menu

公開日:2020/08/20
最終更新日:2021/06/06

中イキってどんな感覚?開発方法・コツ・できない原因を産婦人科専門医が徹底解説!

記事監修

丹羽咲江
名古屋市立大学医学部
日本産科婦人科学会産婦人科専門医,日本性科学会 幹事,日本性科学会認定セックスセラピスト

投稿日:2020年8月20日 更新日:

Gスポットイメージ

セックスやオナニー(自慰行為・マスターベーション・セルフプレジャーとも)で中イキをしたことがない…そんなふうに悩んでいる女性は実はたくさんいます。

「中イキ」とは、女性のオーガズムの最終到達点とも言われる強い快感のことです。

女性のオーガズムの種類は大きく分けると「外イキ」と「中イキ」の2つがありますが、Gスポット・Aスポット・ポルチオ性感帯など腟内性感帯への刺激でオーガズムに達する中イキは、外イキよりもより深い快感が得られることで知られています。

痛みに強い人、痛みに敏感な人がいるように、性的快感についても感じやすい人と感じにくい人がいます。

オーガズムに優劣はないため中イキができないからと言って劣等感を感じる必要はありませんが「中イキしてみたい!」と思っているのであれば、自分の身体を開発したり、必要な治療を受けたりすることで中イキしやすい身体になることができますよ。

この記事では、中イキの感覚や中イキするための身体の開発方法などについて、産婦人科専門医で女性のあらゆる悩みに詳しい丹羽咲江医師監修のもと、詳しく解説します。

Contents

イクとは?

「イク」とは、オーガズムを感じること、つまり快感の絶頂に至るという意味です。

男性の場合はペニスからの射精という目に見える形でオーガズムに達したことがわかりますが、女性の場合は目で見てわかる変化はありません。

セックスをすればイクが当たり前というイメージがあるかもしれませんがそんなことはなく「大好きな彼氏とのセックスで一度もイッたことがない」「中イキしたことがない」と悩んでいる女性はたくさんいます。中には、パートナーをがっかりさせないためにイッた演技をしたことのある女性もいるようです。

女性のオーガズムの種類は大きく分けて「外イキ」と「中イキ」の2つに分類されます。外イキと中イキは、実は同じ器官で快感を得ており、医学的には中イキと外イキは同じだという説もあります。

ですが一般的には快感神経が集まっているクリトリスの先端への刺激でイクことを「外イキ」、腟内にあるGスポットやAスポット、ポルチオへの刺激でイクことを「中イキ」と言います。中イキは腟イキと言われることもあります。

  • 外イキ…クリトリスや外陰部への刺激でオーガズムに達すること
  • 中イキ…Gスポット・Aスポット・ポルチオなど腟内性感帯への刺激でオーガズムに達すること

中イキは外イキと比較すると体の深い場所で感じるオーガズムであり、気持ちよさが外イキよりも継続すると言われています。

中イキと一口に言っても腟の入り口付近にある「Gスポット」での中イキ、子宮口近くの腟内奥にある「ポルチオ性感帯(子宮腟部)」での中イキ、Gスポットよりも強い快感が得られると言われる「Aスポット」での中イキの3種類に分類され、それぞれで感じ方や刺激が異なります。

中イキってどんな感覚?

オーガズムの時には子宮と腟、肛門括約筋が約0.8秒に1回のリズムで収縮し、我を忘れてしまいそうなほどの気持ちよさに襲われるといいます。

愛するパートナーと抱き合っているだけでも幸福感に満たされることはできますが、中イキすることができれば、より強い満足感、幸福感を得ることができるでしょう。

中イキしたことがある女性は全体の約3割

Gスポット・Aスポット・ポルチオなど腟内性感帯への刺激による中イキは、主にセックスの際に男性器に刺激されることによって引き起こされるものとして捉えられているため、セックスの充実度を左右するものでもあります。

大好きな彼氏やパートナーとのセックスで中イキして、二人で気持ちよくなれれば身体だけではなく心も満たされますよね。

しかし、中イキを経験したことのある女性は実は多くはありません。クリトリスなど外陰部への刺激でオーガズムに達する外イキができる人は7割ほどもいるのに対し、中イキができる人は3割ほどと言われており、中イキできるようになるにはテクニックや練習が必要なことがほとんどです。

3種類の中イキの違い

上記でも説明した通り中イキには「Gスポット」での中イキと、「ポルチオ(ボルチオ)」での中イキ、「Aスポット」での中イキの3種類があります。まずはそれぞれの違いを説明していきましょう。

Gスポットでの「中イキ」

Gスポットは腟口から4〜5cmほど入ったところ、お腹側(腟の前壁)にあります。女性の性感帯として日本でも知名度がありますが、Gスポットは開発されていないとなかなか快感を得ることはできません。

Gスポットによる中イキは、体の内側から湧き上がるような快感という特徴があります。

クリトリスに次いで有名な性感帯であるGスポットを刺激し続けると、「おしっこをしたくなるような感じ」になる場合が多いです。

  • 足に力が入らなくてガクガク痙攣
  • 急に全身の力が抜ける感覚

Gスポットで中イキをした時の感じ方は上記のようなケースが多く、体の内側から押し寄せて溢れてくるような快感を味わうことができます。

ポルチオでの「中イキ」

Gスポットよりも強い快感を得られると言われているのがポルチオ性感帯です。ポルチオとは腟の奥の子宮口の近くの、少し子宮が飛び出た部分のことを言います。腟の奥の部分でオーガズムを感じるので、奥イキとも呼ばれます。

ポルチオによる中イキはオーガズムを感じる時間が長く深く、その波が次々に起こるという特徴があります。

クリトリスによる外イキ、Gスポットによる中イキとも全く快感の種類が異なり、中で連続してイキ続けることができるのがポルチオでの中イキです。

腟の長さは人によっても異なりますが、平均すると8〜10cmほどと言われるため、指ではポルチオに届かないこともあります。

Aスポットでの「中イキ」

チュア・チーアン医師によって1989年に発見されたAスポットとは前円蓋性感帯(Anterior fornix erogenous zone)のことで、頭文字を取ってAスポットと呼ばれています。

Aスポットは日本ではあまり認知されていませんが、Gスポット以上に強烈なオーガズムが得られると言われる腟内性感帯です。

元々は腟の乾燥に悩んでいた女性のための研究で見つかったAスポットは、刺激を続けると急速に腟が濡れてくると言われています。

個人差はありますが、Aスポットはお腹側の一番奥のくぼんだ場所(ポルチオの上)にあり、腟の入り口からはおよそ13cmの部分にあります。

指ではAスポットまで届かないことが多いため、Aスポットを刺激したい場合にはバイブやディルドなどのアダルトグッズを使って刺激するといいでしょう。

チーアン医師による研究では10分〜15分ほどのAスポット刺激でオーガズムに達した人は15%でしたが、腟の濡れに関して言えば、実験に参加した女性の3分の2に効果的だったという結果が出ています。

外イキと中イキの感度の違い

外イキと中イキの快楽の違いは、もちろん人により感じ方は千差万別です。しかし一般的に言われているのが「中イキは外イキよりもはるかに気持ちよく、何度もイッてしまう感覚は一度体験したら病み付きになってしまう」ということです。

以下の項目で中イキを実際に経験した人の口コミを参考に、外イキとの違いをまとめて説明していきます。

  • クリトリスとは全く感じ方のレベルが異なり、一度イクと何度もイッてしまう
  • 下半身から体全体に気持ちよさが広がってくる感覚
  • 子宮の奥深くに響く感じがする
  • ゆっくりと動く騎乗位だと中イキをしやすくなる
  • クリトリスでイクよりも断然気持ち良い
  • 相手に動いてもらわずに自分が気持ち良い部分を意識して動くほうが体感できる
  • 挿入して恥骨側に向けて挿入の出し入れをしてくれると何か掴める
  • 奥をゆっくりとグググっと突かれると毎回最低2回は中イキする
  • 体の中からじんわりと気持ちいい感覚
  • 座位で奥の方に当たるように意識して動いて初めて中イキを経験できた

あくまで個人差があるということは前提です。人により感じ方や中イキのしやすさは当然ありますし、パートナーとの相性もあります。

しかし、一般的にはクリトリスによる外イキよりも中イキの方が気持ちよく、未体験の経験を体感できるという声が多いのは事実です。

中イキするコツ

中イキに興味はあるけど彼のテクニックでは無理かも…そう思っていませんか?

中イキを叶えるためには自分の体を知り、中イキできる体に開発しておくことが最も重要です。自分自身の中イキするポイントを把握しておき、どうすればイキやすいかを事前に把握しておくことで、パートナーにも伝えやすくなりますよね。

自分で自分の体を知る以外に、中イキには以下のようなコツがあります。

  • 腟内で最も感じる部分を把握しておく
  • 騎乗位でゆっくりと自分が感じる位置に体を動かす
  • 挿入時に大きく動かさずに奥を刺激する
  • 足をピーンと伸ばした状態で挿入する
  • 妄想する力を高める

中イキのコツを掴み、ひとりエッチで自分の感じるポイントを掴んでおけば、パートナーとのセックス時にタイミングを合わせた「同時イキ」も実現しやすくなります。

中イキできない原因

中イキができない原因は心理的なものもあります(過去に性的なトラウマがある、セックスの時に痛いとか怖さを感じる、パートナーとの関係性も問題がある場合)

ですが、それ以上に腟内のGスポットを開発できていないという、性感帯が未発達ということが大きな原因になっているケースというものが多いです。中イキするためには、中でイクという感覚を掴めていなければいけません。

ここからは、中イキできない理由をご紹介します。人によっても中イキが上手くできない理由は異なるため「どうして自分は中イキができないのか?」ということを知って、適切な対策をおこないましょう。

そもそもオーガズムを感じたことがない

中イキ以前に、そもそもオーガズム自体を感じたことがない人も少なくありません。セックスでイケる人、オーガズムに達することができる人は一説では女性の3分の1ほどだとも言われています。

つまり、外イキと中イキのいずれも、多くの女性にとっては練習を重ねることが必要ということです。クリトリスによる刺激でオーガズムに達する外イキを経験したことがない人が、最初から中イキを経験するというのは簡単ではありません。

オーガズムを感じたことがない人は、まずは外イキによる性的快感を経験してみて「オーガズム」や「イク」という感覚がどんなものなのか、繰り返し感じてみるといいでしょう。

性感帯が未開発

上記でもご紹介の通り「イク」という感覚は刺激を繰り返し、身体を開発していくことによって敏感になったり快感を拾いやすくなったりして達することができる感覚です。

クリトリス・Gスポット・Aスポット・ポルチオなどいずれの性感帯の場合も、あまり触ったことがない、刺激したことがない場合は性的快感が得られにくいこともあります。

セックスの場合は相手がいるため、気を使って時間をかけて性感帯を開発できないという人も多いでしょう。その場合は、指やバイブ、ディルドなどを使ったオナニーによって性感帯を開発するのも中イキ開発のための方法の一つです。

前戯が短い・挿入時間が短い

そもそも、女性の身体は男性のペニスを腟内に挿入して少し動いたくらいでは中イキすることはできません。女性がオーガズムに達するためには20分ほどかかるといわれています。

男性がすぐに射精してしまう、体力がなく長くセックスができないなど、挿入時間が短いと快感の高まりを感じられず、イケないこともあります。

また、挿入前の前戯も重要です。女性の性的快感は身体的な部分はもちろん、精神的な部分も影響するため挿入前の前戯で気持ちを盛り上げることで中イキしやすくなります。男性にセックステクニックがない場合もイキにくくなると言えるでしょう。

避妊に不安がある

子供がほしいカップルであれば別ですが、結婚や子供を持つことを考えていない段階ではしっかりとした避妊をおこなわなければいけません。

パートナーが避妊に協力的ではないなどの理由から「妊娠したらどうしよう」などセックスに不安があると集中できず、中イキどころではなくなってしまいますよね。

コンドームは男性側がおこなう避妊法ですが、コンドームによる避妊で不安がある場合は、女性側が低用量ピルを使って避妊をすることもできます。

コンドームによる避妊率85%ですが、これは正しく使用した場合であり、使い方を間違ったり、使用期限切れのものを使用したりすれば避妊率は大きく低下することになります。

一方で、低用量ピルでの避妊率は100%に近く、薬を飲み忘れさえしなければほぼ確実に避妊できます。

ただし、低用量ピルでは性感染症までは予防できません。男性にはコンドームをしてもらったうえで低用量ピルで避妊をおこなうのが安心です。

ピルを飲むと妊娠しないのはなぜ?メリットや種類を解説

ピルのオンライン診療の料金・種類・クリニックによる違いって?

超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピルの違い、自分に合うのはどれ?

モーニングアフターピルって性行為の72時間超えて96時間後に飲んだら効果ない?

体質的に中イキがしにくい

イタリアの研究で「中イキ(腟イキ)できない」と話す女性の腟の超音波スキャンをおこなったところ、本来Gスポットがあるとされている部分の腟壁にはっきりとした厚みが確認できたという報告があります。

これは現時点ではまだ仮説ですが、中には体質的に中イキがしにくい女性もいると言われています。

腟の緩み・クリトリス包茎・腟の潤い不足

セックスの際に快感を得られない症状を「不感症」と言いますが、それらは腟のゆるみ・クリトリス包茎・腟の潤い不足など身体的な部分が原因となっていることがあります。

中イキできない原因が身体的なことにある場合、Gスポット開発などをおこなおうとしてもなかなか上手くいかないこともあり、自力での開発・改善が困難なこともあります。

デリケートな問題であるため、誰にも相談できず悩んでしまっている女性も少なくありませんが、今は多くのクリニックで適切な治療が受けられる時代です。気になる症状を感じている方は、まずは相談だけでもしてみてもいいかもしれません。

腟の緩み

出産や加齢など、腟の緩みはさまざまな原因で起こります。

女性は加齢とともに筋肉が緩んでいきますが、骨盤底筋群という腟や肛門まわりの筋肉も同じように緩んでいきます。加齢だけでなく妊娠出産においても、出産の準備で腟が伸びやすく柔らかくなり、出産時は赤ちゃんが腟壁を押し広げて出てくるので、産後は腟の緩みが生じてしまうのです。

腟が緩んでしまうと男性はセックスの時に不満を感じるようになるかもしれませんし、女性は不感症などの症状に陥るケースもあります。腟内に空気や水が入りやすくなるので、悪臭の原因や色のついたオリモノが出る細菌性腟症の発症に繋がる場合もあります。

腟のゆるみは放っておいて大丈夫?原因や解決法・腟圧セルフチェック法

クリトリス包茎

包茎というと男性器(ペニス)特有の症状というイメージがあるかもしれませんが、実は女性にも包茎があります。

クリトリスは男性器で言えば亀頭にあたり、性的興奮によって勃起します。クリトリスは包皮で覆われており、この包皮をクリトリス包皮といいますが、クリトリス包皮が剥けていない状態のことを「クリトリス包茎」と言います。

クリトリス包茎の場合、恥垢が溜まりやすくニオイの原因になったり、クリトリスが包皮に覆われて露出しないことで性的快感を感じにくくなってしまったりと、さまざまなデメリットがあります。

クリトリスは中イキには直接関わっていないものの、「外イキを経験したことがない人は中イキも経験しにくいこと」や「ブレンド・オーガズム(複数の性感帯を刺激することで得られるさまざまな性感帯が連動した強烈な快感のこと)を得にくくなること」を考えると、中イキのために大切な性感帯でもあります。

また、クリトリス包茎はニオイの原因にもなるため、セックスの相手に不快感を与えていないかと不安になり、性行為に集中できなくなってしまう可能性もあります。

「私ってもしかしてクリトリス包茎?」と思ったら早めにクリニックに相談してみるのがおすすめですよ。

クリトリス包茎手術とは?メリットや手術内容・注意点・費用相場

腟の潤い不足

腟が濡れるのは生理現象の一つです。性的興奮で濡れるほか、女性の身体が傷つかないようにするために単に外的刺激が加わった場合でも濡れることがあります。

腟の潤いが少ないと、セックスの際にペニスを挿入したり、オナニーの時にバイブやディルドを挿入したりするときに痛みを感じる原因になります。痛みが生じれば、当然快感どころではなくなってしまいますよね。

腟の乾燥による性交痛は更年期障害の症状の一つでもあります。女性は年をとるとエストロゲンが減少するため、腟が乾燥して潤いが不足してきます。

また「セックスが怖い・嫌な思いをした」「妊娠したらどうしよう」「痛かったらどうしよう」「セックスが気持ちよくない(苦痛に感じている)」など、不安やトラウマから濡れにくくなってしまうケースも考えられます。

パートナーとしっかり話し合う、正しい避妊方法を身につけるなど、安心してセックスができる状況を作ってからリラックスして行為に及ぶことで、緊張がほぐれて中イキもしやすくなるでしょう。

また、腟の乾燥はクリニックでも治療することができます。顔の治療など、美容医療でも使われている炭酸ガスフラクショナルレーザーを応用し開発をおこなった「モナリザタッチ」は腟専用のレーザー治療機で、乾燥による性交痛のほか、ニオイやかゆみなども治療できます。

腟の悩みを解決する「モナリザタッチ」とは?特徴・効果を徹底解説

 福岡市で中イキ開発・不感症治療ができる評判の良い病院 おすすめ6選

中イキしやすい体位

挿入後にGスポットを刺激しやすい体位、これがセックス中に中イキしやすい体位です。腰の位置やペニスが当たる場所を調整し、セックス中の中イキにも挑戦してみましょう。

騎乗位

中イキしやすい体位として最も有名なのが騎乗位です。

女性が男性の体に跨り、自分自身でGスポットやポルチオにペニスを当てるように調整することができるため、自分の好きな角度を探して中イキのキッカケを作ることが可能です。

松葉崩し

聞いたことがあるという方は少ないかもしれませんが、松葉崩しも中イキしやすいと言われている体位です。

中イキをするためにはペニスを奥深くまで挿入する必要があります。松葉崩しは横に寝た女性の足の間に男性の足が入り込むようにして挿入しますので、ペニスが子宮口に当たりやすく奥深くまでの挿入を可能にします。

ポルチオによる中イキが好きだという方、奥まで深く挿入されることで快楽を得やすいという方に特におすすめの体位です。

バック

松葉崩しと同様に、バック(後背位)も子宮奥にあるポルチオを刺激しやすい体位です。

バックで中イキするためのコツはピストン運動で奥を突くのではなく、腰を押し付けるようにして奥を圧迫するという刺激を与え続けてもらうことです。

さらに奥深くの挿入感を味わえる寝バックはさらに中イキしやすい体位と言われていますので、バックでは物足りないという方におすすめです。

背面側位

ベッドに横向きになり、背後から挿入する背面側位(横臥位)も中イキしやすいと言われることがある体位です。ただし、相性もあるため場合によってはイキにくいこともあります。

男性と女声の体勢を上手く調整できれば深い挿入ができるようになりますが、男性側は大きく腰を動かしにくいため「腟奥を強く突かれて痛みを感じる」ということが起こりにくく、ゆっくりのセックスのほうが感じるという女性向きの体位です。

いくつかの体位を試してみて、一番快感を得られやすい体位を見つけてみましょう。

5つの中イキの開発方法

中イキするための開発方法にはいくつかあります。

  1. 外イキを繰り返す
  2. 中イキの練習をする(Gスポット開発)
  3. スローセックス
  4. 子宮を揺らす
  5. クリニックでの治療

一つ一つ順番にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

中イキの開発方法①外イキを繰り返す

中イキできない原因の項目でもご紹介した通り、そもそもオーガズムをあまり感じたことがないという人は中イキもしにくいと言われています。

「ひとりエッチは恥ずかしい」などのイメージから、クリトリスの先端への刺激でイッたことがないという人はオーガズムという感覚自体を知りません。

「中でイキそう」そいう感覚を感じるためにも、外イキの経験が少ない方はクリトリスで性的快感を得る練習をしてみるといいでしょう。

クリトリスの刺激方法も、指を使ったり、ローターなどのアダルトグッズを使ったりなどさまざまです。自分に合った方法で外イキを繰り返してみましょう。

中イキの開発方法②中イキの練習をする(Gスポット開発)

中イキの練習方法はさまざまですが、ポルチオによる中イキは上級者向けだと言われているため、まずは中イキの主役とも言われるGスポットで練習してみるのがおすすめです。

ポルチオは子宮口なので、赤ちゃんを産んだことのない人や20代の人は刺激しても硬くて痛いこともあるため、焦らず開発していくようにするといいでしょう。

Gスポットは腟前壁の3~5cmくらいの所にあります。腟内に入れた指の第二関節あたりですが人によって場所は異なりますので、自分のGスポットの位置は自分自身で探しましょう。

Gスポットを刺激して体感できる中イキをするために必要なポイントと練習方法を以下の項目で説明していきます。

手順1:Gスポットを見つける

中イキするために最も重要なのは、自分のGスポットの位置を見つけるということです。まずは自分のGスポットの位置を見つけるための手順を紹介していきます。

STEP1

仰向けに寝て両膝を立てる。普段のひとりエッチと同じ方法でしっかりと濡らします。

STEP2

手の平を上に向けて中指を少しだけ曲げた状態にしながら、ゆっくりと腟内へ指を挿入します。

STEP3

腟内に指を第二関節までいれたら、指の腹を優しく擦り付けるように左右に動かしていきます。

腟内に入れた指の先にザラザラとした指ざわりを発見することができたら、そこがあなたのGスポットです。

上記手順でGスポットの正確な位置を発見したあとは、ひとりエッチをしながら中イキの感覚を掴んでいくステップへと移行していきます。

手順2:Gスポットに集中したひとりエッチ

パートナーとのセックスで中イキをするためには、中イキの感覚を事前に掴んでおくことがとても重要です。ここからはGスポットに集中し、中イキの感覚を掴むためのひとりエッチの方法を紹介していきます。

STEP1(乳首とクリトリスを刺激)

まずは腟内の潤いを意識します。Gスポットで中イキをしたいからという理由で、最初からGスポットのみを刺激し続けないようにするのがポイント。

まずは普通のひとりエッチの時と同様に、普段自分が気持ち良いと感じる乳首やクリトリスを刺激します。

クリトリスを刺激し続けていると気持ちよくなってきますよね。そのままクリトリスで外イキまでして次のステップに移行するパターンと、外イキをさせないで次のステップに移行するパターンは自分自身でどちらも試してみましょう。

STEP2(Gスポットへの刺激)

手の平を上に向け、中指を少しだけ曲げた状態でゆっくりと腟内へ挿入します。上記でも説明しましたが、この時に指先にザラザラとした指ざわりの箇所を発見することができたら、そこがGスポットです。

STEP3(Gスポットで中イキ)

Gスポットは尿道に近い部分なので、必ず最初は戸惑いを感じるはずです。指で触っていると膀胱が刺激されるので、おしっこがしたくなるような感覚になります。

中イキの感覚を覚えるためには焦らずにジックリと少しずつ感覚を掴んでいくことが大切。すぐに中でイクことはできないかもしれませんが、性感帯が開発されていくと腟全体が感じるようになり、そのまま刺激を与え続ける事で中でイクことができるようになります。

慣れてくればひとりエッチでも身体の力が抜け、全身にジワジワと波のように広がっていく中イキの感覚を感じられるようになります。

中イキの開発方法③スローセックス

射精や絶頂を目的とした男性本位のセックスに対し、ゆっくり時間をかけ、男女が互いをいたわりながら肌を重ねる時間を楽しむ性行為をスローセックスと言います。

セックスセラピストであるアダム徳永氏の著書がベストセラーになったことで広く知られるようになりました。

「スロー」という語感から、単に「長時間のセックス」と受け止められることも多いが、アダム徳永氏はスローセックスの本質を、下記の8つの定義で提示しています。

【スローセックスの定義】

  1. セックスは神様からの最高のプレゼントであり、崇高で尊厳ある行為。それを実践するもの
  2. 愛と性エネルギーを交流させ、人生に喜びと幸福をもたらすもの
  3. セックスは男女の究極的な芸術表現。豊な感性を育み感受性を育てるもの
  4. 最高のエクスタシーを体感し、最高の喜びを共有し合うもの
  5. 前戯15分・交接5分のセックス、欲望の処理を目的としたセックス、相手を無視した自分勝手なセックス、これらを「ジャンクセックス」と呼び、その対極をなすもの
  6. 感じているふり・イッたふりなど一切しなくていい、ただ快感に酔いしれる行為
  7. イクことは結果でしかない。イクこと・イカせることを目的とせず、セックスの行為そのものを、時間を忘れて満喫するもの
  8. 正しい性知識を学び、そのテクニックをマスターしてはじめて実現できるもの

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/スローセックス

アダムタッチとは

アダム徳永氏が推奨する、手を使った全身愛撫法で、スローセックスの根幹をなすフィンガーテクニックです。女性を感じさせながら、同時に感じやすい体へと劇的に変化させる効能が最大の特徴です。

まず、手のひらを肌から2センチ浮かせた位置から、5本の指先だけを肌の上にそっと置く。これが手の形の基本フォーム。愛撫でのポイントは、指先が皮膚に触れるか触れないかの絶妙で繊細なタッチ圧。基本フォームとタッチ圧をキープしたまま、サクラの花びらが舞い落ちるような“秒速5センチ”のゆったりしたスピードで、部位に対して楕円形を描くように手を動かすのが基本動作となります。

既存のセックスにおける、一般男性の強く早い刺激とは逆に、「優しくゆったり」した刺激こそ、物理的刺激を性的快感に変換していく女性の脳の機能に理想的な愛撫であると説いています。

お互いを思いやり、ゆっくりと時間をかけて愛しあうセックスこそが中イキするコツと言えるかもしれません。

丹羽咲江医師のコメント

男女双方にとって理想的な、本来あるべきセックスだと思います。お互いを思いやり、時間をじっくりかけることによって痛みの無いセックス、無理のないセックスが可能になります。生殖だけを目的にした感情の無いセックス、自分だけが気持ちよければよいといったAVに感化され過ぎたジャンクセックスは、体だけではなく、心も傷つけることになります。

中イキの開発方法④子宮を揺らす

オーガズムが発生するときは、骨盤底筋が痙攣していると同じ現象がおきています。

STEP1:リラックスしてトランス状態に入る

中イキするために一番大事なのがメンタル(気持ちの問題)です。トランス状態に入るための手順としては、

  1. 仰向けになり、足を開いて、手は体から少し離してリラックスの状態を作ります。
  2. ゆっくりと深呼吸を繰り返しながら、カラダをリラックスさせていきます。
  3. 深呼吸をゆっくり繰り返しながら、息を吐くときにカラダ全体の力が抜けていくとイメージします。
  4. 息を吸うときは「息を吸ってるな」と思いながら吸って、イキを吐くときは「イキを吐いてるな」と思いながら息を吐いてみて下さい。

こうやって自分が今やっていることに意識を向けることで、集中力が高まりトランス状態に入ってきます。

STEP2:想像力を高めて興奮する

リラックスすればするほど、深いトランス状態になり頭がボンヤリしてきます。続いて自分の想像力を高めて興奮するようにします。

  1. あなたが気持ちよくなっている状態をイメージしたり、その状況をストーリーで妄想します。
  2. ストーリーが展開していくと、あなたは気持ちいいだけの快楽に導かれていきます。もし、なんかモゾモゾするな、身体がポカポカするなと感じたら、その反応を楽しんでください。
  3. 少しずつ、あなたのカラダに軽く触れたり、なぞったりして気持ちよさを感じてみてください。ここで大事なことは、すぐにクリトリスや腟には一切さわらないことです。
  4. 気持ちいいエネルギーを子宮に溜めていくというイメージを持ってください。中イキとはその子宮に溜まった気持ちいいパワーが逝くと同時に放出する。そんなイメージです。

STEP3:刺激を与えて気持ちよくなる

かなり気分が高まってきたら、おへその下あたりに手を載せて少し揺らしてみます。

丹羽咲江先生のコメント

確かに子宮を揺らすことによって骨盤底筋を収縮させることになるので中イキすることができるかもしれません。ただ子宮を揺らすだけではなく、トランス状態を作ること、想像力を高めて興奮度を高めることも必要になります。ただ、ペニスの挿入による中イキを知っている女性にとっては物足りないかもしれません。

中イキの開発方法⑤クリニックでの治療

外イキを繰り返す、Gスポット開発によって中イキの練習をする、スローセックスを試してみる、子宮を揺らず…などなど、上記の方法をおこなってみてもどうしても中イキができない。

そんな方はクリニックで治療を受けてみるのもおすすめです。

人間の身体は、顔と同じで個人差があります。生まれつき快感を感じやすい身体の人もいれば、クリトリス包茎などによって快感を得にくくなってしまっているケースもあります。

セックスについての悩みということで、友達や家族、パートナーには相談しにくいという方も少なくありませんが、クリニックのドクターは女性の身体についてのスペシャリストです。

治療を受けるかどうか迷っているという方も、相談だけでもしてみると解決策が見つかるかもしれませんよ。

Gショット(注射によるヒアルロン酸注入)

女性誌で特集が組まれたり、有名芸能人が治療をしたことで少しずつ周知されているGショットという施術を知っていますか?

セックスに満足できない、オーガズムに達したことがない、中イキを経験できない…性的満足度が減少するとセックスが楽しいものではなくなり、ストレスになってしまうケースもあります。

セックスライフを充実させるための施術として注目されているGショット。特徴や効果など気になる部分を以下で解説していきます。

Gスポット開発できるヒアルロン酸注射「Gショット」の効果・治療の流れ

Gショットとは

Gショットとは、女性がオーガズムを感じるGスポットにヒアルロン酸を注射する施術です。

専用のヒアルロン酸を注入することで腟内の壁を盛り上げ、Gスポットに男性器が当たりやすくすることで、感度を上げて、オーガズムを高めさせることが期待できます。

注入時には痛みを軽減させるために局所麻酔を使用しますので、デリケートゾーンへの注射ということで怖がる心配はありません。

効果

Gショットによりヒアルロン酸を注入し盛り上がった腟壁は、6ヶ月から10ヶ月の間維持します。引き続き効果を得たいという方は、定期的に注射をしてもらいましょう。

施術

中でイクために必要不可欠なGスポットは、Gショットにより専用のヒアルロン酸を注入することで男性器が触れやすくなります。

術前検査は特になく、多くの病院では来院初回でもその日に施術可能です。30分程度で施術完了となりますので、気軽な気持ちで受診できるのも嬉しい点です。

術後・ダウンタイム

ヒアルロン酸を注入した施術当日から普段通りの生活を送ることが可能です。面倒なダウンタイムなどは一切ありません。

経過の受診

注入したあとにどのような変化があるのかなどの経過の受診もありません。何度も病院に通院する必要がないので楽な気持ちで施術に臨めます。

当日の施術時間

Gスポットへの注入自体は数分で終了します。その後、院内に滞在する時間は診察と治療を含めても40分~50分程度です。少しの時間で悩みを解消できるのも嬉しい点です。

デメリット

Gスポットの位置は個人差があるため、的確にGスポットにヒアルロン酸を注入することが出来かねます。

渋谷で中イキの開発・不感症治療ができる評判の良い病院 おすすめ14選

福岡市で中イキ開発・不感症治療ができる評判の良い病院 おすすめ5選

新潟市で不感症治療ができる評判の良い病院 おすすめ6選

腟のタイトニング

腟の緩みも中イキしにくくなる原因です。加齢や出産による緩みのほか、最近では若い女性でも腟の緩みを感じている人が多くなってきていると言われています。

腟の緩みの原因は「骨盤底筋群」という筋肉の衰えですが、昔とは違いしゃがむことが少なくなった現代では子宮を支える骨盤底筋群の筋力が弱くなりがちであるためです。

筋力トレーニングやエクササイズなどでは簡単に引き締められない腟の緩みは、腟縮小術で解決することが可能です。

セックス時の不満だけでなく、日常生活に支障をきたす病気を発症する危険性もある腟の緩み。そんな腟の緩みを解消してくれるのが腟縮小術です。

腟縮小術には3種類の方法があります。

  1. ハイフ/HIFU(超音波による切らない治療)
  2. ヒアルロン酸などフィラー(皮膚充填剤)の注入
  3. 腟縮小術(切開を伴う治療)

メスを使った皆さんが思い浮かべている手術以外にも、超音波による施術や注入法などで腟の緩みは解消することができます。

ハイフ/HIFU(超音波による切らない治療)

まずは、HIFU(超音波)による腟縮小についてご紹介していきます。

腟の若返り&尿失禁・便失禁にも効果「yoniHIFU(ヨニハイフ)」って?

yoniHIFU(ヨニハイフ)とは

yoniHIFU(ヨニハイフ)は、クリニック・メーカー・東北大学の三者が手を取って開発したHIFU機器で、全自動で照射できることが特徴です。

4°ずつ360°の照射を全自動でおこなうため施術者による治療のムラががなく、安心して治療を受けることができます。

腟内にハンドピースを挿入し、メスを使うことなく皮膚の内側へとHIFUエネルギーを照射することで腟の緩みを改善していきます。照射することで腟内のコラーゲンが活性化され、腟のタイトニングと弾力性を増加します。

yoniHIFU(ヨニハイフ)の効果

yoniHIFU(ヨニハイフ)は300症例以上の施術経験によって確立された「Wハイフ」という治療法を推奨しています。

Wハイフとは、これまでおこなわれてきた「経腟的ハイフ」に「経肛門的ハイフ」をプラスすることで尿失禁の治療効果をより高め、さらに便失禁にも効果を発揮するアプローチのことです。

また、腟の収縮力に関して言えば、経腟的ハイフよりも経肛門的ハイフの方が効果が期待できるため、腟のゆるみや性交時の満足度・感度にお悩みの方にもおすすめです。

さらに、一列の線状でしか照射できなかった従来の超音波を使用したマシン治療とは異なり、yoniHIFU(ヨニハイフ)は「面での照射」をおこなうことが可能です。

その結果、より広い範囲をリフトアップできるようになり、これまでよりも少ない治療回数・短い施術時間で治療の効果を実感できるようになったのです。

yoniHIFU(ヨニハイフ)の効果
  • 腟のタイトニング
  • 肛門括約筋のタイトニング
  • 尿漏れ・尿失禁の改善
  • 便失禁の改善
  • 子宮脱(骨盤臓器脱)
  • セックス(性交渉)の満足度・感度アップ
  • 性交痛の改善
  • 腟のゆるみの改善
  • 腟の弾力性アップ
  • 腟組織のコラーゲンの再生
  • 免疫力を高めて炎症や乾燥を予防
yoniHIFU(ヨニハイフ)のダウンタイム

yoniHIFU(ヨニハイフ)は痛みもほぼなく、麻酔不要で施術が可能。非侵襲(ひしんしゅう)という皮膚の切開を伴わない施術になりますので、ダウンタイムもほとんどありません。

yoniHIFU(ヨニハイフ)の施術時間・施術頻度

yoniHIFU(ヨニハイフ)の施術時間は約20分〜60分で、痛みがほぼないため麻酔を使わず治療できます。

効果は一度の施術でも効果を実感できる方もいますが、患者さん一人ひとりの年齢や腟の緩みにより効果には個人差がありますので、2回目以降の施術については担当医と相談しながら決めましょう。

なお、尿失禁の症状がある場合は、最初の照射から3ヶ月後と6ヶ月後に追加照射を受けるのが効果的です。その後も施術の効果を維持したいという方は1年に1回ほどyoniHIFU(ヨニハイフ)による施術を受けるのがおすすめです。

HIFU(ハイフ)とは?レーザーとの違い

HIFUとはHigh Intensity Focused Ultrasoundの略で、日本語にすると『高密度焦点式超音波治療法』という意味になります。レンズを使用して光を1点に集めてエネルギーを作り出す超音波で、集束された部分だけが高温になるので他の組織へのダメージはほぼありません。

肝臓がん、子宮がん、乳がんの治療にも使われており、近年では子宮筋腫の治療にも使用されるようになっています。

yoniHIFU(ヨニハイフ)など、HIFU(ハイフ)機器は下記のようなメカニズムで作用します。

HIFUの作用のメカニズム
【第1ステージ】

コラーゲンの変性

HIFUエネルギー照射後、個人差はあるものの約1週間程度の時間をかけて、腟内のコラーゲンは下記のように変性していきます。

  1. 熱凝固点
  2. 分子の振動
  3. 分子の摩擦
  4. 熱発生(60-70°C)
  5. 組織の崩壊
  6. 変性
【2ステージ】

新しい自己コラーゲンの形成

HIFUエネルギーの照射後、約3週間頃から効果が出始め、それが約1年間続きます。(持続期間に個人差あり)

また、yoniHIFU(ヨニハイフ)などのHIFU機器と比較される機器としてはCO2レーザーやYAGレーザーなどがありますが、これらとは施術のメカニズムが大きく異なります。

CO2レーザーやYAGレーザーは粘膜上皮層までしか進達しませんが、yoniHIFU(ヨニハイフ)によるHIFUエネルギーは表面から約1.5mmから4.5mmの深さまで届きます。

深達度は深いほうが腟のタイトニングには良い効果を期待出来ます。その効果は、HIFUのフェイスリフティングやタイトニングの30万症例によって確証されている事実です。

出産後にyoniHIFU(ヨニハイフ)を受けることができる?

出産後12ヶ月を過ぎてからyoniHIFU(ヨニハイフ)を受けることがおすすめです。

腟の緩みの原因の多くは加齢と出産です。産後は腟の緩みが気になりすぐにでも施術をしたいと考えてしまうかもしれませんが、12ヶ月を過ぎてからにしましょう。

しかし、こちらも人により個人差がありますので状況は異なります。気になる方は担当医に直接確認してみるのが良いでしょう。

また、出産後で母乳が出ている間は、「プロラクチン」という母乳を分泌するホルモンが出ています。プロラクチンは性欲を抑える働きをします。授乳をやめることでプロラクチンの分泌は減少しますので、時間が経てばまた以前の感覚が戻ってくるはずです。

更年期障害が原因となっている不感症の改善には、女性ホルモンであるエストロゲンの投与が効果が期待出来ます。

ヒアルロン酸などフィラー(皮膚充填剤)の注入

人の皮膚に安全に注入できる生化学物質のことをフィラー(filler)と呼びます。注入法による中イキ開発とは腟内にこのフィラーを注入し、腟を内側から膨らませる施術のことです。

最もポピュラーかつ頻繁に使用されるフィラーが、ヒアルロン酸の注射剤です。

腟にヒアルロン酸の注射をすると聞くと痛みが心配かと思いますが、局所麻酔を実施してからの施術になりますので痛みはほとんどなく、10分から20分という短時間で施術は完了。通院の必要もありませんので、手軽に施術に臨むことができます。

腟タイトニング・名器形成ができる「腟ヒアル(腟縮小ヒアルロン酸注射)」とは?

 

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入による腟縮小は、腟に適したヒアルロン酸の一種を注入する方法となります。ヒアルロン酸の中には、デキストランビーズという成分が含まれており、コラーゲンとエラスチンを引き寄せる作用があります。

ヒアルロン酸注入後は、時間の経過とともに徐々に体内に吸収されていき、効果が続いている間は腟内に柔らかさや弾力がもたらされ、腟縮小へと繋がります。

従来のメスを使う方法では、出産を考えている方だと使用できなケースも多かったですが、ヒアルロン酸の注入では、出産に影響を与えないため安心して治療に専念することが可能となります。

また、フランス製のヒアルロン酸は、全世界50か所以上で使用されており、植物性由来の原料で発行培養法で作られているため、非常に高い安全性となっています。

渋谷で腟縮小手術ができる評判の良いおすすめの病院12選

半蔵門・永田町で不感症治療ができる評判の良い病院おすすめ5選

腟縮小術(切開を伴う治療)

安全で出産にも影響がないヒアルロン酸注入ですが、効果には限りがあり継続して腟のゆるみを改善するには、何度も治療を受ける必要があります。

そのため確実に、半永久的に腟のゆるみを改善したい方には、手術による腟縮小術が有効となります。

腟縮小手術では、粘膜を除去したり、会陰部や会陰小帯を切除したり、腟粘膜や筋層を剥離して縫合します。この方法では、腟の入り口だけではなく腟の奥まで縮小することができるため、効果は半永久的で、出産を経験したことで広がったしまった方にもおすすめです。

腟縮小手術は、それぞれの悩みや症状に合わせて縮小範囲を決める必要があり、施術を受ける前にきちんとカウンセリングを行い、どのように縮小するかをきちんと医師を話し合いをしましょう。

また、高度な技術と経験が求められる施術方法で、子宮に近い位置での手術となるため危険性は高くなっています。施術を受ける時には、しっかりとカウンセリングを行うクリニックであること、高い技術を持っている医師が担当することを必ず確認するようにしましょう。

腟の締まりを良くする「腟縮小手術」の内容・料金相場・感想や評判・Q&Aを紹介

 

腟縮小術はこんな症状にお悩みの方におすすめです

腟縮小術が適している症状は以下のようになります。

  • 感度を上げたい
  • 腟の緩みが気になる
  • 出産後に腟が広がった
  • 昔のような感覚を取り戻したい
  • パートナーが満足しているか気になる
  • 男性経験が多いと思われそう
  • 入浴時にお湯が入ってくる
  • 腟内に空気が入ってくる

腟の緩みは、他の人と比べることが難しい症状ですし、女性特有のデリケートな悩みですので、相談できずに一人で抱え込んでいる方も多いと思います。

しかし、日常に支障きたすような問題でもありますし、早めに信頼できるクリニックで治療を受けることを推奨しています。

麻酔について

治療を受ける際に気になるのが、施術中の痛みだと思います。一昔前までは、腟の治療は痛いという印象が強くあり、治療を受けることのハードルが高くなっていました。

しかし、最近では手術前に局部麻酔の痛みを和らげる麻酔クリームを塗り、その後、局部麻酔を注入していきます。麻酔クリームを事前に塗ることもあり、少々チクッとする程度ですし、手術中は痛みをほとんど感じないので安心して治療を受けることができます。

また、静脈麻酔管理料を併用することで、完全に無痛にすることもできるので、不安な方はご利用を検討下さい。

まとめ

女性が感じられるオーガズムの中でも最終到達点と言われる中イキでは、外イキよりも深く強烈な快感を得ることができます。

アダルトビデオのAV女優が中イキしているのを見ると「私は中でイケない…」と落ち込んでしまうかもしれませんが、そもそもアダルトビデオはフィクションであり、その多くが演技です。

セックスは一人だけではなく、二人で性的快感を得て気持ちよくなることが大切。激しいセックスで快感を得られないのであれば、今回ご紹介したようなスローセックスでゆっくりと快感にゆだねてみるといいでしょう。

自力での中イキが難しい場合や、腟が濡れにくいなど悩みを抱えている場合はクリニックに相談してみるのもおすすめです。

ヒアルロン酸注射やレーザー治療など、切らずに短時間で手軽にできる施術もたくさんあります。ぜひ記事を参考に、素敵なラブタイムを過ごしてみてください。

また、後半ではより上級者向けと言われるポルチオでの快感についてもご紹介していますので、こちらもあわせて参考にしてみてくださいね。

>>後編の 【ポルチオとは?】中イキしたい・させたい方必見!産婦人科専門医が徹底解説-後編- を読む

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成