副皮切開術

投稿日:2019年8月22日 更新日:

副皮は、小陰唇と大陰唇の間(小陰唇の前面)にあるヒダ状の皮膚で、クリトリス包皮に連続しています。小陰唇とつながっているため区別しにくく、混同されていることも多数あります。小陰唇が肥大していたりクリトリス包茎がある方は、副皮も肥大しているケースが少なくありません。

 

副皮には個人差があり、全くない方がいる一方で、片側だけにあったり、二重、三重にあったりします。その大きさや位置も人それぞれで、どのようなかたちであっても異常ではありません。

 

そのため、手術が必要なケースはないのですが、ヒダ状になった部位に汚れや垢がたまりやすいのも事実です。副皮の汚れや垢が臭いや炎症の原因になったり、デリケートゾーンの見た目に大きく影響を与えるため、治療を希望される方がおられます。副皮切開術は、こうした要望に即して提供する手術です。

 

副皮切開術は、副皮と小陰唇とのバランスを保つため、小陰唇縮小手術と同時に行われる場合が多数です。また、小陰唇縮小手術を行おうとして、小陰唇とつながっている副皮を一緒に切除するケースも少なくありません。

 

こんなお悩みがある方におすすめ

デリケートゾーンの臭いが気になったり、蒸れたかゆみがある方

副皮のヒダの間に汚れや垢がたまることで、臭いの原因になったり、かゆみを感じたりします。副皮切開術によって、臭いやかゆみなどを軽減できる可能性があります。

副皮が大きくて、デリケートゾーンの見た目がよくないと感じている方

副皮は、小陰唇の肥大や陰核の包茎などとは異なり、切除することに機能的な問題を抱えることはありません。副皮の大きさにコンプレックスを感じている場合は、対処法として副皮切開術を受け、デリケートゾーンをすっきりと見せることもできます。

 

副皮切開術の特徴

副皮切除術は、デリケートゾーンの臭いやかゆみ、小陰唇とのバランスといった悩みの解消を目的に、副皮とよばれる小陰唇前方の皮膚を切除し、その見た目を整える手術のことです。副皮がある方は小陰唇肥大や陰核肥大、陰核包皮の余剰といった問題を抱えている場合が多く、全体のバランスを整えるために小陰唇縮小術陰核包皮形成術(クリトリス包茎手術)を受けるケースがよくあります。

 

副皮切開術後の経過と注意点

術後、1日から2日ほど傷口からにじむ程度の軽い出血があったり、痛みがあったりしますが、痛み止めを内服すれば日常生活を送るのに支障がない程度です。出血がある場合は、ガードルなどで圧迫していきます。手術翌日から仕事する方も多数おられますが、心配な場合は翌日までお休みをとりましょう。

 

手術翌日からシャワー浴が可能です。術部を清潔に保ち、感染を防ぎましょう。感染防止の観点から、入浴は術後1週間までお控えください。飲酒や運動なども術後1週間たってからです。パートナーとの性行為は、術後1ヶ月たつまでお待ちください。

 

術後10日で抜糸し、1ヶ月もたてば大きな腫れもなくなります。切開部の赤味なども薄くなり、見た目も落ち着きますが、傷が完治したわけではありません。傷口が硬く感じたり、違和感があったり、ときおりぴりっとした痛みを感じたりすることがあります。個人差があるものの、術後3ヶ月から6ヶ月もすれば完全に落ち着きますので、ご安心ください。

 

 

デリケートゾーンに関する手術はこちらより御覧ください。

小陰唇縮小手術

大陰唇縮小手術

すそわきが手術

副皮切開手術

 

性感帯・感度アップ手術の関連記事はこちら

男性側の感度を上げるための【名器整形】について

名器整形(膣内にヒアルロン酸を注入)をご覧ください。

-女性器整形コラム,
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

クリトリス全史【クリトリスは楽しく生きるためのヒント?!】

2020年も目前に控えた現在でも、アフリカの一部では、クリトリス切除の風習が残っています。衛生面などの医学的問題に加えて、こうした風習は精神的苦痛も伴います。   そして、現在、クリトリス切 …

女性の腟内にあるとされる「Gスポット」は存在するのか

女性がオーガズムを得られるものとして「クリトリス」と「Gスポット」の存在が知られているが、実際に感覚的なものではなく科学的にGスポットは証明されているのでしょうか。   結論からお伝えすると …

腟レーザー治療は火傷のリスクがある声明をFDAが発表

腟レーザーのリスク・副作用とは? 2018年7月30日、腟レーザー治療などの「腟のアンチエイジング」に根拠はなく、やけどなどの様々なリスクがあるとFDA(米食品医薬品局:日本の厚生労働省にあたる公的な …

腟縮小ヒアルロン酸注入

腟縮小ヒアルロン酸注入法とは? 加齢や出産などが原因で、腟や骨盤を支えている靭帯や筋肉が緩むと、腟の内部が広がってしまいます。腟壁が緩み、弾力や圧力が落ちてしまうと、セックスの際の感度が低くなってしま …

ActionⅡ

「ActionⅡ」の特徴と効果を徹底解説 「ActionⅡ」は、1997年に設立されたレーザー医療機器企業ルートニック社が開発した機器のひとつで、5つのハンドピースを搭載したエルビウムYAGレーザー医 …

最新記事