「クリトリス」に関する記事 一覧

白い下着姿でうつ伏せに横たわっている女性

【オーガズム】クリトリスと尿道口が3センチ以上ならバックを選びなさい!

セックスをしている人の中には、体位によって感じにくかったり、感じやすかったりすることはありませんか? 今回は腟の位置によって、オススメの体位が変わってくるというお話をしていきたいと思います。 女性器に …

銀座で小陰唇縮小術ができる評判の良い病院 おすすめ6選

銀座で小陰唇縮小術ができる評判の良い病院 おすすめ34選

銀座で評判が良い小陰唇縮小術ができる病院をお探しですか? 小陰唇縮小術とは、小陰唇を切除することで肥大化した小陰唇を小さくしたり、左右で大きさが違う場合に形を整える手術のことです。 小陰唇が肥大化して …

女性器の名称

【657人の女性器の平均値、最大値、最小値を測定】スイス・ルツェルン州立病院の医師が調査!

『大規模な腟の研究にて「正常」というものは存在しないことが示された』 2019年6月29日に英国の科学雑誌のオンライン版にて『大規模な膣の研究にて「正常」というものは存在しないことが示された』と題した …

オーガズムに達している女性の顔

オーガズム(イク)に関する国際的な調査結果について

英国のコンドームブランドDurex社の性調査結果【26032人を対象】 は、『Sexual Well being Global Survey』という調査を行い、世界各国の年間性交回数などを公表してきま …

羽の生えた魔女が白いドレスを着ている

クリトリス全史【「悪魔の乳首」と呼ばれていたクリトリス】

自分の身体の一部であるにも関わらず、多くの女性にとって、その名前を口にするのも恥ずかしいクリトリス。   それはこの器官の歴史が、身体の他のどの部分よりも研究や承認されることが遅れたことが原 …

GSPOT(Gスポット)

女性の腟内にあるとされる「Gスポット」は存在するのか

女性がオーガズムを得られるものとして「クリトリス」と「Gスポット」の存在が知られているが、実際に感覚的なものではなく科学的にGスポットは証明されているのでしょうか。   結論からお伝えすると …

小陰唇縮小術のBEFORE AFTER

副皮切除術

副皮は、小陰唇と大陰唇の間(小陰唇の前面)にあるヒダ状の皮膚で、クリトリス包皮に連続しています。小陰唇とつながっているため区別しにくく、混同されていることも多数あります。小陰唇が肥大していたりクリトリ …

マドンナ

クリトリス全史【Vセルフィーマドンナは25年前にマタを開いていた】

思わず目を見張るような仰向けになった女性の局部、腿の部分や下腹部がクローズアップされ、デフォルメされて描かれた世界的な有名画家ギュスターヴ・クールベの「世界の起源」という名画は、1866年にオスマン帝 …

vio

クリトリス全史【VセルフィーとVIOのお手入れについて?】

デンマーク出身の舞台女優ミエカ・ドビー(28)は、自身のみならず、彼女の友人たちも芸術的なVセルフィーを撮っていると語ります。   「とくに遠距離恋愛だと、そうすることが相手を近くに感じられ …

黒い下着を着ている女性がベッドの上でセルフィーしている

【クリトリス全史】ミレニアル世代がはまる「Vセルフィー」とは?

腟を美しく撮影し、恋人に送信する女性 次は、ミレニアル世代がはまる「Vセルフィー」の奥深い世界についてご紹介しましょう。   時を遡ること今から8年前の感謝祭のこと、マット・シルバーが実家で …

男性と女性がキスをしている

クリトリス全史【カナダの「性欲と体」の最先端研究とは?】

クイーンズ大学の臨床心理学修士課程1年目の留学生ダン・タソーンは、米マサチューセッツ州の出身です。   彼が高校生の時に、「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」のチヴァースの研究を取り上げた記 …

マウス

クリトリス全史【ラット(ネズミ)にもオーガズムあり?!】

フォウスは、ラットのクリトリスを極細の筆で刺激する研究で注目を集めています。それによると、ラットは人間のオーガズムに似た反応を見せており、クリストスを刺激されると声をあげるといいます。そしてさらなる刺 …

羽の生えた魔女が白いドレスを着ている

クリトリス全史【性の研究者に対する制裁−魔女狩り】

2003年に、シカゴのノースウェスタン大学にて博士号をチヴァースは取得しています。その後は米国で着々とキャリアを築いていくことになるはずでしたが、そこに登場したのが、魔の「ブラックリスト」です。 &n …

フローレンス・ベクターさん【「ヴァギナ・ミュージアム」のディレクター兼創設者】

クリトリス全史【博物館オープンに燃える一人のイギリス女性の挑戦!】

「アイスランドにはペニス博物館が存在するというのに、女性器の博物館が世界中どこを探してもないなんておかしい!」 と、「ヴァギナ・ミュージアム」のディレクター兼創設者、フローレンス・シェクターさんは声高 …

女性が妖艶にこちらを見つめている

クリトリス全史【メスを入れたら一番痛そう!整形手術をする少女が激増の訳とは?】

ところで、美容整形の手術実績が多い国はどこでしょうか?日本だとお隣の国、韓国が整形大国として有名ですよね。   しかし国際美容外科学会(ISAPS)の調査では、整形大国のトップは米国で、次い …

個性的な女性4人がベンチに座り犬が1匹座っている

クリトリス全史【クリトリスは楽しく生きるためのヒント?!】

2020年も目前に控えた現在でも、アフリカの一部では、クリトリス切除の風習が残っています。衛生面などの医学的問題に加えて、こうした風習は精神的苦痛も伴います。   そして、現在、クリトリス切 …

下着姿の男性と女性が愛撫しそうな

クリトリス全史【 Actively talk about sex!】

恥ずかしがらずに、もっとセックスの話をしよう! もっとも、「クリトリス革命」は世の中の男性を敵に回すことが目的では全くありません。   「性」についてもっと本気で語るために、ほとんどの女性が …

ヴァギナ・モノローグスの演者6名

クリトリス全史【『ヴァギナ・モノローグス』の衝撃!!】

女性のセクシュアリティを独白(相手なしに、ひとりでせりふを言うこと) 今年2月18日、『ヴァギナ・モノローグス』というアメリカの演劇作品が、表参道の東京ウィメンズプラザで上演されました。   …

黄色いバナの中心部の人差し指と中指で触れている

クリトリス全史【アート作品でモチーフにされているクリトリス】

女性の手による芸術作品で描かれているクリトリス 太古の昔から、芸術作品においては、男性のペニスは勃起した状態を中心に萎えた普通の状態のものもその「シンボル」として、ひんぱんに描かれてきました。 &nb …

clitoris(クリトリス)

クリトリス全史【クリトリスの神経の数は男性器の2倍!!】

20世紀末の発見 1998年、元アメリカ大統領のビル・クリントンは、偽証と司法妨害の疑いで、アメリカ上院の法廷に被告人として立っていました。   それは彼が「性的関係」の意味を自ら変えようと …

最新記事