公開日:2020/06/14
最終更新日:2020/08/30

産婦人科専門医が伝授!クリトリスと尿道口が3センチ以上ならバックを選びなさい!

投稿日:2020年6月14日 更新日:

白い下着姿でうつ伏せに横たわっている女性

セックスをしている人の中には、体位によって感じにくかったり、感じやすかったりすることはありませんか?

今回は腟の位置によって、オススメの体位が変わってくるというお話をしていきたいと思います。

下着姿の男性と女性がベッドの上でキスしている

女性器には「上つき」と「下つき」という言葉があります。

仰向けになった状態で腟がクリトリス側に近い場合は、「上つき」、クリトリスよりも肛門側に近い場合は「下つき」ということになります。つまり、クリトリスに近いか遠いかによって、体位によって性感が変わっていくということになります。

このことは、1924年にマリー・ボナパルトによって行われた当時パリとウィーン在住女性200人の研究調査によっても示唆されています。

「クリトリスの先端から尿道口までの距離」によって外イキ&中イキを感じれる体位が変わる?

調査内容は、「クリトリスの先端から尿道口までの距離」を測定したものです。この調査では、その距離が25mm未満を「傍陰核」、25mmを「中陰核」、25mm以上を「遠陰核」にカテゴリー分けをして、「マスターベーションではオーガズムを感じても性交でオーガズムを感じない女性は全て遠陰核の人たちであった」と結論づけられました。

なので、「上つき」の人は、クリトリスにも当たるため、正常位でも感じやすい人が多いことになりますが、肛門側にある「下つき」の人は正常位では感じにくい可能性があるので、体位を工夫する必要が出てきます。肛門側に近いということは、後背位になる体位だと快感も得やすい上、挿入もしやすいといったことになります。正常位でなかなか快感を得にくい女性は、もしかしたらこの「下つき」の可能性があるかもしれません。逆に、バックではうまく挿入できない、疲れやすい、感じにくい人は「上つき」の可能性があります。

この腟の位置は、生まれつきといったこともありますが、これは体の大きさや加齢、筋肉のバランスやつき方によって変わっていきます。小さい時は、視認できるほど女性器が上についている「上つき」ですが、それがお尻の筋肉が発達してくることによって「下つき」になっていきます。しかし、今度は加齢に伴い、お尻の筋肉が落ちていきヒップも下がってくるため、腟壁が押し上げられて「上つき」になっていきます。なので、10代後半~30代までの女性では「上つき」の割合は少ないですが、最終的には割合は半々になるのではないかと言われています。

上つきは正常位、下つきはバックが相性良し

しかし、「上つき」「下つき」は膣入口の位置が異なるだけではなく、子宮口に向かっていく腟壁の角度も変わっていきます。上つきは膣入口が上のほうにあるため、子宮に向かう腟壁の角度が下に向かっています。逆に、下つきは膣入口が下のほうにあるため、腟壁の角度が上に向かっていることになります。そのため、上つきは正常位、下つきはバックがやりやすいということになります。

ですが、このことは女性に限った話ではなく、男性も男性器の勃起の角度が加齢とともに変わっていくので、男女双方が体位の工夫が必要になっていきます。

また、もし痛みを感じるようでしたら、体位や腟の位置の問題ではなく、病気によるものの可能性があります。なので、もし異変を感じたり、痛みを感じたりするようでしたら一度医療機関にご相談してください。

 

 

 

[kns id=”12920″]

-, オーガズム
-, , , ,

執筆者:

最新記事