menu

公開日:2021/02/05
最終更新日:2021/05/26

ボトックス注射のQ&A

記事監修

末武信宏
国立岐阜大学医学部
順天堂大学大学院医学研究科博士課程において学位取得,日本美容外科学会 認定専門医,国際抗老化再生医療学会 認定指導医

投稿日:2021年2月5日 更新日:

Contents

ボトックス注射 Q&A

ボトックス注射 Q&A

Q.ボトックス治療が不適応な人はいますか?

A.原則としまして全ての方に治療可能です。すそわきが手術をされたことがある方、VIO領域に皮膚疾患等がある方につきましては、ボトックス施術の際に強い痛みが生じることがあります。

このため施術ができなかったり、効果が劣る場合があります。

Q.ボトックス治療のダウンタイムを教えてください。

A.内出血以外のリスクは無いためダウンタイムはありません。

Q.ボトックス注射の効果は永久的ですか?

A.残念ですが永久的治療効果は認められません。

効果は半年ほど継続します。

Q.どの医療機関でもボトックス注射は同じ治療法でしょうか?

A.同じではありません。

経験豊富な熟練した専門医に治療を受ける場合と経験の浅い医師に流れ作業的に治療を受ける場合では全く結果が異なります。

中国製の不純物を混じった製剤を大量に投与されると抗体ができて2回目からの治療効果が低下する報告もあります。

Q.ボトックス注射を受けるとVIOの毛は脱毛されますか?

A.ボトックス注射には一切 脱毛効果はありません。

Q.ボトックス施術後のケアはどうすればよいでしょうか?

A.安静など不要です。当日の入浴も可能です。特別なケアは不要です。

Q.ボトックス注射の治療時間を教えてください。

A.デザイン、冷却、注射を含めて3分程度です。(施術範囲によって異なります)

Q.ボトックス注射中は痛みがありますか?

A.ちくちくした痛みがあります。

Q.施術後、通院の必要はありますか?

A.施術後には特別な処置は不要ですので通院は不要です。

Q.施術の効果はすぐに現れますか?

A.施術直後は効果は現れません。3日から5日後から効果が実感できます。

Q.VIO脱毛をエステで受けていますが、ボトックス注射を受けられますか?

A.ボトックス注射は、直近の脱毛施術から1週間ほど空ける必要があります。

また、ボトックス注射後も、約1週間は脱毛術を受けることを控えてください。

Q.ボトックス注射費用がどうして施設で異なりますか?

A.熟練した医師が行うか経験が浅い医師が行うか 中国製剤を使用するか韓国製剤を使用するか、米国製剤を使用するかによって治療費に差が出ます。

Q.ボトックス注射を受けて後遺症は将来出ませんか?

A.効果は一時的ですので内出血以外 副作用も無く後遺症の可能性もありません。

Q.子供でも治療は可能でしょうか?

A.お子様でも治療は可能ですが注射時の痛みに耐えられることが条件です。

Q.施術後傷痕は残りませんか?

A.傷跡は一切残りません。一時的な内出血が出る可能性があるだけです。

すそわきがの手軽な治療法「ボトックス注射」の疑問に答えます!

すそわきがの手軽な治療法「ボトックス注射」の疑問に答えます!

かつては大掛かりな外科的手術が必要だった、すそわきがの治療法。

現在では皮膚を切る必要もない、比較的気軽に受けられるさまざまな治療法が開発されていますが、その中でも圧倒的に手軽さがあるのが「ボトックス注射」です。

今回はそんな「ボトックス注射」に対する疑問について、お答えしていきます。

すそわきがの治療法「ボトックス注射」は薬品の力で発汗を抑制!

「ボトックス注射」は、注射した薬品の力で発汗を抑え、臭いを軽減させる治療法です。

治療時間は、施術範囲のデザインから冷却、実際の注射を含めて、3分程度で終わります。

痛みはありますが、一般的な注射とほとんど変わらない痛みですので、それほど我慢する必要はないでしょう。

「ボトックス注射」は医療機関によって効果や使用薬剤が異なる!

「ボトックス注射」は、どの医療機関でもまったく同じ治療が受けられるわけではありません。

経験豊富な医師による注射と経験不足の医師による注射では、効果がまったく異なります。

また使用する薬剤がどの国で製造されたものか、も効果に差が出る原因となります。

医師の技量の差や薬剤の製造国は、治療費の差としても現れてくる部分です。

「ボトックス注射」は誰でも受けられる治療法!

「ボトックス注射」は、原則としてすべての人が受けられる治療法です。

注射の痛みに耐えられるならば、子どもでも大丈夫です。

ただし、すそわきがの手術をした人やデリケートゾーンに皮膚疾患がある人は、注射の際に強い痛みが生まれる場合があるため、治療が受けられないこともあります。

すそわきがの治療法「ボトックス注射」は後遺症のリスクが少ない!

「ボトックス注射」は、薬剤を注入する治療のため、治療後の後遺症はほとんどありません。

傷跡も残らず、注射の後に一時的な内出血が起きる程度です。

「ボトックス注射」は施術後すぐに日常生活に戻れる!

「ボトックス注射」は後遺症のリスクがない上に、注射後も安静にする必要などはありません。

当日の入浴やスポーツも可能で、特別なケアも不要なので、気軽に受けられます。

ただしデリケートゾーンの脱毛施術を受けた場合は、1週間ほど間を空ける必要があり「ボトックス注射」を受けた後も、約1週間は脱毛施術は避ける必要があります。

すそわきがの治療法「ボトックス注射」は永久的な効果はないので注意!

気軽に受けられる「ボトックス注射」ですが、その効果は永久に続くわけではなく、半年ほどで効果が薄れてしまします。

そのため効果を継続させるには何度も「ボトックス注射」を受けなければならず、トータルの費用が高くなってしまう可能性があることには注意が必要です。

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成