腟縮小手術

投稿日:2019年6月11日 更新日:

腟縮小手術とは?

出産などを契機に広くなったり緩んでしまった腟が気になっていて、腟を小さくしたい、腟の締まりをよくしたいとお考えの方におすすめなのが、膣縮小手術です。これは、内側を縫合し、腟下部を縮小する手術のことです。腟内で伸びてしまった筋肉を医療用の糸を使って引き寄せていくため、腟の入り口はもちろん、腟入口から奥まった部分までを狭小化することができます。一般的な粘膜法より効果を実感しやすいのが特徴です。

デリケートな部分を手術することに心配される向きも多いでしょうが、患者さまは手術中は眠って過ごされることになります。手術中にストレスを感じられることはほとんどありませんので、ご安心ください。

腟縮小手術の内容とは?

腟縮小手術を行う場合、一般的には、硬膜外麻酔を行います。麻酔後、腟口の肛門側を横に広く切開し、腟下部の粘膜を剥離していきます。肛門挙筋を3ヶ所から4カ所縫縮同定したうえで、横に切開した部分を縦方向に縫い合わせていきます。腟の入り口から外子宮口と呼ばれる奥のほうまで筋肉を寄せて縫合するため、手術効果を得やすいのです。

こうした手術を行った場合は、経腟分娩(けいちつぶんべん)が難しくなります。出産に際しては、帝王切開などをご選択いただくことになります。

腟縮小手術の流れ

ステップ1:術前検査を行う

硬膜外麻酔に備えて血液検査を行い、貧血やHIV・HCV・HBなどの感染症の有無、肝機能・腎機能などを確認していきます。

 

ステップ2:腟の粘膜を剥離する

腟口の肛門側を切開したのち、腟の粘膜を丁寧に剥離します。

 

ステップ3:腟の筋肉を引き寄せる

腟を縮小させるため、粘膜の下にあった筋肉を医療用の糸を使って引き寄せます。ここで用いる糸は、体内で徐々に溶けていくため、抜糸のために再度手術を行う必要はありません。

 

ステップ4:腟の筋肉を固定する

糸を使って引き寄せた状態が維持できるよう、筋肉を固定します。

 

ステップ5:腟の粘膜の余分な部分を切除する

筋肉が引き寄せ縮小したため、粘膜にも余分な部分が出てしまいます。余分な粘膜をここで切除します。

 

ステップ6:腟粘膜を縫合する

最後に、腟の筋肉から粘膜にかけてをしっかり縫合します。

 

腟縮小手術に関するQ&A

Q1:手術には通常、どのくらいの費用を見込んでおけばいいですか。

クリニックによって手術費用は異なりますが、一般的には30万円から60万円とお考えください。

 

Q2:手術にはどのくらいの時間がかかりますか。

通常、1時間から2時間で手術を終えることができます。

 

Q3:手術中、手術後の痛みはどのくらいと考えておけばいいですか。

手術中は、局所麻酔や静脈麻酔を行いますので、痛みを感じることはありません。ただし、筋肉まで縫合する分、術後1週間ほどは痛みがあります。痛み止めを使えば、日常生活に支障はありませんが、肉体労働を伴う場合は2日から3日ほどお休みをとることをおすすめします。

 

Q4:手術後、出血はありますか。

手術した当日から1週間ほどの間は、傷口から出血するかもしれません。出血している間は、ガードルなどで圧迫する必要があります。

 

Q5:手術後、入浴や運動、セックスなどに制限はありますか。

手術後は、感染予防のため、清潔にしていなければなりません。シャワーは、手術当日から浴びることができます。

 

入浴は、1週間をめどにしてください。ただし、プールや温泉、激しい運動などは、傷が落ち着くまでは控えておきましょう。手術後3週間をめどにしてください。また、手術後1ヶ月半たち、傷が柔らかくなったころから、セックスも可能です。手術後すぐは傷が硬く、痛みを伴うことがありますのでご注意ください。

Q6:術後、傷口の状態はどのようになりますか。

手術後10日目以降で抜糸をします。腫れや痛みは術後1ヶ月ほどでほとんどなくなるでしょう。ただし、傷が完全に治っているわけではありませんので、傷口に時折違和感があったり、ちょっとした痛みを感じる可能性があります。腟内部の傷は1ヶ月もすればきれいになりますが、外側にある傷はしばらく赤味がひかないかもしれません。手術後3ヶ月から6ヶ月ほどで完全に落ち着く人が多いようです。

腟縮小手術費用の相場を教えてほしい

膣縮小手術費用の相場:¥372,412

※【105医院の手術費用から相場を算出しています。(2019年8月7日現在)】

 

外科手術以外の腟縮小術について

膣縮小(ヒアルロン酸注入)

膣壁縮小(脂肪注入)

 

男性の感度を上げるための名器整形について

名器整形(腟内にヒアルロン酸を注入)

 

女性の感度アップ術(不感症治療)に関連する記事はこちら

 

デリケートゾーンに関する手術はこちらより御覧ください。

小陰唇縮小手術

大陰唇縮小手術

すそわきが手術

副皮切開手術

 

-女性器整形コラム,
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

病院を探す

地域から探す 北海道 東北 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島 北陸 新潟 富山 石川 福井 関東 茨城 栃木 千葉 東京 神奈川 埼玉 群馬 中部 山梨 長野 静岡 岐阜 愛知県 三重 関西 滋賀 …

インシェイプ

「インシェイプ」の特徴と効果を詳しく解説 「インシェイプ」は、CO2フラクショナルレーザーを用いたレーザー治療のことです。フラクショナルレーザーの照射による顔の治療の原理を腟の粘膜にも適用したもので、 …

女性の生殖や性行為に何らかの支障をきたした状態が女性性機能障害(FSD)

「性機能障害(Sexual Dysfunction:SD)」というと、男性をイメージする人が多いかもしれません。   しかし、実は、女性でも性機能障害を抱えた人は多数存在します。女性における …

ActionⅡ

「ActionⅡ」の特徴と効果を徹底解説 「ActionⅡ」は、1997年に設立されたレーザー医療機器企業ルートニック社が開発した機器のひとつで、5つのハンドピースを搭載したエルビウムYAGレーザー医 …

腟レーザー治療は火傷のリスクがある声明をFDAが発表

腟レーザーのリスク・副作用とは? 2018年7月30日、腟レーザー治療などの「腟のアンチエイジング」に根拠はなく、やけどなどの様々なリスクがあるとFDA(米食品医薬品局:日本の厚生労働省にあたる公的な …

最新記事