menu

TAGS:
CATEGORY:
公開日:2024/01/23
最終更新日:2024/01/23

女性の腟オーガズム歴は歩き方から見分けられる

投稿日:

女性の腟オーガズム歴は歩き方から見分けられる
オーレリー・ニコラス(MA)、スチュアート・ブロディ(PhD)、パスカル・ド・スッター(PhD)、フランソワ・ドゥ・カルフェル(PhD)
ジャーナル・オブ・セクシュアル・メディシン、第5巻、第9号、2008年9月、2119-2124ページ、https://doi.org/10.1111/j.1743-6109.2008.00942.x
発行:2008年9月1日

はじめに

研究により、腟オーガズムと精神的健康の向上との関連性が実証されている。心理療法の理論には、筋肉のブロックと性格および性機能の障害との関連性を主張するものがある。機能的性心理療法では、随意運動の改善が治療の焦点の1つである。本研究では、日常生活における身体運動全般と腟オーガズム歴との関連を検討する。

目的

目的は、適切な訓練を受けた性科学者が、女性の歩行だけを観察することで腟オーガズム歴を推測できるかどうかを調べることである。

方法

腟オーガズムまたは腟アノルガズムの既往歴がある女性を街頭で歩く様子をビデオ撮影し、既往歴を盲検化した性科学者がオーガズムの状態を判定した。

主要評価項目

陰茎-腟性交によって誘発されたオーガズムの経験(クリトリスへの直接刺激によるオーガズムではない)と、女性の歩行観察に基づく腟オーガズム歴に関する評価者の推測との一致度を主要評価項目とした。

結果

健康な若いベルギー人女性(半数が腟内オーガズム経験者)のサンプルにおいて、腟内オーガズム歴(ペニスと腟の性交によってのみ誘発される)は、適切な訓練を受けた性科学者により、偶然のレベル(正解率81.25%、フィッシャーの正確検定 P < 0.05)をはるかに上回る確率で診断可能であった。クリトリスオーガズム歴は、両方の評価や腟オーガズム歴とは無関係であった。探索的分析によると、骨盤と脊椎の回転と歩幅が大きいことが、腟内オーガズムを経験した女性の歩行の特徴である可能性が示唆された(r = 0.51、P < 0.05)。

結論

目の肥えた観察者は、流動性、エネルギー、官能性、自由、弛緩した筋肉と固定された筋肉の両方がない歩行から、女性の腟オーガズムの経験を推測することができる。結果については、歩行に関する先行研究、性機能に対する筋組織の影響、腟オーガズムの特殊性、性治療への影響について考察した。
-

注目クリニック

  • 腟レーザー
  • 婦人科形成

ウルトラヴェラなら東郷美容形成外科 福岡

グランジョイクリニックのyoniHIFU(ヨニハイフ),モナリザタッチ,モナハイフの料金

小陰唇縮小なら東郷美容形成外科 福岡

すそわきが あやべクリニックのバナー画像