menu

公開日:2021/02/05
最終更新日:2021/05/26

スソワキガのボトックスのメリットデメリット

記事監修

末武信宏
国立岐阜大学医学部
順天堂大学大学院医学研究科博士課程において学位取得,日本美容外科学会 認定専門医,国際抗老化再生医療学会 認定指導医

投稿日:2021年2月5日 更新日:

スソワキガに対するボトックスのメリット、デメリット

スソワキガに対するボトックスのメリット、デメリット

従来のスソワキガ治療は外科的治療だけが唯一の治療法でしたが ミラドライ、ビューホット、EL法、BOTOX注射、HIFUなど非観血治療 すなわちメスを使用しないダウンタイムが少ない治療法の開発で比較的手軽に受けられるようになりました。

ボトックスはA型ボツリヌス毒素製剤の商品名で 注射により神経終末に作用させ主にエックリン汗腺からの発汗活動を抑制してスソワキガの臭いの発生を抑える治療です。
臭いの主たる原因であるアポクリン汗腺の大部分はアドレナリン作動性ですが、少数のコリン作動性繊維も認められるためボトックス注射後には汗と共に臭いが大きく軽減します。
原則としまして内出血以外の合併症のリスクは無く 外来で手軽に行える治療として国内では美容外科クリニックで普及しています。

我が国においては、A型ボツリヌス毒素製剤 ボトックスビスタ注用50単位 アラガン・ジャパン社、ボトックス注用50単位、100単位 グラクソ・スミスライン社が 眉間のしわや重度原発性腋窩多汗症に対して承認されていますがスソワキガの治療に対しては未承認です。

治療手順

1:治療部位、範囲のデザイン

2: 患部の麻酔(リドカインクリームなど塗布麻酔)

3: 幹部の消毒

4:注入量を決定して31G 34Gなど極細の針をシリンジに装着して注射

5:注射後は内出血抑制のため圧迫

合併症:内出血

メリット

1:術後の固定が不要
2:日常生活の制限が無い。ダウンタイムが無い。
3:血種形成や皮膚壊死のリスクなど副作用や後遺症が起こらない。
4:術後の通院が不要
5:高度な治療手技が不要。
6:治療部位の脱毛が起こらない。
7:注射ができる部位ならどの部位でも対応可能。
8:短時間で治療が終了し術後の痛みが無い。

デメリット

1:永久的効果が期待できない →効果持続期間が半年ほど
2:効果に対する対費用効果が高額
3:大量に投与すると中和抗体ができ2回目の治療効果が悪くなる可能性が否定できない。
4:広範囲に注射を行うと治療中の苦痛が強い。

実際の臨床現場でのトラブルや問題点

治療のコストを抑えるため不純物が多く含まれている可能性がある中国製のA型ボツリヌス毒素製剤を使用されている施設もあり注意が必要。
この場合は中和抗体ができやすいと言われている。

*効果が出現するのは1週間後くらいから。リスクなく短時間で手軽に行える治療であるが、半年程度の有効期間の割に治療費が高額となってしまう。

 

リスクなく短時間!すそわきが「ボトックス注射」のメリットデメリット

リスクなく短時間!すそわきが「ボトックス注射」のメリットデメリット

メスを使用せずに皮膚を切らない、すそわきが治療にはさまざまなものがありますが、中でももっともリスクが少なく短時間で受けられるのが「ボトックス注射」です。

手軽さもあり、国内の美容外科クリニックで広く普及している治療法、と言えるでしょう。

今回はそんな「ボトックス注射」がどのような治療法なのか、そしてそのメリットデメリットについて紹介します。

すそわきがの治療「ボトックス注射」は神経に作用して発汗を抑制!

「ボトックス」とは「A型ボツリヌス毒素製剤」の商品名です。

この薬剤を注射することで、神経終末に作用させ、主に「エックリン汗腺」からの発汗作用を抑制し、すそわきがの臭いの発生を抑えます。

臭いの主原因である「アポクリン汗腺」の大部分はアドレナリン作動性ですが、コリン作動性繊維も存在するため、ボトックス注射後には汗と臭いが大きく抑えられるのです。

「ボトックス注射」は術後の合併症リスクが少ない!

「ボトックス注射」には、原則として内出血以外の合併症のリスクがありません。

そのため外来で手軽に行える治療法として、多くの患者に希望されています。

すそわきが治療に対する「ボトックス注射」の薬剤は国内未承認

日本では、眉間のしわや重度原発性腋窩多汗症に対して「ボトックス注射」用薬剤は2種類、承認されています。

すそわきがの治療に使う薬剤としては国内未承認ですが、手軽さもあるため数多くの医療機関で採用されており、特に問題が起きていないのも実情です。

すそわきがの治療法「ボトックス注射」のメリットデメリットとは?

「ボトックス注射」は気軽な治療法であり、実施症例数もかなり多い治療です。

そのため比較的メリットデメリットについては、はっきりとしています。

「ボトックス注射」のメリットはリスクが少なく誰でも施術可能な点!

「ボトックス注射」は、すそわきがの他の治療法に見られるような後遺症が起こる可能性がない点が大きなメリットです。

また患部に薬剤を注射する方法から、熟練した技術がなくても医療従事者であればほぼ誰でも施術可能なのもありがたい点ですね。

「ボトックス注射」のデメリットは永続性がなく費用が高額になる点!

すそわきがの治療としては「ボトックス注射」の効果持続期間は半年ほどであり、永久的な効果は期待できません。

また一度に大量に投与すると中和抗体ができてしまい、2回目の治療効果が低くなる可能性もあります。

効果が永久的でないため、何度も治療を受けなければならず、トータルの費用が高額となってしまうのもデメリットと言えるでしょう。

すそわきがの気軽な治療法「ボトックス注射」もトラブルに注意!

すそわきがの気軽な治療法「ボトックス注射」もトラブルに注意!

すそわきがの治療法として気軽に受けられる「ボトックス注射」ですが、治療のコストを抑えるため、不純物が多い中国製の薬剤を使っている医療機関もあります。

この場合は中和抗体ができやすく、繰り返しの治療には大きなデメリットとなる可能性があります。

また永続的に注射を受け続けなければならないため、費用が高額となる可能性があるので、それが負担な人はその他の治療法を受けた方が結果として安く済む、と知っておき、そのうえでどの治療を受けるべきかじっくり検討すべきでしょう。

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成