腟縮小術と陰唇縮小術、膀胱スリングを受けました。

投稿日:2019年6月29日 更新日:

私は、膣縮小術と陰唇縮小術、膀胱スリングをパール女性センターで行いました。

これらの手術によって、私がかかえるすべての問題を一気に解決したいと考えたのです。

術後1週目:手術はうまくいきましたが、術後1週間は、少し大変でした。

手術翌日、病院でカテーテルと神経パッドを取り外しましたが、不快感はあるものの、痛みなどはありませんでした。同時に、オキシコドンの服用をやめて、術後2日目からイブプロフェンの服用に切り替えました。イブプロフェンは、オキシコドンよりも鎮痛効果がありました。

術後2週目:2週目から、私は仕事を再開しました。

つらいときは座って過ごしたものの、オフィスのイスは快適なものではありませんでした。1日のほとんどを少し傾いて過ごしていたように思います。

術後3週目:腟と直腸の間に腫れがありますが、

それ以外で気になるところはありません。小陰唇のひとつが他よりも大きく感じますが、腫れているだけであればいいなと思っています。

最初の週から毎日シャワーを浴びています。お手洗いでトイレットペーパーを使って拭くとき、不快感があるため、衛生的でありたいと思っていたのです。不衛生にすることで、感染症などにかかりたくはありませんでした。

また、睡眠中にマットレスが血で汚れてしまうのが嫌で、ベッドの上に犬のトレーニングパッドをいくつか置いて過ごしています。術後8週間でセックスできますが、それが待ちきれない思いです。

術後8週間たちました。傷跡はほとんど消えています。少し敏感な部分もありますが、痛みはありません。

月曜日には最終チェックを受け、問題がなければ、セックスをしてみようと思っています。

とても残念なことが起こりました。手術によって、骨盤底は確かに引き締まりましたが、側面はその限りでなかったのです。指を入れてみると、開口部は平らで広くなっているように思えます。上下はしっかり引き締まっていますが、左右に動かすことができるのです。左右も指1本分の幅にするつもりだと術前に聞いていたため、本当にがっかりしました。実際には、3本分の指幅があり、指半分の高さです。

小陰唇縮小術も不均一なもので、左側の小陰唇は完全に欠けています。術前、小陰唇縮小術がもっとも簡単なものだと医師から聞いていたので、本当に悲しい思いです。


術後のメリットをあげると、くしゃみをした際の尿漏れがなくなりました。

術後10週間たって、セックスをしてみようと思い立ちました。

私は未婚ですし、そんなに飲むほうでもありません。少し神経質になり、数週間かけておもちゃで練習しました。手術について詳しく話さないままだったので、彼の反応もわからずじまいでした。結果、おもちゃで練習しておいて本当によかったです。同じ手術を受ける方にもおすすめします。

男性器を挿入するのは非常に難しく、痛みもありましたが、一度挿入できれば痛みもほんの少しだけになりました。でも、そんな痛みは些細なものでした。というのは、感度が劇的に上がったからです。

私は、息子を出産して以降24年間、男性器による腟への刺激だけでオーガズムに達したことがありませんでした。手術前、セックスで私が感じていたのは、腟に男性器が入ってくる感覚だけだったのです。

オーガズムこそ私が欲していたものであり、まさに驚きに満ちたものでした。私は、腟と陰唇の大きさにこだわりすぎていたように思います。陰唇は左右対称ではありませんが、その他はうまく機能しています。手術するだけの価値は、確かにありました。

手術によって、私が抱えていた問題のいくつかは解消できましたが、それは私が期待していたほど完全なものではありませんでした。

陰唇縮小術によって、余分な部分が切除され、タイトなパンツを身に着けても気にならなくなりました。咳やくしゃみをしても尿漏れしませんが、以前より膀胱コントロールできないように感じています。以前は、お手洗いを探しだすまで何とか我慢できていましたが、今は少しお手洗いを探し出すのに手間取ると、尿が漏れてしまうのです。お手洗いをすぐに利用できるわけではない仕事をしているので、これは問題です。

腟の開口部は、腟内部よりずっと引き締められており、セックスのあと痛みを感じるほどです。腟壁をコントロールすることは、術前に思っていたほど簡単なものではありませんでした。

Week 3

●次の口コミ:no.2彼は私の腟を「まるで搾乳マシンのようだ」と表現しています。

●次の口コミ:no.3【38歳 術後6週間後の経過】腟縮小手術を受けました!

 

女性の感度アップ術(不感症治療)に関連する記事はこちら

男性側の感度を上げるための【名器整形】について

名器整形(膣内にヒアルロン酸を注入)をご覧ください。

 

デリケートゾーンに関する手術はこちらより御覧ください。

小陰唇縮小手術

大陰唇縮小手術

すそわきが手術

副皮切開手術

 

-女性器整形コラム,
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

病院を探す

地域から探す 北海道 東北 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島 北陸 新潟 富山 石川 福井 関東 茨城 栃木 千葉 東京 神奈川 埼玉 群馬 中部 山梨 長野 静岡 岐阜 愛知県 三重 関西 滋賀 …

クリトリス全史【「悪魔の乳首」と呼ばれていたクリトリス】

自分の身体の一部であるにも関わらず、多くの女性にとって、その名前を口にするのも恥ずかしいクリトリス。   それはこの器官の歴史が、身体の他のどの部分よりも研究や承認されることが遅れたことが原 …

女性のカラダの「核(コア)」の部分を健康に美しく保つ秘訣【腟ケア】

「腟が若々しく美しい人は、見た目も若々しい」 若々しく美しい腟になるためには、顔や肌に大切な女性ホルモンと上手に生きていく必要があります。腟が健康を維持できるのは腟内部の粘膜にいる常在菌・デーデルライ …

クリトリス包茎手術

クリトリス包茎手術とは クリトリス(陰核)というのは、小陰唇上部にある、突起した部分のことです。ここは、男性の亀頭にあたる部分で、性生活における女性の感度を高める神経が集中する場所です。クリトリスの大 …

クリトリス全史【クリトリスは楽しく生きるためのヒント?!】

2020年も目前に控えた現在でも、アフリカの一部では、クリトリス切除の風習が残っています。衛生面などの医学的問題に加えて、こうした風習は精神的苦痛も伴います。   そして、現在、クリトリス切 …

最新記事