menu

公開日:2021/04/09
最終更新日:2021/04/24

インクリアで腟トラブルを回避!腟内環境を乱す5つの原因も紹介

投稿日:2021年4月9日 更新日:

インクリアで腟トラブルを回避!腟内環境を乱す5つの原因も紹介

近年、デリケートゾーンのにおいケアはメディアでもたびたび取り上げられ、女性の新習慣となりつつあります。しかし、その反面まだまだハードルが高く、中には一度も行ったことがないという女性も。

ケアをしている女性は、I・Oラインを綺麗に脱毛していることが多く、においに関してもしっかりとケアされています。

逆に、一度もケアしたことがない女性の場合アンダーヘアは伸びっぱなしで、ひどいケースだと小陰唇の裏側やクリトリスの包皮部分の内側に垢が溜まっていることすらあります。

デリケートゾーンのにおいが気になるとクリニックを受診される方は、デリケートゾーンのケアを何もしたことがない方も多いのですが、実はアンダーヘアを整えて隅々まで綺麗に洗うようにするだけで大体のお悩みは解決できてしまうのです。

ただ、デリケートゾーンのケアの必要性が知られるようになった分、間違った知識や自分の思い込みで過剰にケアをしてしまう方もいるようです。

最近では、海外のようにたくさんのデリケートゾーン専用アイテムが販売されるようになってきていますので、デリケートゾーンのケアをする際にはきちんと専用のケアアイテムの使用をおすすめします。

この記事では、デリケートゾーンの気になるにおいを解消してくれる腟洗浄器インクリアについてご紹介します。腟内のpHバランスと腟内環境を乱す5つの外的要素についてもご紹介しますので、デリケートゾーンのにおいが気になる方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

インクリアとは

インクリアは、産婦人科医と共同開発された管理医療機器です。独自開発されたアプリケーターで、腟内にジェルを注入して洗浄します。

人にはなかなか相談しにくいデリケートゾーンの気になるにおいやおりものをケアしてくれるので、デリケートゾーンの不快な症状を解消し、さまざまなシーンで使用可能です。

ここでは、そんなインクリアの特長や使用方法、使用頻度について詳しくご紹介します。

特長

インクリアは、乳酸を配合した弱酸性のジェルで腟内を直接洗浄するアイテムです。体の中から女性の毎日を健やかに保つために作られました。

インクリアの洗浄ジェルには、以下のような3つの特長があります。

  • 1.7gの洗浄ジェル
  • 腟内のpHに合わせた弱酸性
  • 汚れを絡めとり腟口から排出

腟洗浄器というとビデのように精製水のシャワーを流し込んで洗浄するイメージですが、インクリアはそれとは少し違い、腟内に注入したジェルが不快な症状の原因を絡めとります。

また、インクリアのアプリケーターや仕組み、パッケージには以下のような特長があります。

  • 特許取得の専用アプリケーターで手を汚さずに使用できる
  • 使い捨て個包装方式で衛生的
  • 手による二次感染を軽減
  • 流線型のデザインで安全かつスムーズに使用できる
  • 中身が漏れない設計
  • 再利用できない構造
  • コンパクトサイズで携帯に便利

インクリアはデリケートな部分に使用するアイテムなので、手を汚さず衛生的であることが大切です。

インクリアの効果

インクリアを使用すると以下のような効果が期待できます。

  • デリケートゾーンのにおいやおりものを解消
  • 腟内環境を整える
  • 更年期のモヤモヤ解消
  • 生理の残滓を取り除く

インクリアは腟と同じpHのジェルで乳酸を補い、アルカリ性に傾きがちな腟内を酸性に保って雑菌から守ってくれるアイテムです。

ビデのように水で洗い流すよりも体に負担が少なく、体に優しいので幅広い年代の女性におすすめできるデリケートゾーンケアアイテムだといえます。

配合成分

以下はインクリアの配合成分です。

  • 精製水
  • グリセリン:保湿剤
  • ヒドロキシエチルセルロース:ゾル性増粘剤
  • 乳酸:腟内を弱酸性に保つ
  • クエン酸ナトリウム:pH調整剤
  • パラオキシ安息香酸メチル:安定剤
  • エデト酸二ナトリウム:pH調整剤
  • ヒアルロン酸ナトリウム:水分保持

上記の成分が腟内pHを調整して弱酸性に保ち、腟内にうるおいを与えます。

使用方法

インクリアはリラックスした体勢で使用してください。以下はインクリアの使用方法です。

  1. 包装の上端を切り、容器を取り出す
  2. キャップを指で折るようにして引き抜く
  3. リラックスした状態でシリンジの先端から5〜8cmを腟に挿入
  4. ピストンを押してジェルを注入する
  5. 容器をゆっくり抜く

腟内に何かを挿入したことがない方は、横になり体の力を抜いた状態でシリンジを挿入してみましょう。

注入されたジェルは、腟内にゆっくりと広がっていきます。その後自然と排出されていきますので、腟に力を入れたり無理に排出させようとするのはやめてください。

また、ジェル注入後下着の汚れが気になる方は、ナプキンやおりものシートの使用をおすすめします。

使用頻度

インクリアはデリケートゾーンの気になるにおいを解消してくれる腟洗浄器です。一般的に、週に3回程度がベストだといわれる腟洗浄。

インクリアはどのくらいの頻度で使用すればよいのでしょうか。

インクリアの公式ホームページを見てみると、1日1本が目安であると書かれていますが、実際は数日おきに使用している方が多いようです。

ただし、はじめて使う方は3日間連続で使用することが推奨されているので注意しましょう。

最初の3日間連続で使用することで、インクリアに含まれる乳酸の効果で腟内の善玉菌が増殖し、腟内を酸性に傾けて腟の自浄作用を高めます。

これらの効果により、デリケートゾーンの嫌なにおいを根本から断ち切り、お悩み解消へ導いてくれます。

ちなみにインクリアの使用期限は2年間です。最初の3日間は毎日使用し、そのあとは自分が苦にならない程度の頻度で使用しても使用期限が切れてしまうことはなさそうです。

Q&A

インクリアをはじめて使用する方の不安やお悩みを解消するQ&Aをご紹介します。

Q1.インクリアをはじめて使用するので少し不安

インクリアは安全規格をクリアした素材で作られているため、安心して使えます。ただし、手をしっかりと洗ってから使用してください。

容器も女性のことを考え抜き、何度も改良を重ねて開発されたものです。挿入する際はリラックスした状態で行ってください。

Q2.どのくらいの時間でジェルが排出されるの?

インクリアは注入後、24時間以内に洗浄ジェルが体外に排出されます。洗い流したりせず、自然と排出されるのを待ちましょう。

気になる方はナプキンやおりものシートを使用してください。

Q3.使用するのにベストなタイミングは?

インクリアは腟の自浄作用をサポートするものです。薬ではないため、とくに使用するタイミングは決まっていませんが、デートの前やおりものが気になるとき、生理の終わり間近などに使用するのがいいでしょう。

ジェルを少しでも長く腟内にとどめられるよう、就寝前に使用するのがおすすめです。

Q4.妊娠中や授乳中でも使用して大丈夫?

妊娠中や授乳中でもとくに問題ありません。ただ、心配な方は使用する前にかかりつけ医に相談することをおすすめします。

腟内のpHバランスとは

人にはなかなか相談しにくいデリケートゾーンのお悩み。実はそれらが腟内のpHバランスが崩れているために起きていることをご存知ですか?

pHとは、酸性レベルのことを指し、健康な女性の腟内は酸性で、数値でいうと3.8〜4.5くらいが正常だといわれています。

腟内が酸性に保たれていると、細菌が侵入したり繁殖するのを防ぎ、自分で清潔な状態を保ってくれるのです。

ここでは腟内pHについて詳しくご紹介します。

腟内pHが崩れる原因

女性の腟を酸性に保っているのはデーデルライン乳酸桿菌の作用です。このデーデルライン乳酸桿菌は、思春期以降の健康な女性の腟内に常在して酸を作り出しています。

しかし生活習慣やホルモンバランスの乱れ、ストレス、疲れによる免疫力の低下などによりデーデルライン乳酸桿菌の菌量や活性が低下し、自浄作用が低下してしまうとさまざまな菌の増殖を促進してしまい腟内pHが崩れてしまうのです。

腟内pHが崩れたときの症状

腟内のpHが崩れると、体は「におい」と「おりもの」の2つのサインで異常を知らせてくれます。

腟内のpHが崩れると、以下のような疾患に罹る可能性があります。

  • 腟カンジダ
  • 細菌性腟炎
  • 腟トリコモナス

これらは、かゆみや悪臭、過剰に分泌されるおりものなどの症状が出る疾患です。

たとえば、腟カンジダはパンやビールに似た発酵したようなにおいで、カッテージチーズに似たポロポロとした白いおりものが分泌されます。

そして細菌性腟炎や腟トリコモナスはミルクに似た魚くさいおりものが分泌されるので、もしこのような症状が出た場合は早急に婦人科クリニックを受診し、検査を受けましょう。

腟内環境を乱す5つの外的要素

腟は非常にデリケートな場所であるため、日常生活の中でしている行動によって、意外と簡単に乱れてしまいます。そのため、日頃から腟内環境が乱れないよう気をつけておくことが大切です。

ここでは、腟内環境を乱す5つの外的要素についてご紹介します。

洗浄力の高い石鹸を使用している

一般的に売られている石鹸は、弱酸性と表記してあっても、実際はpH9〜10前後のアルカリ性である場合が多いです。

アルカリ性の石鹸は洗浄力が高く、乳酸菌などの善玉菌を殺してしまうため、腟内のバリア機能を壊してしまいます。

そのため、デリケートゾーンを洗う際には専用の石鹸を使用するようにしましょう。

腟内洗浄製品の選び方を間違えている

腟内洗浄製品も石鹸と同様に、選び方を間違えると善玉菌を殺して感染症を招いてしまう可能性があります。

デリケートゾーンのケアのために腟内洗浄製品を使いたい場合は、インクリアのように腟内と同じpHのアイテムを選ぶようにしましょう。

また、衛生的で安心な個包装タイプは、ポリ袋などに包んで捨てれば使用後の処理も簡単です。購入する際は、機能面もチェックしてみてください。

生理で腟内のバリア機能が乱れている

生理のとき、外陰部の皮膚は汗で蒸れて角質層のバリア機能が低下します。外陰部は腟や子宮など体の内部とつながった状態にあり、外陰部を通して外気と触れ合っています。

蒸れて柔らかくなった皮膚は、雑菌が繁殖しやすく、外陰部のかぶれや腟内部からのにおい発生の原因になってしまうのです。

また、タンポンを長時間使用し続けると、経血が溜まります。経血はpH7と中性であるため、そのままにしておくと腟内のpH値が上昇してしまいます。タンポンは頻繁に交換するようにしましょう。

糖分の過剰摂取

スイーツや甘い飲み物が好きな方は、糖分の過剰摂取により腟内環境を乱している可能性があります。

なぜなら、腟の常在菌であるカンジダ菌は、糖分をエネルギー源としているからです。腟内にカンジダ菌が増えすぎると、腟内にいる細菌のバランスが崩れ、腟内環境が悪化。その結果カンジダ腟炎になりやすくなります。

カンジダ腟炎になったことがある方や甘いものが好きな方は、糖分を摂りすぎないように普段から注意しましょう。

抗生物質を服用している

抗生物質の服用は腟内の善玉菌を抑制し、カンジダ菌の増殖を助長させてしまう恐れがあります。中には抗生物質を服用するたびにカンジダ腟炎になってしまう方も。

そのため、抗生物質を服用した際に一度でもカンジダ腟炎になったことのある方が抗生物質を服用する場合は、医師に相談し十分注意する必要があります。

まとめ

デリケートゾーンの気になるにおいを解消してくれる腟洗浄器インクリアと、腟内pH、腟内環境についてご紹介しました。

現代の女性はストレスや不規則な生活など、さまざまな要因により腟内環境が悪化しやすい状況にあります。しかし腟との付き合い方は女性でも意外と知らない場合が多く、そもそもデリケートゾーンのケアに無関心な方もたくさんいます。

また、自己流の間違ったケアでデリケートゾーンに負担をかけてしまい、悪循環を生んでいる方も。

女性器は形状的に湿気がこもりやすいため、とくに暑い季節はどうしても蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい状態です。雑菌が繁殖し、腟内に侵入してしまうと、腟炎やにおいの原因になってしまいます。

そんなときにおすすめなのが、女性を内側から美しく、健やかに保つための腟洗浄器インクリアです。世界15カ国以上で販売され、世界中の女性がお悩みのデリケートゾーンに関する問題を解消しています。

インクリアは腟内環境と同じ弱酸性のジェルで繊細な腟を優しくケアし、乳酸が腟内環境を整えて自浄作用をバックアップしてくれます。

デリケートゾーンのケアに興味のある方、においやおりものが気になる方は、ぜひインクリアを使ってみてくださいね。