menu

公開日:2021/04/30
最終更新日:2021/05/18

クリトリスとは?機能や役割、語源をわかりやすくまとめました

投稿日:2021年4月30日 更新日:

クリトリスとは?機能や役割、語源をわかりやすくまとめました

誰もが性感帯として持っているクリトリス。ただ、実際には性感帯として以外にどういった役割があるのか、そもそもどういう器官なのか実態を知らない人は多いのではないでしょうか?

気心が知れた友人だったとしても、クリトリスに関する話はしにくいものです。特に深刻な悩みとして普段から考えている人にとっては尚更で、自分でネットや本を読んで知識を得るしかありません。

そこで今回は、改めてクリトリスの構造や役割、語源などを含めてクリトリスについて解説していきます。クリトリスに関する知識を深めたい人は、ぜひ読んでみてください。

クリトリスの場所と構造

クリトリスの場所と構造

クリトリスは、腟口の上部に位置し、豆粒程度の大きさの器官です。人によっては皮に包まれており、5~7ミリ程度の大きさです。

ただ実際には、クリトリスとして呼ばれている豆粒程度の大きさの突起はクリトリスの一部でしかなく、Yの逆字型の構造をしていて骨盤の中に伸びています。脚部となる部分の長さは5~9cmほどで、ヴァギナの筒状の部分を挟み込んでいます。

クリトリスの形状が発覚したのは比較的最近で、1998年にオーストラリアの泌尿器科と外科のチームが発表しました。まだまだ謎が多く、今後も研究は続きそうです。

男性になった時の陰茎(ペニス)部分と考えられていて、ペニスと同様に性的な興奮をすると充血して勃起が起こります。

クリトリスの役割

クリトリスは、生命を維持するための器官ではなく、性的興奮を得るためだけにあるとされています。具体的にクリトリスの役割についてまとめていきます。

オーガズムに達するため

クリトリスの役割として、オーガズムに達するためがあります。匂いや記憶、特定の相手と触れ合った時の感触や味、音など様々な要因によって性的興奮が起こると海綿体組織が充血して勃起を引き起こします。

性的刺激によって神経が出す神経デンタル物質がメッセンジャーの役割を果たし、筋肉が弛緩します。筋肉は膨張し広がっていって血液が細胞のあいだの空洞に溜め込まれることによって勃起が起こる仕組みです。するとクリトリスの神経はより敏感になってオーガズムに達しやすくなります。クリトリスの刺激によって起きるオーガズムは男性の射精にも相当する快感があるとも言われていますね。

男女の勃起状態の差

クリトリスが充血して勃起を起こし、敏感になるメカニズムは女性が意識しなくても働いています。理由は明らかになっていませんが、90分から100分周期によって起きるレム睡眠中に何度も勃起は繰り返されています。これには新鮮な血液が送り込まれることによって勃起力を維持するためという説が唱えられています。

また、クリトリスと陰唇にはパチーニ小体と呼ばれる感覚細胞が詰まっています。パチーニ細胞は圧力の変化を感知できる細胞です。素早く、心地よく振動を感知できるため性交の際にキスや愛撫での刺激を敏感に感じ取り、脳に信号が送られるようになっています。

他にも、マイスナー小体という細胞が皮膚の表面に近い部分にあります。こちらは軽い接触を感じられる細胞で、掌や足の裏、舌などにも多く存在しています。その他にもクラウゼ小体、ルフィーニ小体など様々な感覚細胞が存在し、非常に敏感に感覚を察知できるようになっています。

性交をスムーズに行うため

興奮していない状態で性交を行ったことがある人なら分かると思いますが、その状態での挿入は強い痛みを伴います。擦れて血が出て、尿道に感染してしまうリスクもあります。つまり、興奮せずにする性交は痛いだけでなく性病や感染症に感染するリスクが高くなります。対して強い興奮状態で行う性交ではそういったことは起こりにくくなります。挿入時も滑らかで、より興奮と快感は強まります。そのため、クリトリスは性交を安全で快感と共に行うために存在していると言えます。

女性器(クリトリス)

ではなぜスムーズに性交ができるかというと、クリトリスで興奮した結果血流が良くなるためです。クリトリスが充血し、興奮することにより腟内の血流が増加。さらに腟内部の粘膜に液体が滲み出てきます。すると挿入はスムーズになり、腟内部も傷つかなくて済みます。

腟が傷がつかないことで、性感染症にかかるリスクも低くなります。

また、クリトリスは、体内で尿道と腟内部に巻きつくような形をしています。つまり、この3つの器官は密接な関係があり、1体となって働くことがあります。たとえばクリトリスが充血し、勃起を起こすと尿道に圧力がかかって口が閉ざされます。これは尿道から細菌が入って尿道炎や膀胱炎にかからなくするためだと考えられています。

クリトリスは誰もが必ず快感を得られるもの?

クリトリスは性的興奮を得るためにあると前述しましたが、中には痛いだけで気持ち良くないと考えている人もいるでしょう。では性感帯としてあるクリトリスが、なぜ快感を得られる人とそうでない人に別れているのかを解説していきます。

クリトリスに触れて痛みを感じる人は多い

実際にクリトリスを刺激することで痛みを感じる人は多くいます。この部分だけを切り取ると、クリトリスは女性全てに共通する性感帯とは言い切れません。

必ず快感を得られるわけではないが、正しく触れることが重要

しかし、クリトリスへの刺激で痛みを感じる場合は、何か原因があるか正しい刺激の与え方ではない可能性があります。もしクリトリスへの刺激で痛みを強く感じていて、苦手意識がある場合は、正しい刺激の方法や痛みを感じる原因を知る必要があります。

人によっては腟内・Gスポットを好む人もいる

クリトリスであまり快感を得られないからといって落ち込む必要はありません。仮に正しい刺激の方法で、身体的にも精神的にも問題がなかったとしても、クリトリスへの刺激を好まない人もいます。そういった人の多くは別の部分に強い性感帯を持っているケースが多くなります。

例えば、腟の中への刺激を好み、オナニーの際もクリトリスを使わない人もいます。腟内部を刺激するためのアダルトグッズはもちろんありますし、クリトリスへの刺激で快感を得られないからといって落ち込む必要はありません。

パートナーとは上手くコミュニケーションを取って、クリトリスでは快感がないことを早めに伝えてしまうのも1つの手です。

クリトリスで痛みを感じる原因

クリトリスへの刺激で痛みを感じる場合は、3つの原因が考えられます。どの原因も当てはまらずクリトリスへの刺激で興奮しない人も中にはいますが、その場合は性的に興奮するためのスイッチが入っていない可能性が高いでしょう。

炎症を起こしているため

クリトリスが不衛生で炎症を起こしていると、刺激によって痛みが生じる可能性があります。指やマッサージ機、アダルトグッズなどを使ってオナニーする人は特に、手を洗ったり消毒を行ったりと、清潔に保った状態でなければいけません。

また、触れる側だけでなく、クリトリス側ももちろん清潔に保つ必要があります。正しい洗い方としては、皮を剝いた状態でぬるま湯で洗い流す方法が最も有効です。通常の石鹸を使うと刺激が強く、炎症が悪化する可能性があります。石鹸を使いたい人は弱酸性のデリケートゾーン専用のタイプがおすすめです。

刺激が強すぎる

あまりに刺激が強すぎる場合は、クリトリスで興奮や快感を得ることなく痛い感覚だけが強く残ります。特に神経が集中していて敏感な器官だからこそ、クリトリスは優しく触れなくてはいけません。

特に男性は、AVの影響からかガシガシと強く擦ることで強い快感を得られると勘違いしている人も中にはいます。パートナーの男性が性的経験の浅い人だった場合は、勇気を出して痛いことを伝える必要があります。

パートナーの関係性が崩れるのを恐れて、痛みを感じていることを伝えられない女性は多くいます。そうなると結果的に、カップルや夫婦としての関係が悪化してしまうことも考えられます。

性感帯開発が出来ていない

クリトリスが元々性的興奮を得るための器官とは言え、性感帯として感じる度合は人によって異なります。中には子どもの頃から刺激があることに快感を得る人もいれば、複数回の性行為を重ねることでやっとクリトリスでのオーガズムが得られるようになる人もいます。

性感帯としての開発が進んでいない場合は、時間をかけて開発を進めることで多くの人が快感を得られるようになります。

「オーガズムを感じてみたい」「パートナーとのセックスで盛り上がるためにも開発をしたい」といった積極的な意思がある場合は高確率で開発が進みやすくなるでしょう。

クリトリスを正しく触る方法

クリトリスを正しく触る方法は3つあります。それぞれのポイントを押さえれば痛みは感じにくくなるでしょう。

皮を剝く

クリトリスの正しい触れ方は、皮を剝いて触れることがあります。皮の上からだと刺激が鈍く、快感を感じにくくなってしまうためです。ただ、もしまだクリトリスへの刺激に抵抗があったり恐怖感がある場合は包皮の上から刺激をしてみましょう。下着の上からでも問題はありません。

パートナーとの行為の際も、徐々に慣らして弱い刺激から強い刺激に時間をかけて変化させていくことが重要になります。始めに強い刺激を与えてしまうと、その後繊細な触れ方で刺激をしても感覚が鈍って感じられなくなってしまうからです。

指の腹で触れる

クリトリスには、指の腹で触れる必要があります。決して爪で触れてはいけません。そのためパートナーに触れてもらう場合は必ず事前に爪を切ってもらいましょう。自分で触れる場合も同様です。

爪を切りたくない人は、アダルトグッズを使うのも1つの手です。今や通販で数百円程度からクリトリスを刺激できるものが販売されています。

低刺激で触れること

クリトリスは基本的に低刺激で触れる必要があります。神経が多く通っていて敏感になっているため、いきなり強い刺激を与えても痛みしか感じないためです。

クリトリスに触れて痛い人や快感を得られない多くの場合、刺激が強すぎることが原因と考えられます。自分で触れる場合は上手くコントロールした上で、パートナーに触れてもらう場合はコミュニケーションを取って弱い刺激を与えていきましょう。

クリトリスの語源

クリトリスの語源は、ギリシャ語にあるというのが強い説です。1つは、ギリシャ語で丘や斜面を意味する「kleitys」。2つ目がギリシャ語での優秀、優れていることを意味する「kleitos」。他にもギリシャ語で閉めるを意味する「kleiein」など。オランダ語での核や芯を意味する「kleitos」という説もあります。

解剖学用語として初めてこの言葉が使われたのが、1世紀のトルコ西部の古代都市の医学者が書いた文章の中にあります。

西洋ではSedes libidinis『熱情の座』、oestrus Veneris『ヴィーナスの衝動』、EWollustorgan『エクスタシーの器官』、gaude mihi『大きな喜び』など様々な呼ばれ方があり、神秘的で重要なものだと考えらていたのがわかります。

クリトリスの呼び名

クリトリスは他にも、様々な呼び名が海外で付けられています。中国では、「快楽の座」、「快楽の場所」、「黄金の下」、「黄金の大地」、「宝石の大地」などの呼び名があり、大きな価値があると考えられていたことがわかりますね。

日本では漢字で、法珠と呼ぶこともあります。これは仏教では、「宇宙の神秘」を意味する言葉です。

まとめ

今回はクリトリスについて、役割や構造、語源や呼び名についてまとめました。様々な感覚神経が通っているからこそ敏感で人によっては触れると痛みを感じることもあります。しかし、痛みのない、スムーズな性交を行うためにはクリトリスへの刺激はほぼ必須とも言えます。

ただ中には、クリトリスへの刺激で快感を得られない人もいます。その場合は原因や触れ方に問題がある可能性が高くなります。触れ方や原因が分かれば、セックスでのコミュニケーションが円滑になるかもしれません。

クリトリスは、海外でも神秘的な呼び名を付けられていることからもわかるように、昔からとても大切なものとして扱われてきました。クリトリスについての知識をきちんと付けることで、性感染症を防ぎ、痛みの少ないセックスを楽しみましょう。

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成