ビビーブ

投稿日:2019年3月22日 更新日:

Viveve(ビビーブ)について

外来ベースで可能な、新しいタイプの腟弛緩治療法です。

 

メスを用いた外科的処置や組織のアブレーション(焼灼)などが一切ないので、出血はせず、麻酔の注射などもありません。ビビーブは、制御された高周波(RF)エネルギーを利用して低温熱を発生させ、その熱が粘膜下層に達する際、同時に腟粘膜表面を冷却する仕組みです。高周波エネルギーの熱で腟壁の粘膜下に組織変化を起こし、組織内のコラーゲンの再構築や新しいコラーゲンの成長を促進します。

 

ビビーブは、コラーゲンの造成を促すものですが、実は、たとえ手術をしたとしても腟壁の細胞を活性化させることはできません。このため、以前手術を受けた部位にさらなる効果を望まれる方や腟壁のコラーゲンを増やしたいという方に最適なシステムなのです。医療機器としてヨーロッパCEマークも取得しており、安心して治療を受けていただけます。また、1度の施術で治療をすませるので、何度も通院する必要がなく、傷跡も残りません。

 

腟のゆるみを解決しようと運動してもなかなか効果がなかった、手術への恐怖心がある、お悩みで運動で効果が得られなかったという方でも受けられる治療であり、施術を受けた方の約90%がビビーブシステムによる腟の引き締めで効果を実感しておられます。

Viveve(ビビーブ)はこんな方におすすめです。

腟トレなどのトレーニングが苦手な方に

「腟のサーマクール」とも呼ばれるビビーブでは、腟トレでは効果の得られなかった方であっても、コラーゲンをしっかり増やすことができます。これによって、腟の引き締め効果を実感できるのです。

 

病院への通院が難しい方に

専門機関にある専用の装置で筋肉トレーニングを行う方法もありますが、何回も通院するのが困難な方も少なくありません。ビビーブなら、一度の施術ですみますので、通院やトレーニングに費やす時間を心配する必要はありません。

 

腟のゆるみが気になる,,,

ビビーブは、高周波エネルギーを用いて腟内部を収縮するため、腟の引き締め効果が見込めます。さらに、腟壁の細胞を活性化してコラーゲンの増生を促進する働きは、手術では得ることができない効果です。女性器の形状としては問題がないと診断されたにもかかわらず、腟のゆるみが気がかりだという方に最適な治療法です。

 

男性に「ゆるい」と言われて悩んでいる方は

パートナーに腟のゆるみを指摘されたり、パートナーの反応が気になるにもかかわらず、手術には二の足を踏んでしまうという方も多数おられるでしょう。ビビーブは、外科的手術ではないため、痛みや出血がありません。身体的・精神的負担の少ない治療法です。

 

 

Viveve(ビビーブ)の費用の相場について

¥197,111(税抜)です。

※10医院の平均料金で算出しています(2019年8月)

-腟レーザー,
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

名器整形

整形で名器になる方法 自然な状態では、「男性が忘れられないような快感を与えうる女性器」いわゆる「名器」はごくまれなものです。セックスで男性の心をしっかりつかみたいけれど、自分は名器ではないし……とお考 …

クリトリス全史【「悪魔の乳首」と呼ばれていたクリトリス】

自分の身体の一部であるにも関わらず、多くの女性にとって、その名前を口にするのも恥ずかしいクリトリス。   それはこの器官の歴史が、身体の他のどの部分よりも研究や承認されることが遅れたことが原 …

Gショット(性感帯・感度アップ施術)

【Gショット】性感帯・感度アップ施術とは Gショット(クリニックによって治療名が異なります。)とは、女性の性感帯のひとつであるGスポットにヒアルロン酸を注入して隆起させ、Gスポットの感度を上げる方法で …

腟縮小手術

腟縮小手術とは? 出産などを契機に広くなったり緩んでしまった腟が気になっていて、腟を小さくしたい、腟の締まりをよくしたいとお考えの方におすすめなのが、膣縮小手術です。これは、内側を縫合し、腟下部を縮小 …

クリトリス全史【VセルフィーとVIOのお手入れについて?】

デンマーク出身の舞台女優ミエカ・ドビー(28)は、自身のみならず、彼女の友人たちも芸術的なVセルフィーを撮っていると語ります。   「とくに遠距離恋愛だと、そうすることが相手を近くに感じられ …

最新記事