menu

公開日:2021/04/25
最終更新日:2021/09/03

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいの日本人にあるの?8300人の小陰唇・大陰唇の黒ずみについて医師が調査してみた。

記事監修

丹羽咲江
名古屋市立大学医学部
日本産科婦人科学会産婦人科専門医,日本性科学会 幹事,日本性科学会認定セックスセラピスト

投稿日:2021年4月25日 更新日:

小陰唇の黒ずみ

実際にはどのくらいの日本人にデリケートゾーンの黒ずみがあるのか?

1995年発刊に発刊した『日本女性の外性器 統計学的形態論』当時滋賀医科大学助教授だった笠井寛司先生が著者。15年間かけて8300人の女性器を分析。

大陰唇

大陰唇から大腿内側への黒ずみが強いものは全体の61.7%

大陰唇色素沈着 人数(%)
全域無着色 28(0.3%)

 

発毛領域以内の着色

淡い褐色 200(2.4)
褐色 349(4.2)
黒褐色 293(3.5)

 

発毛領域に一致した着色

淡い褐色 435(5.2)
褐色 1628(19.5)
黒褐色 3047(36.6)

 

発毛領域外着色

淡い褐色 84(1.0)
褐色 468(5.6)
黒褐色 1400(16.8)
大腿内側にも着色 強度黒褐色 398(4.8)
合計 8330(100)

小陰唇の黒ずみが強いものは全体の63.4%

小陰唇

大陰唇色素沈着 人数(%)

 

辺縁着色型

※辺縁とは腫瘤や臓器の境界の内側部分

淡い褐色 199(2.4)
褐色 597(7.2)
黒褐色 950(11.4)
全体無着色 171(2.1)

 

全体着色型

淡い褐色 368(4.4)
褐色 1710(20.5)
黒褐色 4335(52.0)
合計 8330(100)

外陰部の黒ずみのお悩みのまとめ

女性器

・黒ずみの原因はホルモンバランスの乱れや摩擦などによる刺激。

・ピーリングや腟レーザーなど様々なものが開発されていて、効果も値段も様々。

日本人の約6割は黒ずみの色素沈着が強いので、あまり気にしすぎない方が良いのかもしれません

デリケートゾーンの原因と治療法のページはこちら

657人の女性器の平均値、最大値、最小値は?

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成