menu

腟ペディア(チツペディア) 腟ペディア(チツペディア)


公開日:2019/05/29
最終更新日:2020/03/27

ULTRA FEMME 360

投稿日:2019年5月29日 更新日:

ウルトラフェミ360のロゴ

「ULTRA FEMME 360」の特徴と効果を徹底解説

お風呂に入ったときに腟にお湯が入ったり、お風呂をあがってからお湯がもられる、音が出るといった症状にお悩みの方は多数にのぼります。さらに、くしゃみしたり、ちょっとした荷物を持ち上げたときに尿漏れしてしまったり、性交時に痛みを感じたりと、これまでにない症状に驚いている方もおられるでしょう。デリケートゾーンが黒ずんできたとお考えの方も少なくないはずです。

 

これらは、加齢や女性ホルモンの低下にともなって腟がその弾力性を失い、ゆるみつつあるからです。

 

GSM(GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群))とは?

こうした変化によって外陰腟は萎縮し、腟の乾燥感やかゆみ、灼熱感、性交痛、尿漏れといった症状(GMS:GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群))がおこります。GSM(GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群))は閉経前後の女性のおよそ半数に生じる問題で、通常は閉経前後10年くらいで自覚症状が出ます。ホットフラッシュや抑うつ、不眠といった更年期障害の症状とは異なり、長年にわたって悪化し続けるのが腟萎縮の症状です。

ULTRA FEMME 360とは?

こうした腟萎縮の症状改善に効果があるのが、「ULTRA FEMME 360」です。

 

加齢や出産、生活習慣などによって、上皮層の基底膜の下にあるコラーゲンやエラスチン繊維が崩壊し、腟がゆるむといわれています。「URLTRA FEMME 360」は、基底膜への施術で繊維に熱を加え、活性化させ、腟組織を若返らせます。40度から43度の治療温度を少なくとも5分程度維持すれば、血流は増加し、組織への灌流も大きく改善されます。

「ULTRA FEMME 360」のメリット

外科的処置をせずに症状を改善できるのは、「ULTRA FEMME 360」のメリットです。さらに、360度照射できる画期的なデザインのアプリケーターを用いて超音波・高周波を同時に出し、8分という短時間で治療を終えられるのも「ULTRA FEMME 360」の特徴といえるでしょう。

 

照射された超音波・高周波は、皮下組織の血流を増加させます。これによってコラーゲンの産生が促され、腟粘膜下層が引き締められるとともに、腟粘膜には潤いが与えられます。

 

治療中は痛みがなく、心地よい程度の温かさを感じるだけ。さらに、ダウンタイムがないのも「ULTRA FEMME 360」の特徴のひとつです。治療後の赤みと腫れを感じる方もまれにおられますが、そのほとんどが数時間で消えますので、ご心配には及びません。

「ULTRA FEMME 360」の治療で改善が期待できる症状

「ULTRA FEMME 360」による治療が適用しない方

・生理中の方

・細菌性腟炎や、ヘルペス感染症、カンジダ腟炎といった生殖器感染症に罹患している方

「ULTRA FEMME 360」の費用の相場について

¥150,000(税抜)です。

※2医院の平均料金で算出しています。(2019年8月)

【前の記事】
腟レーザー
【次の記事】
腟萎縮