1年目の留学生ダン・タソーンは、米マサチューセッツ州の出身です。   彼が高校生の時に、「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」のチヴァースの研究を取り上げた記 …

尿失禁手術の歴史と手術方法について[2019.12.4公開]

尿失禁に悩む女性は3人や4人に1人いると言われており、どのような方にも尿失禁になる可能性があります。 しかし、尿失禁はとてもデリケートな病気であり、周りの方や家族にもなかなか相談できないという方が多い …

最新記事