menu

公開日:2019/09/11
最終更新日:2021/05/24

すそわきが手術【デリケートゾーンのにおい対策】

投稿日:2019年9月11日 更新日:

すそわきが手術【デリケートゾーンのにおい対策】

Contents

スソワキガについて

わきがのような臭いがするのは、脇の下だけ――そう考えるのは間違いです。

 

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があり、身体のあちこちに点在しています。このうち、アポクリン汗腺から出る白っぽい汗には粘り気があり、脂質やたんぱく質、アンモニア、鉄分などを含んでいます。アポクリン腺からでる汗の成分が常在菌に分解され、独特の臭いになります。この代表格が、わきがです。

 

アポクリン汗腺はわきの下に多く存在しますが、実はわきの下以外にも、乳輪や外耳道、デリケートゾーン、VIOなど毛根のある場所にも点在しています。このため、わきの下だけでなく、乳輪まわりやデリケートゾーン(VIO)などで臭いが発生するのです。こうしたデリケートゾーン(VIO)周辺の臭いを、「すそわきが」と呼びます。

ワキガ・スソワキガの手術法について

剪除法

ワキガ・スソワキガの原因となるアポクリン線は、脂肪酸・尿素・色素・アンモニア・鉄分などの成分を分泌します。それらの成分のうちの脂肪酸が細菌によって分解され、悪臭を発するといわれています。剪除法は、悪臭の元であるアポクリン線を除去する治療法です。

ワキガ手術の中では最もスタンダードな手術です。

ワキの下の毛が生えている部分を4~5cm程度切開し、アポクリン腺を除去します。

 

剪除法で治療することのメリット

・手術中は局所麻酔を行うため痛みがない

・除去した部分のワキガに関しては効果がある

・8割程度のアポクリン線を除去することができる

・健康保険が適用されるため、費用が安い

 

剪除法で治療することのデメリット

・広範囲に皮膚を剥がすことができないスソワキガ・チチガにはあまり効果がない

・切除できるのは中心部だけなのでワキの周りの部分にはあまり効果がない。広範囲に切除を行うと、切開した皮膚が元に戻るまで入院を伴う長期安静が必要になる

・傷口を固定する際、肩関節をしっかり固定する必要があるため、回復するまで日常生活に不自由になる

・傷口が塞がるまで時間がかかる

・傷跡が残りやすい

・傷口が塞がった後、「粉瘤」という皮脂の塊ができて摘出する手術が必要になる場合がある

 

剪除法で治療するのがおすすめの人

・コスト重視の方

・治療に時間をかけたい方

・傷跡が残っても気にならない方

 

皮膚切除

皮膚切除では、ワキガの原因であるアポクリン線の数を減らすことができるため、悪臭の抑制には効果があります。手術時間は90分ほどで、日帰り手術が可能です。しかし、皮膚を切除してしまうため、引きつれが強くなってしまいます。

 

皮膚切除で治療することのメリット

・手術中は局所麻酔を行うため痛みがない

・皮膚を除去した部分のワキガに関しては効果がある

・健康保険が適用されるため、費用が安い

・日帰り手術が可能

 

皮膚切除で治療することのデメリット

・スソワキガ・チチガには施術できない

・ワキの周りの部分にはあまり効果がない。

・傷口が塞がるまで時間がかかる

・大きな傷跡が残りやすい

・皮膚がひきつれ、稼働制限が起こる可能性がある

 

皮膚切除で治療するのがおすすめの人

医学が発達した現代においては絶対に行ってはいけない治療法です。現在、皮膚切除による治療を行っている医療機関はほとんどありません。

 

超音波メスによる手術

陰毛(VIO)のある部位の上端の左右4ヵ所を5mmほど切開し、そこから超音波メスのハンドピースを挿入して、方向を変えながら動かしていきます。局所麻酔を用いるため、入院する必要はありません。

手術には局所麻酔を用い、2時間ほどで終了するため、入院は不要です。術後2日~4日でタイオーバーを除去し、2週間後に抜糸します。タイオーバーを除去すればシャワー浴が可能ですが、入浴は抜糸を終えるまでお控えください。

抜糸後は皮膚が硬くつっぱり、黒っぽい色に変化しますが、3ヶ月から6ヶ月ほどたつと次第に柔らかくなります。2年もすれば、色素沈着も少なくなりますので、ご安心ください。

超音波メスによる手術で治療することのメリット

・超音波メスを使用することで、より深いところまでわきが手術を行える

・剪除法と同程度の効果が期待でき、手術創も小さい

 

超音波メスによる手術で治療することのデメリット

・脱毛や皮膚炎などの副作用が起こることがある

・血腫や出血、内出血といった症状が出ることがある

・遺伝的な要因で傷跡が目立うことがある

・術後にも微妙に左右不対象の状態のままということがある

 

クアドラカット

剪除法や皮膚切除では、傷跡が大きく残ってしまったり、アポクリン線の取り残しによる再発などのデメリットがありましたが、クアドラカットはそのようなデメリットが最小限に抑えられた治療法です。大学病院と共同で開発された、安全な治療法のため、小さな子供でも手術を受けることができます。

剪除法や皮膚切除とは異なり、肉眼で見えないような小さなアポクリン腺まで取り残しなく除去できます。

 

クアドラカットで治療することのメリット

・手術中は局所麻酔を行うため痛みがない

・手術時間が短いため身体への負担が少ない

・傷跡が小さく、ほとんど残らない

・臭いの強い人ほど効果がある

・発汗量の減少や脱毛の効果も期待できる

・再発の可能性が低い

・スソワキガ、多汗症にも効果がある

 

クアドラカットで治療することのデメリット

・健康保険が適用されないため、費用が高い

 

クアドラカットで治療するのがおすすめの人

・ワキガの臭いが強い人

・再発したくない人

・女性や小さな子供

・傷跡を残したくない方

・費用よりも効果を重視する人

 

EL法

従来の切る治療法とは異なり、高周波エネルギーを照射することのできる針を刺すことで、臭いや汗の元となるアポクリン腺やエクリン腺を破壊します。

ランダムに針を刺し、正常な部分にも高周波エネルギーを当てるビューホットとは異なり、EL法はピンポイントに汗腺を破壊するため、高度な技術が必要な治療法です。

そのため、施術できる医師が少なく、あまり普及していません。看護師や無資格者がEL法を電気分解法と称して、電気脱毛のごとく施術を行っている施設もありますが、そのような施設で治療を行うと、効果がない上に思わぬトラブルが起こることもあり、非常に危険です。治療を受ける際は、必ず熟練した医師が施術を行う医療機関かどうか調べましょう。

 

EL法で治療することのメリット

・施術時間が20分程度と短い

・使用する麻酔が少なくすむため身体への負担が少ない

・ダウンタイムがないため、施術を受けた当日から普段通りの生活が可能

・小さな子供でも施術が受けられる

・スソワキガ・チチガ・多汗症の治療にも効果がある

・軽度~重度まで効果がある

・即効性があり、効果が長く持続する

・傷跡がほとんど残らない

 

EL法で治療することのデメリット

・健康保険が適用されないため、費用が高い

・施術を受けられる医療機関が少ない

 

EL法で治療するのがおすすめの人

・ワキガ・スソワキガ・チチガ・多汗症で悩んでいる人

・切らずに治療したい人

・即効性を求める人

・効果が持続する治療法を求めている人

・小さな子供

・傷跡を残したくない方

・費用よりも効果を重視する人

 

ミラドライ

ミラドライは切らずにワキガ・スソワキガ・多汗症を治療することができます。日本で唯一厚生労働省とアメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を得ている最新治療です。

患部に電磁波を照射して、アポクリン腺やエクリン腺を破壊していきます。1回の照射だけでも効果が高く、長く効果が持続します。

 

ミラドライで治療することのメリット

・施術時間が片側30分程度と短い

・ダウンタイムがないため、施術を受けた当日から普段通りの生活が可能

・小さな子供でも施術が受けられる

・スソワキガ・多汗症の治療にも効果がある

・軽度~重度まで効果がある

・即効性があり、効果が長く持続する

・傷跡がほとんど残らない

 

ミラドライで治療することのデメリット

・健康保険が適用されないため、費用が高い

・施術を受けられる医療機関が少ない

・チチガは治療できない

 

ミラドライで治療するのがおすすめの人

・ワキガ・スソワキガ・多汗症で悩んでいる人

・切らずに治療したい人

・即効性を求める人

・効果が持続する治療法を求めている人

・短期間で治療を済ませたい人

・厚生労働省などの認可を受けた安心の治療を受けたい人

・小さな子供

・衣服の汗ジミなどが気になる方

・両親がワキガの方

・傷跡を残したくない方

・費用よりも効果を重視する人

 

ウルドライ

切らずにワキガ・スソワキガ・多汗症を治療することができます。チチガにも対応しているため、ミラドライで治療できなかった方に適した治療です。ウルドライは、元々前立腺がんやたるみの治療に使われてきた、高密度焦点式(HIFU)の治療機器・「ウルセラシステム」を用いてアポクリン汗腺やエクリン汗腺を広範囲に破壊していきます。ウルセラシステムは、アメリカのFDAに承認されているため、安全で効果が非常に高いシステムです。

効果はEL法には劣りますが、手術よりも広範囲に治療できるため確実に効果を実感できます。

ミラドライやビューホットのように患部に熱傷を起こすリスクは極めて少ないです。高密度の照射を2層行えば、ミラドライ、ビューホットと同等以上の効果が期待できます。

 

ウルドライで治療することのメリット

・ダウンタイムがないため、施術を受けた当日から普段通りの生活が可能

・小さな子供でも施術が受けられる

・チチガ・スソワキガ・多汗症の治療にも効果がある

・即効性があり、効果が長く持続する

・傷跡がほとんど残らない

 

ウルドライで治療することのデメリット

・健康保険が適用されないため、費用が高い

・EL法よりは効果が劣る

 

ウルドライで治療するのがおすすめの人

・ワキガ・チチガ・スソワキガ・多汗症で悩んでいる人

・切らずに治療したい人

・即効性を求める人

・効果が持続する治療法を求めている人

・短期間で治療を済ませたい人

・アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けた安心の治療を受けたい人

・両親がワキガの方

・傷跡を残したくない方

ボトックス

ボトックス治療では、ボツリヌス菌によって作られる、天然のたんぱく質が主成分の薬を外陰部に注入します。ボトックス注射を行うことで陰部からの発汗が抑えられ、大体6ヶ月弱程度の持続効果が期待できます。

効果が低減してきて、再び臭いが気になってきたら再びボトックス注射を行います。

さまざまな種類のボトックスがあり、厚生労働省承認のボトックスなど信頼性の高いものを選ぶことで安心して治療を受けられます。

定期的に注射を行うことでアポクリン汗腺とエクリン汗腺が徐々に萎縮していくため、治療を継続していくと、持続期間が1年以上に長くなったり、消臭効果が倍増することがわかっています。

 

ボトックスで治療することのメリット

・麻酔クリームを塗ってから打つため、痛みはほとんどない

・ダウンタイムがないため、施術を受けた当日から普段通りの生活が可能

・小さな子供でも施術が受けられる

・ワキガ・スソワキガ・多汗症の治療にも効果がある

・即効性があり、半年ほど効果が持続する

・傷跡がほとんど残らない

 

ボトックスで治療することのデメリット

・定期的に注射を行う必要がある

 

ボトックスで治療するのがおすすめの人

・ワキガ・チチガ・スソワキガ・多汗症で悩んでいる人

・切らずに治療したい人

・即効性を求める人

・効果が持続する治療法を求めている人

・傷跡を残したくない方

高周波治療・ビューホット

高周波治療・ビューホットは、20分程度の治療時間でワキガやスソワキガ、多汗症の治療を行うことができる画期的な施術です。医療用の針がついたスタンプを使用し、高周波の熱によってアポクリン腺を破壊することができる、最新のワキガ・多汗症治療器です。

 

ビューホットで治療することのメリット

・施術時間が20分程度と短い

・痛みがほとんどなく安全性が高い

・ダウンタイムがないため、施術を受けた当日から普段通りの生活が可能

・小さな子供でも施術が受けられる

・スソワキガ・多汗症の治療にも効果がある

・即効性があり、半年ほど効果が持続する

・針が細いため傷跡がほとんど残らない

・1回で治療が終わる人がほとんど

 

ビューホットで治療することのデメリット

・健康保険が適用されないため、費用が高い

 

ビューホットで治療するのがおすすめの人

・ワキガ・スソワキガ・多汗症で悩んでいる人

・切らずに治療したい人

・即効性を求める人

・効果が持続する治療法を求めている人

・傷跡を残したくない方

・他の治療法で効果の出なかった方

 

他のワキガ・スソワキガ治療を行ったことがある場合も、施術することができるため、これまでの治療で効果を得られなかった方や満足できなかった方も安心して受けることができます。

スソワキガ治療

クアドラカット

スソワキガの治療は、剪除法や皮膚切除などでは広範囲に治療することができないため、アポクリン線の取り残しが多く、あまり効果がありませんでした。しかし、クアドラカットはそのようなデメリットが最小限に抑えられた治療法です。大学病院と共同で開発された、安全な治療法のため、小さな子供でも手術を受けることができます。

肉眼で見えないような小さなアポクリン腺まで取り残しなく除去できます。

 

EL法

EL法は、高周波エネルギーを照射することのできる針を刺すことで、外陰部の臭いや汗の元となるアポクリン腺やエクリン腺を破壊します。ワキガ・チチガ・多汗症の治療にも対応しています。

ランダムに針を刺し、正常な部分にも高周波エネルギーを当てるビューホットとは異なり、EL法はピンポイントに汗腺を破壊するため、高度な技術が必要な治療法です。

EL法は、施術できる医師が少なく、あまり普及していません。看護師や無資格者がEL法を電気分解法と称して、電気脱毛のごとく施術を行っている施設もありますが、そのような施設で治療を行うと、効果がない上に思わぬトラブルが起こることもあり、非常に危険です。治療を受ける際は、必ず熟練した医師が施術を行う医療機関かどうかしっかり調べましょう。

 

ミラドライ

ミラドライは切らずにスソワキガを治療することができます。日本で唯一厚生労働省とアメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を得ている最新治療です。

外陰部に電磁波を照射して、アポクリン腺やエクリン腺を破壊していきます。1回の照射だけでも効果が高く、長く効果が持続します。

 

ウルドライ

切らずにスソワキガを治療することができます。チチガにも対応しているため、ミラドライで治療できなかった方に適した治療です。ウルドライは、元々前立腺がんやたるみの治療に使われてきた、高密度焦点式(HIFU)の治療機器・「ウルセラシステム」を用いてアポクリン汗腺やエクリン汗腺を広範囲に破壊していきます。ウルセラシステムは、アメリカのFDAに承認されているため、安全で効果が非常に高いシステムです。

効果はEL法には劣りますが、手術よりも広範囲に治療できるため確実に効果を実感できます。

ミラドライやビューホットのように患部に熱傷を起こすリスクは極めて少ないです。高密度の照射を2層行えば、ミラドライ、ビューホットと同等以上の効果が期待できます。

 

ボトックス

ボトックス治療では、ボツリヌス菌によって作られる、天然のたんぱく質が主成分の薬を外陰部に注入します。ボトックス注射を行うことで陰部からの発汗が抑えられ、大体6ヶ月弱程度の持続効果が期待できます。

効果が低減してきて、再び臭いが気になってきたら再びボトックス注射を行います。

さまざまな種類のボトックスがあり、厚生労働省承認のボトックスなど信頼性の高いものを選ぶことで安心して治療を受けられます。

定期的に注射を行うことでアポクリン汗腺とエクリン汗腺が徐々に萎縮していくため、治療を継続していくと、持続期間が1年以上に長くなったり、消臭効果が倍増することがわかっています。

 

チチガ治療

EL法

皮膚の厚いワキの下の治療を行うワキガ治療と違い、治療法の少ないチチガ治療。

EL法は、高周波エネルギーを照射することのできる針を刺すことで、臭いや汗の元となるアポクリン腺やエクリン腺を破壊することができるため、チチガの治療にも対応しています。

ランダムに針を刺し、正常な部分にも高周波エネルギーを当てるビューホットとは異なり、EL法はピンポイントに汗腺を破壊するため、高度な技術が必要な治療法です。

 

ウルドライ

切らずにチチガを治療することができます。ワキガ・スソワキガ・多汗症にも対応しているため、ミラドライで治療できなかった方に適した治療です。ウルドライは、元々前立腺がんやたるみの治療に使われてきた、高密度焦点式(HIFU)の治療機器・「ウルセラシステム」を用いてアポクリン汗腺やエクリン汗腺を広範囲に破壊していきます。ウルセラシステムは、アメリカのFDAに承認されているため、安全で効果が非常に高いシステムです。

効果はEL法には劣りますが、手術よりも広範囲に治療できるため確実に効果を実感できます。

ミラドライやビューホットのように患部に熱傷を起こすリスクは極めて少ないです。高密度の照射を2層行えば、ミラドライ、ビューホットと同等以上の効果が期待できます。

 

 

多汗症治療

剪除法

ワキガ治療では臭いの原因であるアポクリン線を除去しますが、多汗症の治療では汗腺であるエクリン線を除去します。

ワキの下の毛が生えている部分を4~5cm程度切開し、エクリン線を除去します。

病院によっては、ワキガ治療の際にエクリン線の除去も同時に行われることもあります。

クアドラカット

剪除法による多汗症の治療では、広範囲に治療することができないため、エクリン線の取り残しが多く、あまり効果がありませんでした。しかし、クアドラカットはそのようなデメリットが最小限に抑えられた治療法です。大学病院と共同で開発された、安全な治療法のため、小さな子供でも手術を受けることができます。

肉眼で見えないような小さなエクリン腺まで取り残しなく除去できます。

 

EL法

EL法は、従来の切る治療法とは異なり、高周波エネルギーを照射することのできる針を刺すことで、臭いや汗の元となるアポクリン腺やエクリン腺を破壊します。ワキガ・スソワキガ・チチガの治療にも対応しています。

ランダムに針を刺し、正常な部分にも高周波エネルギーを当てるビューホットとは異なり、EL法はピンポイントに汗腺を破壊するため、高度な技術が必要な治療法です。

 

施術できる医師が少なく、あまり普及していません。看護師や無資格者がEL法を電気分解法と称して、電気脱毛のごとく施術を行っている施設もありますが、そのような施設で治療を行うと、効果がない上に思わぬトラブルが起こることもあり、非常に危険です。治療を受ける際は、必ず熟練した医師が施術を行う医療機関かどうか調べましょう。

ミラドライ

ミラドライは切らずに多汗症を治療することができます。日本で唯一厚生労働省とアメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を得ている最新治療です。ワキガ・スソワキガにも対応しています。

患部に電磁波を照射して、アポクリン腺やエクリン腺を破壊していきます。1回の照射だけでも効果が高く、長く効果が持続します。

 

ウルドライ

切らずに多汗症を治療することができます。ワキガ・スソワキガ・チチガにも対応しているため、ミラドライで治療できなかった方に適した治療です。ウルドライは、元々前立腺がんやたるみの治療に使われてきた、高密度焦点式(HIFU)の治療機器・「ウルセラシステム」を用いてアポクリン汗腺やエクリン汗腺を広範囲に破壊していきます。ウルセラシステムは、アメリカのFDAに承認されているため、安全で効果が非常に高いシステムです。

効果はEL法には劣りますが、手術よりも広範囲に治療できるため確実に効果を実感できます。

ミラドライやビューホットのように患部に熱傷を起こすリスクは極めて少ないです。高密度の照射を2層行えば、ミラドライ、ビューホットと同等以上の効果が期待できます。

 

ボトックス

ボトックス治療では、ボツリヌス菌によって作られる、天然のたんぱく質が主成分の薬を注入します。ボトックス注射を行うことで陰部からの発汗が抑えられ、大体6ヶ月弱程度の持続効果が期待できます。

効果が低減してきて、再び臭いが気になってきたら再びボトックス注射を行います。

さまざまな種類のボトックスがあり、厚生労働省承認のボトックスなど信頼性の高いものを選ぶことで安心して治療を受けられます。

定期的に注射を行うことでアポクリン汗腺とエクリン汗腺が徐々に萎縮していくため、治療を継続していくと、持続期間が1年以上に長くなったり、消臭効果が倍増することがわかっています。

 

新潟ですそわきが治療が出来る評判の良い病院についてはこちらをご覧ください。

名古屋ですそわきが治療が出来る評判の良い病院についてはこちらご覧ください。


名古屋のすそわきが・わきが治療の専門ページ(さかえクリニック)はこちら
わきがペディア

 

すそわきが手術の対応クリニック一覧

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成