menu

公開日:2021/01/20
最終更新日:2021/01/20

ピルのオンライン診療のこと教えて。料金?処方されるピル?クリニックによって何がどう違うの?

投稿日:

コロナの影響でここ最近よく耳にするようになった「オンライン診療」がありますが、ピルの処方もできるようになっていることはご存知でしょうか。
今回は

  • そもそもオンライン診療とは何か
  • どうやって処方してもらえるか
  • ピルの料金は変わるのか
  • 処方されるピルにはどんなものがあるのか
  • クリニックによって何が違うのか

をお話していきたいと思います。

オンライン診療とは

オンライン診療とは

コロナのこともあってあまり外出ができないとか、地方で近くに良い病院がないとか、忙しくて病院になかなか行けないといった方に

オンライン診療が良いということがあると思います。

オンライン診療は、オンライン上で医師とやり取りして薬を処方してもらえるといった診療スタイルで、

通販サイトで薬を購入するスタイルとは全く異なります。

通販サイトで販売されている薬の多くは日本未承認薬であったり、薬の中身がわからないといった危険があります。

通販サイトを通じてピルや薬を購入することは危険な行為です。注意してくださいね!

新型コロナウイルス感染症が蔓延したため、2020年4月13日から初診のピルやアフターピルのオンライン診療が可能となりました。

薬の受け取りは、配送で薬を自宅で受け取れる場合もありますが、

服薬指導が必要と判断した場合には、調剤薬局で対面にて指導を受けることになっています。

院外処方のものに関しては、薬局に処方箋が届きますので、お近くの薬局で薬を受け取る形になっています。

ピルの料金は変わるのか?

ピルの料金は変わるのか?

値段については、媒介しているオンライン診療アプリの予約料や配送料、飲んでいるピルが自費か保険かによって異なってきます。

一口でピルと言っても、月経痛などの治療薬は保険診療避妊目的のものは自費診療となります。

自費診療の場合はピルの値段は各医療機関によって決められるので、医療機関によって異なります。

相場としては1ヶ月分2500円~3000円程度です。

保険薬はもともと値段が決められているので、どの医療機関でも値段は変わりません。

ピルの種類によって1ヶ月分1000円~2500円になります。

また、医療機関によっては定期配送などといったサービスによって割引しているところもありますので、探してみたらお得なところもあるかもしれません。

料金や扱っているピルは各医療機関によって異なりますので、事前にホームページを見たり電話したりして確認をきちんと行ってください。