menu

腟ペディア(チツペディア) 腟ペディア(チツペディア)


公開日:2020/06/13
最終更新日:2020/06/13

VIO脱毛の歴史

投稿日:

2018年に、東京都在住のOL463名が所属するコミュニティで「女性器に何らかのコンプレックスを持っているか?」という調査を行った所、実に58%の人が「Yes」と回答しています。

コンプレックスを持っている人の中で「毛深い」ことに悩んでいる人は26%。

多くの人が「陰毛」の毛深さに悩んでいるようです。

本記事では陰毛の歴史から最新の脱毛事情までをご紹介しますので是非ご一読ください。

 

陰毛と進化論

陰毛と進化学

かつて人間の体には前進に体毛が生えていました。

氷河期以降は進化の過程でほとんどの体毛は消失しましたが、腋下や股間の体毛は消失せず、哺乳類の中で唯一長い陰毛を持つ生物となりました。

 

進化の過程でなぜ陰毛が残ったのか?

諸説ありますが、アポクリン腺から分泌されるフェロモンをとどめておくために進化の過程で陰毛が残り、生殖の準備ができていると相手に視覚的に認識させるために思春期以降に生えてくるようになったと言われています。

毛が縮れることによって毛同士が絡み合って空気層を作り、フェロモンを効率よく発散させます。

VIO脱毛について

なぜ脱毛するの?

進化の過程を経て、せっかく生き残った陰毛をなぜ脱毛するのかw

約70,000前の話をこじつけていますが、

 

以下のようなメリットがあるからです。

  • ムレやかゆみを感じにくくなる。
  • 月経の際に経血が付着したり、蒸れるといった不快感を軽減することができる。
  • 性交時に毛を巻き込むことがなくなる。
  • 水着や下着を着用する際に、陰毛がはみ出したり透けたりしてしまい、自分や他者が不快な印象を持つことを避けることができる。
  • 陰毛が濃いというコンプレックスが軽減する。

脱毛とファッション

VIO脱毛のデザイン10選

全ての毛を脱毛することをパイパン(麻雀牌の白牌から)やハイジニーナ(hygiene:衛生が語源)と呼びますが、他にも自分好みの形に脱毛することことができます。

逆三角形のトライアングル、ハート、扇形、スクエアなど、もはや陰毛脱毛はファッションの一部となっています。

脱毛の歴史

古代エジプト時代<クレオパトラはハニーワックス愛用者>

クレオパトラ

古代エジプト時代、体毛があることは不潔とされ、体毛がないことが美しいとされており、全身の体毛をカミソリ、ピンセット、ワックスなどで脱毛していたようです。

女王クレオパトラは砂糖やはちみつなどを混ぜて皮膚に塗り布を使用して剥がす、今で言うハニーワックスにあたる除毛剤を使用していたと言われています。

 

江戸時代<女子はヒートカッター派>

日本での陰毛処理の歴史は浅く、江戸時代から始まりました。

江戸の風呂屋には、踵の垢すり用の軽石と毛切り用の石が2つ必ず常備されていたといいます。

一方、遊郭の女性は線香で陰毛を焼き切る方法で脱毛していました。

毛切り石ではなく線香で焼く理由は、性交時にチクチクしないからのようです。

 

明治時代~近代<腋毛も処理!>

遊郭

日本に洋装の文化が入ってきたことから、腋毛も処理するようになりました。

1960年代から腋毛脱毛が一般化、脱毛機具の開発が進みました。

1983年、レーザー脱毛が開始されました。

 

2009年<日本でVIO脱毛が本格化>

海外ドラマ「Sex and the City」 がブームに。

主人公ミランダの下着からはみ出した陰毛を目撃したサマンサが「私なら監獄にいてもワックス脱毛は欠かさない」とアンダーヘアのお手入れはしてて当たり前的な印象を与えるシーンが話題を呼び、陰毛脱毛は俄然カジュアルな存在になりました。

また、叶恭子さんがヌード写真集で陰毛を完全脱毛した姿を披露。ブログ記事にて完全脱毛した恥丘に蝶のタトゥーを入れた姿を画像として掲載したことも話題を呼びました。

 

2010年以降

2009年の出来事から脱毛サロンや美容皮膚科が激増。

インターネットの普及により海外のムダ毛処理事情の情報がさらに得やすくなったり、脱毛サロンが多くの情報を発信するようになり、アンダーヘアのお手入れは一般的になりつつあります。

陰毛脱毛の種類

セルフ処理

カミソリ、電気シェーバー、ピンセットで抜く、ワックス、ヒートカッターなどがある。

 

皮膚科でのレーザー脱毛

単一な波長の光を集中的に当てる。出力が強く、効果が高いが痛みがある。

 

脱毛サロンでの光脱毛

長い波長の光を広範囲に当てる。出力が弱く、効果が緩やかだが痛みは小さい。

 

それぞれの脱毛方法のメリット・デメリット

 

種類 メリット デメリット
カミソリ

シェーバー

手軽、一気に広範囲を処理できる、安い すぐに毛が生える、毛先がチクチクする、肌への負担が大きい
毛抜き

ワックス

毛を引き抜くので次の毛が生えるまで時間がかかる、チクチクしない 抜く時に痛い、皮膚へのダメージが大きい
ヒートカッター チクチクしない、簡単、肌への負担が少ない 毛を切るだけなので毛自体をなくすことはできない
皮膚科などで処理するレーザー脱毛 医療レーザー脱毛の場合、ほぼ永久的に生えてこない。皮膚へのダメージが少ない。 太い毛だと痛みが強い。

高い。

2~3ヶ月ごとに通わなくてはいけない。(5~8回)

パートナーに好まれない可能性がある。

他人の目が気になる。

エステやサロンで行う光脱毛 皮膚へのダメージが少ない。

レーザーよりも痛くない。

レーザーよりも毛が再生しやすい。

レーザーよりも頻繁に通わなくてはいけない。(12~24回)

パートナーに好まれない可能性がある。

他人の目が気になる。