menu

公開日:2021/02/05
最終更新日:2021/05/26

ビューホットによるスソワキガ治療のメリット・デメリット

記事監修

末武信宏
国立岐阜大学医学部
順天堂大学大学院医学研究科博士課程において学位取得,日本美容外科学会 認定専門医,国際抗老化再生医療学会 認定指導医

投稿日:2021年2月5日 更新日:

スソワキガに対するビューホットのメリット、デメリット

スソワキガに対するビューホットのメリット、デメリット

従来のスソワキガ治療は外科的治療だけが唯一の治療法でしたが、ミラドライ、ビューホット、EL法、BOTOX注射、HIFUなど非観血治療、すなわちメスを使用しないダウンタイムが少ない治療法の開発で比較的手軽に受けられるようになりました。

ビューホットはフラクショナルRFの商標で、皮膚の表面から針を刺入し、高周波を流して熱を発生させ汗腺組織を熱損傷させて半永久的に汗腺組織を除去する治療器で手術のような合併症のリスクは、大幅に軽減されたとPRされて国内では美容外科クリニックで普及しています。

カートリッジ式の剣山のように36本の30Gの鈍針がせり出し、目的の深さでRFを照射します。

ビューホットは針の先端以外は絶縁されており、先端から0.5ミリの範囲の組織が焼灼される仕組みになっています。

ハンドピース先端にクーリングプレートが付いて表皮や真皮浅層の熱損傷を予防していますが実際は、かなりの表皮への熱ダメージが起こり、刺入する針に一致した強い腫れや強い赤みが長時間続くことも少なくありません。

設定や施術を慎重に行わないと点状の熱傷を起こす可能性も少なくないのです。

特に点状の熱傷痕はイボイボ状で醜く、ビューホットの熱傷痕で悩む患者様は少なくありません。

治療手順

1:治療部位、範囲のデザイン

2:患部の剃毛と消毒

3:局所麻酔:キシロカイン注射による

4:出力レベルを設定「1から5の5段階」照射時間はレベルにより調整される

5:チップを確実に皮膚へ押し当てスイッチを押す。(冷却も同時に行う)

6:治療後はアイスパックなどで冷却する

7:ステロイド軟膏の塗布

8:固定は不要。強い痛みが生じる可能性があり鎮痛剤の投与が必要の場合が多い。

合併症:発赤、腫脹、熱傷、色素沈着、疼痛、皮膚の知覚鈍麻

メリット

1:術後の固定が不要

2:手術と比較してダウンタイムが短い

3:血種形成や皮膚壊死のリスクが少ない

4:術後の通院が不要

5:外科医でなくても治療が可能

6:ミラドライに比較して脱毛効果が低いためVIの脱毛を望まない方にも適応になる

7:小陰唇や肛門といった他の治療法では難治の部位にも対応可能

デメリット

1:長期予後が不意確定→再発も多く1回のみの治療で永久的治療効果は得られにくい

2:点状熱傷リスクが高い→極めて醜い点状熱傷瘢痕が残る可能性が少なくない

3:治療時間が長い。しっかり行うと40~60分程度

4:全く効果が無いケースもある

5:手術以上に点状の強い発赤や色素沈着が長期間続くことが少なくない

6:1回あたりの治療費用が高額

7:RFの出力、照射時間、針の深さの設定が煩雑であり十分な経験が術者に要求される

実際の臨床現場でのトラブルや問題点

1:看護師が施術している施設が少なくなく全く効果が無いか再発が多い。

2:広告に無痛とPRされていることもあるが実際は点状熱傷を起こすことも多く強い痛みや腫れが長時間継続することもある。

3:1回での治療効果が無効な場合、複数回の治療をローンで勧められ高額な治療費を支払う結果となっているケースがある。

4:手術など外科的知識、手技など力量に乏しいドクターや看護師の施術が行われている。

*結果保証で治療を直接専門医が担当する施設であれば治療を受ける意義はあるが、完治までの治療費が明確でない場合や看護師が医師に代わって治療を行う施設は要注意である。

ミラドライ以上に設定には3つのパラメーターを考慮しなければならず熟練が必要である。

すそわきがの治療法「ビューホット」のメリットデメリットとは?

すそわきがの治療法「ビューホット」のメリットデメリットとは?

「ビューホット」は、高周波を使った治療法である「フラクショナルRF」の商標で、皮膚の表面から針を刺し、そこから高周波を流して汗腺組織を破壊します。

こう説明すると「痛いのでは?」「後遺症とかありそう」と感じるかもしれませんが、皮膚を切開する外科手術による治療よりは、圧倒的にダウンタイムも少なく、後遺症のリスクも大幅に軽減されています。

そんな「ビューホット」がどのような治療法なのか、そしてそのメリットとデメリットについて、説明していきます。

すそわきがの治療法「ビューホット」には火傷の危険性もある!?

「ビューホット」は皮膚に針を刺し、そこから高周波を流して汗腺組織を熱で破壊します。

そのため半永久的に汗腺組織を除去でき、すそわきがの悩みから解放される治療法なのですが、火傷などの危険性もある治療法とも言われています。

それはなぜなのか、説明していきましょう。

「ビューホット」は大量の針を一度に刺して高周波を流す治療法

「ビューホット」は、カートリッジ式の剣山のように36本の針がせり出す部分を肌に当て、針を目的に深さまで刺して高周波を流します。

針の先端以外は絶縁されており、先端から0.5ミリの範囲の組織が熱で破壊される仕組みとなっています。

さらに針がせり出す部分である、ハンドピースの先端には「クーリングプレート」が付いており、肌を冷却して表皮や真皮浅層が熱によりダメージを受けるのを防いでいるのです。

「ビューホット」は表皮にかなりの熱ダメージを受ける可能性がある!

目的の場所以外にはダメージがないように工夫されている「ビューホット」ですが、実際は表皮にかなりの熱ダメージを受ける可能性があります。

機械の設定や施術を慎重に行わないと、患部に刺した針の数だけ、ぽつぽつと点状に火傷してしまい、腫れや赤み、痛みが残ってしまうのです。

この火傷の後はイボイボ状に残ってしまうこともあり、この「ビューホット」の火傷跡に悩んでいる患者も少なくありません。

すそわきがの治療法「ビューホット」のメリットデメリット

「ビューホット」にはメリットもあれば、先ほど紹介したようなデメリットもあります。

それでは「ビューホット」のメリットとデメリットを紹介していきましょう。

「ビューホット」のメリットは他の治療法では不可能な箇所にも対応できる点!

「ビューホット」は、外科医でなくても施術が可能な治療法で、手術後のケアやダウンタイムも少ないので比較的受けやすい治療法でもあります。

また「ミラドライ」などの治療では、脱毛効果もあるため陰毛が薄くなってしまうことがありますが、脱毛効果が低い「ビューホット」ではその心配がありません。

さらに小陰唇や肛門など、他の治療法だと治療が不可能な箇所に対応できるのも、大きなメリットと言えます。

「ビューホット」のデメリットは施術者によって効果に差があり後遺症も残る点!

「ビューホット」は先にも述べたように、点状に火傷が残ってしまう後遺症が残る可能性がある点が大きなデメリットと言えます。

また一度「ビューホット」を受けても、すそわきがが再発することも多く、1回の治療では永久的な効果が得られにくい点もデメリットです。

経験が少ない看護師が施術を行っている医療施設も多く、それがすそわきがの再発や施術の後遺症、さらにはまったく施術効果が得られないなどの問題を起こしているのです。

すそわきがの治療法「ビューホット」は熟練医師の施術以外は受ける意味なし!

すそわきがの治療法「ビューホット」は熟練医師の施術以外は受ける意味なし!

「ビューホット」は施術の設定に3つのパラメーターを考慮する必要があり、適切な設定に調節するには熟練の技術と経験が必要となります。

そのため経験の少ない医師や看護師が施術をするような「ビューホット」は、百害あって一利なし、お金をドブに捨てる行為だ、とも言えるでしょう。

お金を失うだけならばともかく、ひどい痛みや傷跡が残ってしまう可能性すらあります。

「ビューホット」を受けるのであれば、確実に経験豊かな専門医が施術してくれることを確認し、加えてしっかり施術の結果保証をしてくれる医療機関を選ぶようにしてくださいね!

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成