公開日:2019/09/06
最終更新日:2020/05/02

出産した女性の4割がかかるとされている病気【骨盤臓器脱(子宮脱)】

投稿日:2019年9月6日 更新日:

女性器周りの断片図

骨盤臓器脱(子宮脱)と治療法について

子宮脱の原因となる骨盤臓器脱とその治療法について見ていきましょう。

骨盤臓器脱とは

骨盤臓器脱とは、子宮脱が代表的なものですが、子宮だけではなく棒鋼や直腸、小腸や腟なども出てしまう病気のことで、骨盤の上にある臓器が腟から出てきてしまう状態のことを言います。

別名性器脱とも呼ばれる病気です。

ペッサリー療法

骨盤臓器脱の治療法の一つに、ペッサリー療法があります。

 

ペッサリー療法とは、腟の中にリングペッサリーというリング状のものを挿入し、腟の中から臓器が出てきてしまわないように器具によって対処をするもので、「とりあえず」という感じで行う療法として行われることが多いものです。

 

違和感を覚える方や、合わない方もいる療法です。

腟式子宮全摘術+前後腟壁縫縮術

腟式子宮全摘術+前後腟壁縫縮術は、その名の通り手術を伴う治療法です。

 

ペッサリー療法は手術ではなく器具を挿入するだけで出来る簡単なものですが、腟式子宮全摘術+前後腟壁縫縮術は手術を行うことによって、腟から子宮を摘出し、腟を支える筋肉を補強することを目的としています。

 

子宮を摘出しない療法もありますが、古くから利用されており、現代では腟式子宮全摘術+前後腟壁縫縮術が手術の一般的な方法となります。

メッシュ手術

メッシュ手術とは、腟式子宮全摘術+前後腟壁縫縮術が子宮を摘出するのに対して、メッシュ手術は緩んだ筋膜や靭帯の代わりとなるものを人工的に作られた補強素材によって補い、補強するタイプの手術です。

 

2000年に欧米ではじまった治療法で、日本においても2005年から導入され、年々改良が進み、強度なども改善されてきました。

 

メッシュ手術は別名TVM法(Tension-free Vaginal Mesh)とも呼ばれ、腟と膀胱の間や直腸の間に本体を挿入し、固定させることで、骨盤臓器を支えるという仕組みとなっています。

 

腟式子宮全摘術+前後腟壁縫縮術と比べて違和感が少ないという利点や1週間ほどで退院できるケースが多く、22万円~23万円ほどの負担で出来る手術となります。

-よく読まれる記事,
-, , , , , , ,

執筆者:

最新記事