「セックス」に関する記事 一覧

no image

Gショット,Mショット,腟ヒアルのtwitterの口コミをまとめてみました。

Gショット・Mショット 身長143cm☔️胸Jcup🌙雨宮留菜(大聖母) @amemiyalunaのクチコミ Gショット(Gスポットの当たり範囲を広くする) …

オーガズムに達している女性の顔

産婦人科専門医が監修する正しい中イキ!Gスポットとポルチオの始めやすい開発方法

イクとは… 「イク」とは、オーガズムを感じていること、つまり快感の絶頂に至ることです。 女性のオーガズムの種類は大きく分けて「外イキ」と「中イキ」の2つに分類されます。快感神経が集まっているクリトリス …

白い下着姿でうつ伏せに横たわっている女性

産婦人科専門医が伝授!クリトリスと尿道口が3センチ以上ならバックを選びなさい!

セックスをしている人の中には、体位によって感じにくかったり、感じやすかったりすることはありませんか? 今回は腟の位置によって、オススメの体位が変わってくるというお話をしていきたいと思います。 女性器に …

処女膜強靭症(処女膜が硬い)の場合の腟口と処女膜

痛くて入らない処女膜強靭症と処女膜閉鎖症とは?【産婦人科医師が解説】

10代、20代に多い性交痛(セックスの痛み)について 性の悩みは人に言いづらかったり、相談したりすることが難しいものかもしれません。 しかし、自身の性器の状態を知ることは男女双方にとって幸せなセックス …

咲江レディスクリニック 院長 丹羽咲江先生

【性交痛を和らげるためのおすすめ体位5選】性交痛治療の名医「丹羽咲江先生」に聞いてみた

2020/04/09   -
 , ,

女性器は40歳から50歳の間に変化が起こります。 女性の体は歳を重ねるにつれさまざまな変化が生じます。まず筋肉が衰え、骨盤底筋が弱くなり、女性器の位置が変わります。若い女性は骨盤の筋肉が保たれているた …

咲江レディスクリニック 院長 丹羽咲江先生

性交痛治療の名医「丹羽咲江医師」と一般女性でSEX座談会を開いてみた。女性が痛くなく気持ちが良いSEXとは?

「彼のことがとても好きだけど、いまいちSEXに積極的になれない」 「いつも痛みを我慢しながらSEXしていて、本当は気持ち良くない」 などお悩みではありませんか。 SEXはデリケートなものなので、なかな …

監修|咲江レディスクリニック 院長 丹羽咲江先生
バラが飛び散っている(血が出ているイメージ)

処女膜切開・切除術

腟の入り口付近に存在する、穴の開いたヒダ状の粘膜を処女膜と呼びます。   一般的には厚さが1ミリほどで、中央部の小さな穴で外部と通じていますが、その形態には個人差があります。子ども時代に何か …

白衣をきている女性が顕微鏡で何かを調べている

クリトリス全史【窮地に立たされているアメリカでの「性の研究」】

アメリカでは近年、公的資金を使った「性の研究」が批判にさらされています。 そんな中で、この性の分野で大きく差をつけているのがカナダです。   「濡れているならセックスをしたいに決まっている」 …

ウィメンズヘルス(WOMENS HEALTH)

日本の女性器整形の先駆者【本田昌毅医師がたどった道】

女性器の整形をしてもらいたい――女性患者からの相談 「日本初の性器専門クリニック」として、男性専門の形成外科・泌尿器科「本田ヒルズタワークリニック」を開院させた当初、本田昌毅医師が主に扱っていたのは、 …

女性の下着姿の背景に1本の赤いバラ

処女膜再生手術

処女膜再生手術とは? 処女膜再生手術は、処女膜の再生を目的に行われる手術のこと。患者さまのニーズに合わせて処女膜再生埋没法と処女膜再生手術の2つから選択できますが、いずれの手術においても、腟口を覆う粘 …

VAGINA

腟縮小術と陰唇縮小術、膀胱スリングを受けました。

私は、腟縮小術と陰唇縮小術、膀胱スリングをパール女性センターで行いました。 これらの手術によって、私がかかえるすべての問題を一気に解決したいと考えたのです。 術後1週目:手術はうまくいきましたが、術後 …

I♥love my vagina☺

彼は私の腟を「まるで搾乳マシンのようだ」と表現しています。

私は最近、LAのSimopus医師のもとで腟形成術を受けました。この手術はとても素晴らしいもので、受ける価値が絶対あると感じています。私の腟は、今ではとてもすばらしいものになり、まるで処女のようにきつ …

女性器

妊娠力を高めるとして注目を集めているのが腟ケア?!

女性の人生において、妊娠・出産は、最大のライフイベントのひとつといってよいでしょう。妊活にいそしみ、女性ホルモンの分泌を促すために、食事や睡眠、運動などから生活習慣を整えている方、規則正しい生活を心が …

CANDIDA(カンジダ)

腟カンジダ症

日ごろ悪さをしない菌が「悪さをする菌」に変わることも 「カンジダ菌」は、日和見菌の例の最たるもので、身体に常に存在する常在菌のひとつです。皮膚や腸内、腟内などに棲みついており、だれの身体にもいますが、 …

orgasm(オーガズム)

韓国発 VIP手術!腟内の7箇所を盛り上げてオーガズムを高める性感刺激腟手術とは

【韓国の腟縮小手術】第一人者のハンサラン産婦人科 ゆるみが気になる女性の悩みを一度に解決するハンサラン産婦人科は、繊細な女性器整形技術を数多く行い、数十年の腟美容整形手術の症例と経験を持ったシム院長が …

SEXができない

性交痛

性交痛のメカニズム 一般に「性交痛」と呼ばれるのは、セックスの際に感じる痛みを総称したものです。こうした痛みの原因はほとんど、腟内のうるおい不足にあります。しかしそもそも、女性器が「濡れる」というのは …

インティマレーザー

インティマレーザーについて 「お風呂に入っていると腟のゆるみが気になって仕方ない」 「デリケートゾーンが黒ずんでしまっている」 「くしゃみなどをすると尿漏れしてしまうことも」 こうしたデリケートゾーン …

最新記事