menu

TAGS:
CATEGORY:
公開日:2024/03/05
最終更新日:2024/03/05

腟ペネトレーション認知質問票(VPCQ)の開発と初期検証(腟痙攣と性交疼痛症の女性サンプルに基づく)

投稿日:

腟ペネトレーション認知質問票(VPCQ)の開発と初期検証(腟痙攣と性交疼痛症の女性サンプルに基づく)
マーイケ・クラッセン(MSc)、モニエク・M・テル・クイル(PhD)
The Journal of Sexual Medicine, Volume 6, Issue 6, June 2009, Pages 1617-1627, https://doi.org/10.1111/j.1743-6109.2009.01217.x
発行:2009年6月1日

はじめに

女性の性交痛障害の病因、説明モデル、治療において認知の関連性が示唆されているが、腟挿入認知を評価する尺度は存在しない。

目的

本研究の目的は、腟挿入認知質問票(VPCQ)を開発し、その心理測定学的特性を調査することである。VPCQは、腟痙攣および性交不能症の女性における腟挿入に関する認知を評価するために明確にデザインされた。

方法

女性性機能障害(FSD)を有するオランダ人女性247人(生涯腟痙攣を有する女性122人と性交障害を有する女性125人)と性的愁訴を有さない女性117人が質問票に回答した。因子分析は、FSDを有する女性のサンプルにおいてのみ実施された。妥当性確認はFSDのある女性とない女性の両方で実施した。

主要評価項目

全女性がVPCQに回答し、生物学的特徴および不定愁訴の特徴に関するいくつかの質問を追加した。

結果

因子分析の結果、腟挿入に関する認知に関する5つの下位尺度が得られた: すなわち、"コントロール認知"、"破局的認知および苦痛認知"、"自己イメージ認知"、"ポジティブ認知"、"性器不適合認知 "であった。これら5つのVPCQ下位尺度の信頼性は0.70から0.83の範囲であり、テスト-リテスト相関は満足できるものであった。VPCQの5つの下位尺度は、人口統計学的変数間で適度に安定しており、良好な判別妥当性を示した。5つの下位尺度はすべて、FSDの有無による有意差を検出することができた。さらに、否定的認知に関するVPCQの4つの下位尺度は、FSDを有する女性の2つの標本を区別する能力を示した。生涯腟陰茎症の女性は、性交困難症の女性と比較して、挿入コントロール認知のレベルが低く、破局的認知、疼痛認知、否定的自己イメージ認知、性器不適合認知のレベルが高いことが報告された。

結論

本研究は、VPCQが腟性器挿入に関する認知を評価するための有効かつ信頼性の高い簡易自己報告尺度であることを示している。
-

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像